薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


髪の毛について

ヘアスタイルを上手に楽しもう

投稿日:

現在の若者にとって、ヘアスタイルもヘアカラーも自分を主張する魅力のポイントとなっています。今や、男女を問わず、パーマ、カラーリングは特別なことではなくなり、ファッションの一つとしてすっかり定着した感があるほどです。むしろ、普通の黒髪の若い男女を見つけるのに苦労するくらいとさえいえます。

中高年の茶髪アレルギーもだいぶ減ってきました。熟年組としても、野暮なことをいうつもりはありません。大いにヘアファッションを楽しめばよいし、ウキウキと心が弾めば、ストレスが発散されて健康にもプラスになります。

ただ、パーマにしろカラーリングにしろ、髪と地肌に負担がかかります。場合によっては脱毛を促進するリスクもあるだけに、以下の点に留意して上手に楽しんでください。

パーマをあてすぎない

髪の主成分は、ヘアケラチンという固いタンパク質です。ここに含まれているシステインがほかのシステインと結びつき、爪のような回さを生み出しています。ですから、この結びつきを断ち切らないと、パーマはかかりません。

繊維状につながっている細胞を断ち切るのは、チオグリコール酸などの還元剤です。その後、臭素酸ナトリウムなどの酸化剤を使い、巻いたロットの形が残るようにします。液剤を内部に浸透させるため、キューティクルがはがれてしまうなど、髪にダメージを与えるのはどうしても避けられません。

最近はダメージの少ないパーマも出てきていますが、髪のことを考えるのなら、美容室とパーマ液はしっかりチェックしておきましょう。それと、あまり頻繁にかけるのは避け、少なくとも2カ月以上の間隔をあけるのが、髪の健康のためです。

 

 

カラーリングは傷みの少ない方法で

髪の色を変える方法は、何種類かあります。いちばん手軽なのは、髪の表面に染料を吹きつけるカラースプレーで、これはシャンプーによって、簡単に落ちます。カラーリンスは少しずつ色がついていくもので、ヘアマニキュアは髪の表面を色のついた皮膜剤でおおうものです。これらは、比較的傷みの少ない方法だといえます。

ヘアダイやブリーチは、酸化剤によって染毛剤を髪の内部に浸透させるので、頭皮にも浸透し、毛母細胞や毛乳頭にダメージを与えるおそれがあります。染め直す場合には、最低一カ月は間隔をあけたほうがよいでしょう。

最近、パーマやカラーリングが自宅で手軽にできるようになり、店頭でもヘアカラーやブリーチ剤、パーマ剤などをよく見かけます。液剤が頭皮につくと、炎症などを起こす可能性もあるので、市販の液剤を買って自分で行なう場合は、必ずパッチテストをするようおすすめします。

パッチテストは、二の腕の内側に一円玉の大きさくらいに塗って自然乾燥させるもので、そのまま24時間おいておき、皮膚がかぶれたり、赤くなつていたら、その液剤は使わないほうが無難です。

スタイリング剤はあまり使わない

昔、アタックを打ってもブロックをしても、ヘアスタイルの乱れないバレーボール選手がいました。また、ロックバンドの中には、長い髪を天に向かって立てているメンバーがいて、そのために、ヘアスプレーを毎日一本使っていたといわれます。

こうした極端な例はともかく、スタイリング剤はファッションのためには強い味方ですが、頭皮にとっては大敵です。汚れがつきやすくなるだけでなく、スタイリング刺そのものが毛穴に詰まり、髪の成長に影響が出ますので注意して使いましょう。

また、ポニーテイルは女性らしい定番のヘアスタイルですが、生え際をきつく引っ張ってゴムを向田めるのをいつも続けていると、引っ張られた髪がダメージを受け、抜け毛の原因になります。時々髪を下ろしたヘアスタイルに変えるなど、いつも同じ箇所に負担がかからないように気を使ってください。

 

 

-髪の毛について

執筆者:

関連記事

毛穴の数は生まれつき決まっている

見た目が薄い場合は、一本一本の髪を太く 日本人の場合、成人した人の髪の本数は、10万本前後といわれています。1平方cmに生えている髪の本数はざっと150本。髪の生えている面積が700平方cmとすれば、 …

体温が低いと薄毛になりやすい

体温が低いと髪の毛に元気がない 髪の毛は、毛母細胞の中で酵素の触媒によって、アミノ酸が髪の毛に変換されて伸びていきます。この酵素の働きが弱いと、中身の粗い髪の毛にしかならず、腰のあるしっかりした髪の毛 …

髪の色のもととなるのは「メラニン」

メラニンの行き先は決まっている 日本人の髪の色は、ほとんどが濃い茶色か黒色ですが、世界を見渡せば、黒髪以外にも、自、赤、ブロンド、プラチナなど、さまざまな色の髪の人がいます。 かつては、「髪はカラスの …

体中に行き渡った栄養が最後には髪にも回ってくる

わざと食べないのは人間くらい 日本人は戦後、厚生省(当時)が一時期1日80g以上の動物性タンパク質が必要であると奨励したこともあり、魚や肉の動物性タンパク質を多く摂る欧米風の食生活に変わりました。タン …

皮脂を取ると育毛環境が悪くなる

皮脂を取とるケアはマイナス面が大きい 育毛を指導している先生に「皮脂(皮膚を覆っている脂)を取るケアはマイナス面が大きく、頭皮の育毛環境を悪くする」と教えてもらいました。 医師に相談している方のほとん …