薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について 薄毛を改善する洗髪法

ナグモクリニック南雲先生も実感!お湯洗髪と水シャワーで薄毛が回復

投稿日:1月 29, 2017 更新日:

地肌がいつもかゆく、赤く炎症を起こしていていた

ナグモクリニック総院長の南雲吉則先生は、「50代なのに30代に見える医師」ということで、多くの著書を出版していますが、実は長い間、頭髪については悩みを抱えていました。

南雲先生の荒れた頭皮が回復し、薄毛が回復してフサフサになったのは、お湯洗髪のおかげです。

南雲先生と父は、髪が薄くなる体質で、物心ついたころには二人ともハゲていました。「ハゲは遺伝」と思い込んでいたので、南雲先生もある程度は覚悟していたのです。

実際、南雲先生はずっと頭皮の状態が悪く、ひどいフケ症でした。地肌がいつもかゆく、赤く炎症を起こしていて、ステロイド(副腎皮質ホルモン)剤を塗っていました。

40歳を過ぎるころから抜け毛もふえました。抜けた毛を見ると、毛先が産毛のように細かったのです。

整髪剤をつけて、髪をふんわり整えても、後ろから見ると髪がぱっくりと二つに割れ、地肌が見えました。自分では当然気づかず、後日、スナップ写真で自分の後頭部を見つけ、愕然としました。

シャンプーを変えたり、育毛剤を使ったり、マッサージをしたりしましたが、症状は改善しませんでした。

南雲先生はそのうち、どうやら整髪料を使ってシャンプーをしたあとに、頭皮の状態が悪くなることに気づいたのです。

 

 

フケやかゆみ、抜け毛がピタリと治まった

そこで、髪の毛をぬるま湯で洗い、最後に水のシャワーを浴びるようにすると、フケやかゆみがピタリと治まり、毛が抜けなくなりました。

南雲先生が行っているお湯洗髪と水シャワーのやり方は、いたって簡単です。

まず、最初にぬるま湯のシャワーを頭からザーッと浴びて、髪や体を手でなで洗いします。整髪料を使ったときの頭や、わきの下や陰部など毛が生えている部位、足の裏は、固形石けんを使って洗います。

それからシャワーの温度を少し下げて、また頭から浴び、石けんの泡を流します。

もう一度、温度を少し下げ、シャワーを浴びてから、最後に水のシャワーを頭から浴びるのです。「冷たい!」と感じたら、それ以上我慢せず、止めてOKです。

湯上がりには、乾いたタオルで、体をよくふいてください。こうすると、体がポカポカしてくるでしょう。

洗いすぎないことも大切

私たち人問は恒温動物ですから、体の表面を温めれば温めるほど、深部の体温を下げて体温を一定にしようとします。

逆に、水シャワーを浴びて、体の表面温度が下がると、体温を上げるために、血流が促進されます。頭に水シャワーを浴びると、頭皮の血流が活発になり、酸素や栄養素が行き渡るというわけです。

ですから、水シャワーを全身に浴びるのが怖ければ、頭だけにかけても大丈夫です。

ただ、その場合、できれば、ひじ先、ひざ下にも水シャワーを浴びたり、水でしぼったタオルで全身をふいたりすることも、併用してください。なぜかというと、全身が「冷たい!」と感じることが大事だからです。

動物の体は、冬の間、フサフサとした保温性の高い毛が密集して生え、夏は風通しのいい毛に生え変わります。人間も同様に、寒さを感じるとフサフサとした毛が密集してくるのです。

また、お湯洗髪と水シャワーを実行すると同時に、「洗いすぎない」ことも大切です。

シャンプーの各メーカーは、「頭皮の汚れ、毛穴汚れを落とす」という名目のもと、強力な洗浄力を競い合っています。その結果、毛穴に詰まった脂は取り除かれ、頭皮も髪もバサバサに乾燥します。

お湯洗髪は育毛と同時にダイエットにも効果あり

毛穴に詰まった脂を「胎栓」といいますが、これは実をいうと、毛根に毛ダニや悪玉の細菌が侵入しないための保護膜なのです。シャンプーが保護膜を取り除くため、毛取が炎症を起こして毛が抜けます。

髪が薄くなると、ボリュームを出すために整髪料をつけることになり、それを落とすためにシャンプーをする…という負の連鎖を引き起こしているのです。負の連鎖は、どこかで断ち切る必要があります。

南雲先生はふだん整髪料をつけません。髪はお湯で洗い、最後に水シャワーをして終わりです。この洗髪法なら、汚れだけが落ちて、必要な脂は残るので、地肌が荒れることも、髪が傷むこともありません。

髪や体を洗いすぎず、肌表面の皮脂や善玉の細菌といった保護膜を壊さないようにすれば、髪も肌も健康を保つことができます。習慣にすれば、若返り効果も期待できるでしょう。

南雲先生自身も水シャワーを始めて、3年足らずで髪が太く濃くなり、今ではフサフサの毛量を保つことができています。

お湯洗髪と水シャワーは、脂肪を燃焼させる効果もあるので、育毛と同時にダイエット効果や若返り効果も得られます。ぜひお試しください。

 

-薄毛について, 薄毛を改善する洗髪法

執筆者:

関連記事

髪の毛を育てる力が強い人とは?弱い人とは?

皮脂の分泌能力が高い人は抜け毛が多い 人には髪の毛を育てる力の強い人と弱い人がいます。そのうち弱い人の方が薄毛になりやすく、一度薄毛になると改善には時間と手間がかかります。 反対に髪の毛を育てる力の強 …

薄毛の7大原因:①~④

遺伝するのは「薄毛になる可能性を持った体質」 さまざまな原因によって薄毛は起こります。 ①遺伝 「薄毛は遺伝する」とよくいわれます。父親の頭を見て、溜め息をついている人も多いでしょうが、「遺伝による薄 …

「育毛の効果」と「産毛」に関する勘違い

育毛の効果があれば増えるは幻想 効果とは裏を返せば負担です。効果の高い製品・方法は、強い負担を与える結果に繋がります。元々薄毛になるような頭皮は、頭皮の栄養状態が悪くなるほど頭皮や心身が弱っているので …

薄毛、抜け毛の進行をできるだけ遅らせるという考え方

加齢による薄毛、抜け毛をできるだけ抑える いま起きている薄毛、抜け毛が「進行する脱毛」であれば、まずその進行をなんとかして食い止めることはできないかと、考える必要があります。たとえ完全に食い止められな …

冷え症を解消して血流がよくなれば、薄毛を改善するのに役立つ

全身の血流が悪いと頭皮に悪影響を及ぼす あらなみクリニック総院長の荒浪暁彦先生は、皮膚科の専門医として、薄毛の治療に当たっています。このようにいうと、なかには、「なぜ皮膚科専門の医師が毛髪を診るのか」 …