薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

頭皮に薬を使う前にやるべきことがある

投稿日:

あなたは風邪を引いた時どうしますか?すぐに病院に行って注射を打ってもらったり薬をもらったりするのでしょうか?本当は前もってやった方が体のためには良い養生法があるのをご存知ですか?

風邪を引く時は、体を冷やしたり、疲れが溜まっていたりしで免疫力が低下している時ですから、体を温めてよく休んで免疫力を上げれば風邪は自然と治るのです。そうすれば段々とご自分の免疫力が強くなっでいきます。

ゆっくり寝て、思いっきり汗をかくだけでも治りが早まります(頻繁に下着を替えて、汗で体が冷えないようにする必要はあります)。

 

 

薬が風邪を治すのでない

病院で注射を打ってもらい、薬をもらって飲んでも風邪は治ります。これを見て薬が風邪を治すと勘違いしている人もいます。でも、実は注射や薬は風邪のウイルスの働きを弱めているだけで、その間にご自身の免疫の力で風邪を治しているのです。だからお医者さんも、「体を温めてゆっくり休んでください」と言いますよね。

それをせずに薬に頼っていると、いつまでたってもご自身の免疫力が強くなりません。

体の免疫力が弱って風邪を引くのですから、薬を飲む前にご自身の免疫力を強くしでおくことが一番大事だと言えますね。

あなたの薄毛の原因と問題点を分かっていますか?

薄毛の改善も同じことが言えます。あなたの薄毛の原因は何か?あなたの問題となっていることは何なのか?を理解しておくことで対処法を立てることができます。

薄毛専門の医師が相談を聞いている中で、誰にでもある薄毛の大きな原因と問題点を取り上げたいと思います。ほとんどが特別なことではなく、普段の生活の中に隠れています。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

薄毛と脱毛症は同じものではありません

薄毛と脱毛症は改善の仕方が違う あなたの毛は抜けますよね。「私は毎日1本も毛が抜けなくて、フサフサなのです」というような人はいないと思います。いるなら、ぜひともお会いしてみたいものです。 毛は誰でも毎 …

ナグモクリニック南雲先生も実感!お湯洗髪と水シャワーで薄毛が回復

地肌がいつもかゆく、赤く炎症を起こしていていた ナグモクリニック総院長の南雲吉則先生は、「50代なのに30代に見える医師」ということで、多くの著書を出版していますが、実は長い間、頭髪については悩みを抱 …

髪の毛の一生にはヘアサイクルがある

古い髪の毛が抜け、新しい髪の毛が生えてくるというサイクルがある シャンプーやブラッシングをしたときに髪の毛は抜けます。でも、髪の毛がなくならず、一定の量を保っているのはなぜだと思いますか? 髪の毛にも …

太っていると薄毛になりやすいのか

統計的に見ても肥満体型の人が多い 「チビ、デブ、ハゲ」というのは昔から三重苦と言われ、嫌な特徴の代名詞としてひとくくりにされることが多いものです。そのコンプレックスにつけ込み、お金を巻き上げる業者が多 …

女性の薄毛は加齢やホルモンバランスが本当の原因か?

あらゆる世代の女性の薄毛が増えている ここ5年か10年くらい、50歳以上の年配の女性をターゲットにしたウィッグ(かつら)のテレビCMをかなりの頻度で見るようになりました。また、美容健康関連の雑誌でも、 …