薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

頭皮に薬を使う前にやるべきことがある

投稿日:

あなたは風邪を引いた時どうしますか?すぐに病院に行って注射を打ってもらったり薬をもらったりするのでしょうか?本当は前もってやった方が体のためには良い養生法があるのをご存知ですか?

風邪を引く時は、体を冷やしたり、疲れが溜まっていたりしで免疫力が低下している時ですから、体を温めてよく休んで免疫力を上げれば風邪は自然と治るのです。そうすれば段々とご自分の免疫力が強くなっでいきます。

ゆっくり寝て、思いっきり汗をかくだけでも治りが早まります(頻繁に下着を替えて、汗で体が冷えないようにする必要はあります)。

 

 

薬が風邪を治すのでない

病院で注射を打ってもらい、薬をもらって飲んでも風邪は治ります。これを見て薬が風邪を治すと勘違いしている人もいます。でも、実は注射や薬は風邪のウイルスの働きを弱めているだけで、その間にご自身の免疫の力で風邪を治しているのです。だからお医者さんも、「体を温めてゆっくり休んでください」と言いますよね。

それをせずに薬に頼っていると、いつまでたってもご自身の免疫力が強くなりません。

体の免疫力が弱って風邪を引くのですから、薬を飲む前にご自身の免疫力を強くしでおくことが一番大事だと言えますね。

あなたの薄毛の原因と問題点を分かっていますか?

薄毛の改善も同じことが言えます。あなたの薄毛の原因は何か?あなたの問題となっていることは何なのか?を理解しておくことで対処法を立てることができます。

薄毛専門の医師が相談を聞いている中で、誰にでもある薄毛の大きな原因と問題点を取り上げたいと思います。ほとんどが特別なことではなく、普段の生活の中に隠れています。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

薄毛が表面化する時に抜け毛が増えるのは?

刺さっているだけの毛が増えてくる どうしで薄毛が表面化する時に抜け毛が増えることが多いのでしょう? それを知るには1本の毛の生え替わるサイクルを知る必要があります。 1本の毛は十分成長して退行期から休 …

帽子をかぶると薄毛になるというのは本当か

髪にとってはマイナス要因になる 帽子屋さんに怒られそうですが、まるっきり関係がないというわけではありません。帽子そのものが悪いのではなく、長時間・長期間かぶると、どうしても頭皮が蒸れた状態になります。 …

日頃から自分の髪の状態をチェックしよう③~⑤

③根元がおたまじゃくしの尻尾のよう 粃糠性脱毛症のおそれがあります。批糠とはフケであり、頭皮の角片です。エアコンをつけつばなしの部屋、空気が乾燥した冬場などでは、頭皮が水分不足を起こし、角質層の細胞が …

頭皮の皮脂が多いから薄毛になるのではない

あなたの皮膚の防御力を知る 皮脂の分泌能力が強いか弱いかを知るには、あなたの皮膚の防御力を見るとだいたい分かります。 例えば、「使う化粧品に気を使う」「何かを皮膚に付けるとすぐに赤くなる」「皮膚が弱い …

頭皮に悪い影響を与え、薄毛の原因になる貧血・低血圧・生理不順

貧血や低血圧は血の巡りが悪い 頭皮の毛細血管から毛乳頭に血が巡り、毛母細胞が細胞分裂を繰り返して髪の毛は伸びていきます。十分な血が巡ってくることと細胞分裂が活発に起こっている必要があるということです。 …