薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


女性の薄毛・抜け毛

20代の若い女性に起きる薄毛、抜け毛

投稿日:

頭部を人から見られるのがストレス

20歳代の若い女性Dさんのケースです。

Dさんの仕事は介護職で、老人ケアの施設で働いていました。5年ほど前から、自分の髪の毛はなんとなく薄いかなと感じていました。

頭髪専門のクリニックを訪れたときには、地肌が透けているところもある状態でした。仕事柄、毎日いろいろな人と接し、髪の毛が人から見えるような姿勢をとることも多いだけに、頭部を見られるのがイヤで、それが相当なストレスになっていました。

幸い、ミノキシジルなどによる発毛を促す治療によって、順調に改善しました。遠慮のない話し方をする妹から、「2車線が1車線になった」と言われたといいます。その後、人間関係の問題などがいろいろあって事務職に転職しましたが、いまは髪の毛のことも気にならなくなり、生き生きと仕事をしています。

 

 

ストレスや片寄った生活の影響も

Dさんの場合、なぜ薄毛になってしまったのか、率直にいって、医学的にはよくわからないところがあります。ただ、実際の治療経過としては、ミノキシジル、ビタミン、ミネラルなどを使用した治療によって、髪の毛の状態が改善し、気持ちも明るくなり、生活状況も好転しました。

20歳代をはじめとする若い女性の薄毛、脱毛は、さまざまな原因やきっかけによって引き起こされる可能性があります。頭髪専門のクリニックを訪れる患者さんたちを見ていると、まず、血流障害による脱毛で、ストレス過剰や生活状況が影響していると思われるケースが、かなり多く見られます。

実際の治療経過からいえば、睡眠時間の不足、不規則な睡眠、片寄った食事などを改めて生活をできるだけ立て直すようにアドバイスし、ストレスを解消したり和らげたりしていく工夫をすることによって、数カ月のうちに髪の毛が相当しっかりした状態を取り戻してくることが少なくありません。

薬による治療としてはやはり、ミノキシジルによる発毛促進、ビタミン、ミネラルなどになります。

食事を毎日しっかり取ってといってもすぐには改まらず、まずサプリメントによるビタミンやミネラルの摂取で体調をある程度戻しながら、生活面の改善アドバイスも徐々に受け入れてもらうという成り行きが、実際にはよくあります。

 

 

-女性の薄毛・抜け毛

執筆者:

関連記事

妊娠・出産で薄毛になる

元に戻らない人が増えてきた 妊娠出産が薄毛のきっかけになることがあります。女性は妊娠すると抜け毛が減る傾向にありますが、出産をすると減っていた抜け毛が一気に増えて一時期薄毛になります。 ホルモンのバラ …

髪の毛は皮膚の一部が変化したもの

頭髪のトラブルは病気のサインの場合も 髪の毛のもつイメージは、女性にとってとても大切なもの。朝、髪型が決まると一日が気分よく始まるのに、逆に、まとまりが悪く納得のいかない髪型ででかけなければならないと …

女性によく見られる各種の抜け毛

頭皮のトラブルから薄毛、抜け毛へ 若い女性で多く見られるのが、頭皮の荒れ、トラブル、疾患などが、結果的に薄毛や抜け毛につながっているケースです。 毛穴周りのフケ、アブラから起こる細菌性の炎症(脂漏性皮 …

円形脱毛症とそのメカニズム

コイン状の脱毛が起きる病気 円形脱毛症は、病名のとおり、コインのように円形の脱毛が起きる病気です。脱毛の広さは、1cm程度の小さなものから数cmに及ぶものまでさまざまです。1カ所だけでなく多発すること …

女性の場合、病気が抜け毛の原因になることも

抜け毛の原因がひとつに特定できない 女性の抜け毛は複数の要因が重なって起こりますが、病気が原因で抜け毛を誘発していることもあります。この場合、個別のケースを見極めた上で髪の治療を並行して行う場合があり …