薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛を改善する食べ物

髪のためにも食品添加物に注意

投稿日:

100%拒否することはできない

冷凍技術の発達と、冷凍冷蔵庫・電子レンジの普及、さらに女性の社会進出なども相まって、食卓に加工食品が多く並ぶようになりました。食事のあり方でも、家庭ではつくらずに既製の食品を買ってきて食べる「内食」が増えています。

髪と体にとって、食生活は大事です。栄養のかたよりが健康を損ね、生活習慣病や脱毛を誘発することは先に述べましたが、レトルト食品、チルド食品、インスタント食品などの加工食品は要注意です。

一つには、ほとんどが工場で高温・高熱によって短時間で調理されるため、大切なビタミン・ミネラルが破壊されてしまうケースが少なくないことです。もちろんすべてとはいいませんが、多くはそうでしょう。

もう一つは、多量の保存料、着色料、増粘剤、漂白剤、人工甘味料など数え切れないほどの食品添加物が使われていることです。食品添加物は厚生労働省の認可を受けないと使用できませんが、つい最近、無認可の添加物の使用が発覚した際、食品だけに限らず、飲料、お菓子などあまりにも広範囲に使われているのが表面化しました。

添加物は、自然界のものではなく、化学的に合成された物質です。厚生労働省の認可を受けた添加物はもちろん、無認可のものであっても、「微量であれば人体に影響はない」という表現がマスコミなどで多用されています。本当にそうでしょうか。

 

 

人間は自然の一部であり、自然界のものを食して体内の細胞を機能させてきました。そこに、これまで出合ったことのない化学物質を体内に取り込むのです。いくら微量なら安全といわれても、数十年、数百年経って、人間の遺伝子や細胞にどういう影響を与えるのかは保証の限りではありません。

ましてや保存料は、本来なら腐ってしまうはずのものを無理やり引き延ばすものです。細菌を殺してしまうような添加物を口にしているのかと思うと、背筋の寒くなる思いがします。体の中で長期間にわたって蓄積され、それが子や孫、ひ孫の代へと受け継がれていく中で、何が起こるかは誰もわからないのではないでしょうか。

遺伝子組み換え食品も同様です。遺伝子組み換えジャガイモを食べたラットの免疫力が低下したとか、遺伝子組み換えトウモロコシの花粉でチョウの幼虫が死んだという実験結果があります。環境ホルモンによる生殖機能の低下や、残留農薬による人体への影響も心配されています。

私たちを取り巻く食の環境は、化学物質が氾濫し、ますます悪くなる一方だといえます。かといって、それらを100%拒否するには、自給自足で生活する以外に方法はないでしょう。それができない私たちは、せめてビタミンやミネラルを豊富に含んだ自然の素材をなるべく使い、家庭で調理していくことが健康のために大切です。

 

 

-薄毛を改善する食べ物

執筆者:

関連記事

栄養豊富で髪にいい「かぶと豚バラ肉のうま煮」

葉までおいしく食べられる かぶの旬は、春と晩秋の年2回。繊細でやわらかな口当たりを持つのは春のかぶですが、どちらでも葉までおいしく食べられるレシピをご紹介します。 かぶの実は緑黄色野菜にあたるほど栄養 …

薄毛対策に効果抜群!育毛薬膳レシピ「ヒジキ」

漢方では、髪は、血余と書き、血の余りが髪となると考えます。つまり、血が足りないと、髪の悩みが生じてくるのです。ヒジキは足りない血を補い、髪の成長を促します。薄毛に欠かせないのがヒジキです。 ヒジキとス …

ワカメやコンブで薄毛が治るのか

そのまま髪の栄養分になることはない 昔から、「海藻類は髪によい」といわれてきました。この神話は、今も根強く流布していて、せっせとワカメや昆布を摂っている薄毛の人が少なくないようですが、海藻類はビタミン …

抜け毛、薄毛対策に!髪が若返る育毛薬膳

東洋医学に基づき髪を育てる食材を厳選 漢方では、頭髪のことを、「血余(けつよ)」といいます。それは、文字どおり、余った血を意味します。つまり、血液の余ったものが髪にをるとされているのです。逆にいえば、 …

薄毛・抜け毛対策には1日大さじ1杯の黒ゴマ

髪がフサフサで白髪知らずになった医療ジャーナリスト 56歳 男性の方の体験談です。 多彩なゴマ効果の中で興味を引いたのが養毛・育毛効果 50代も半ばに差し掛かり、生え際はやや後退してきました。 毛は全 …