薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


間違っている薄毛対策

毎日のヘアケアが問題

投稿日:

「皮脂を取ることが必要だ」と勘違い

「皮脂を取り過ぎるようなシャンプーで、皮脂を取り過ぎるようなシャンプー法を採っていると毛を無くす」

頭髪専門の医師が、このことを記述して第1回目のメールマガジンを配信したら、いきなり電話がかかってきました。「頭を洗ってはダメなんですか?」と。それだけ当時は頭皮を椅麗に洗うことが必要だと信じられていたのです(現在でも多くの人は信じていますし、理美容業界や育毛業界では当たり前のように言われます)。

現在でも、毛に不安があったり、痒みがあったり、フケが出ていたり、臭っていたりすると「清潔にしなさい」と当たり前のように指摘されます。でも、本当に清潔にすると良いのでしょうか?

私たち人の体は角質層・セラミド・皮脂膜でできたバリア構造(体を守る膜) で守られています。

ところが、このバリア構造を崩すものがあります。それが脂分を取り過ぎるシャンプー(洗浄成分として脂を落とす作用の強い界面活性剤)で、そのシャンプーで皮脂を取るようなシャンプー法を毎日行うことなのです。

 

 

なお、ここで取り上げている界面活性剤とは、洗浄成分としての界面活性剤のことです。混ざらないものを混ぜる界面活性の技術は、上質な化粧品を作るには欠かせないものなので、すべての界面活性剤について言っているのではないことをお断りしでおきます。

週に1回程度なら皮脂(皮膚の脂)を取るようなシャンプーをしても、皮脂は再度分泌されるので皮膚のバリア構造(体を守る膜)はほぼ崩れません。

ところが、1990年の初めごろから、マスメディアを通じて、「皮脂が毛穴に詰まって毛が生えなくなる」「皮脂が多いと抜け毛に繋がって薄毛になる」と紹介されました。抜け毛と薄毛には因果関係はないのに。

これがキッカケとなり、多くの人が「ハゲたくなければ皮脂を取ることが必要だ」と思ってしまい、毎日皮脂を取る作用の強いシャンプー(脂を落とす作用の強い界面活性剤)で頭皮をよく洗って、皮脂を取るようなシャンプー法を採り始めたのです。

 

 

-間違っている薄毛対策

執筆者:

関連記事

医療機関でないところが薄毛治療を行うのは日本だけ

国の定める医療機関でないところがCMを流している 薄毛の人をターゲットとした、ヘッドスパなどもよく見かけます。他人に頭を洗ってもらうと、確かに気持ちがいいものです。ヒーリング効果もあるでしょう。しかも …

100%絶対大丈夫な製品や方法があるはずだ、という薄毛に関する間違った認識

効果を求めるあまり頭皮と心身が疲れてしまう 世の中に、絶対に大丈夫というような製品や方法はありません。あるのは、100人のうち何割くらいの人に効果が望めるか、ということだけです。 いろんな情報を見てい …

カツラを被ると自毛が減る「カツラの負のスパイラル」

カツラを購入したあとも、まだまだお金を搾りとられます。 いったんカツラを被ると、自分が薄毛であることを知らない人の前では、もう脱げなくなります。 AGAの場合、頭の側面の髪は伸びてきますが、髪を切るの …

ある20代前半男性の薄毛の悩み

薄毛のおかげでおしゃれの興味が薄れてきた 20歳の頃から、自分が薄毛ではないかと思い始めました。意識したきっかけは、大学の友人と行った旅行でした。髪にワックスをつけ、自分としてはおしゃれな格好で出かけ …

ストレスで薄毛は進行するのでしょうか

ストレスがなくなると再び発毛するのか ストレスと薄毛には、密接な関係があります。ストレスが引き金となり円形脱毛症が起きることなども、ストレスと抜け毛の関係性を示唆しています。 ストレスで薄毛が進行する …