薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛を改善する洗髪法

塩で洗髪すると汚れもにおいもスッキリ取れて潤い効果も

投稿日:4月 4, 2017 更新日:

こまめに洗髪しているのに、頭がにおう

気温と湿度が上がって汗ばむ季節になると、体臭に加え、頭髪のにおいも気になるところです。毎日朝晩シャンプーするなど、洗髪の回数がふえるのではないでしょうか。

しかし、これは大きな間違いです。

頭皮や髪の毛が臭くなるのは、洗い足りないからではなく、むしろ洗いすぎや、使用しているシャンプー剤の影響が大きいのです。つまり皮肉なことに、現代人の清潔志向が、においを生み出しているといえます。

東京都新宿区の五味クリニックには、「こまめに洗髪しているのに、頭がにおう」という患者さんが多く来
院します。そうした患者さんに、院長の五味常明先生が勧めているのが、「塩洗髪」です。

やり方は簡単です。

洗面器に40度ほどのお湯を張り、大さじ3~4杯の天然塩を溶かしておきます。

まずは、熱めの温水シャワーで、頭皮をもむように洗いましょう。これで、汚れと皮脂が落ちます。

それから、洗面器の塩湯を頭にかけ、頭皮をマッサージするのです。指の腹で、地肌だけを優しくもみ洗いします。髪の毛は、こすらないようにしてください。

最後に、シャワーで塩をしっかり洗い流しましょう。

なぜ、塩で洗髪するとよいのでしょうか。また、なぜ洗いすぎると頭が臭くなるのでしょうか。「頭皮のにおい」と「髪の毛のにおい」に分けて、説明しましょう。

 

 

「頭皮のにおい」と「髪の毛のにおい」

まず、頭皮がにおう原因は、3つあります。

1つめは、皮脂の酸化です。脱脂カの強いシャンプー剤で洗髪すると、体は「皮脂が足りない」と判断し、かえって皮脂分泌を促します。新鮮な皮脂が適量出ている分には、においは出ません。ところが、分泌過剰になると皮脂が毛穴に詰まって酸化し、強いにおいを放つのです。

2つめは、におい分子の蒸発です。頭皮を頻繁に洗うことで、皮脂がなくなると、皮下の水分が蒸発しやすくなります。においの成分は水溶性なので、水分が蒸発するとき、いっしょに出てきてしまうのです。

3つめは、雑菌の繁殖です。皮膚には、雑菌の繁殖をおさえる善玉の常在菌が棲みついています。バリアを作り、アレルギー物質の侵入を防いでいるのも常在菌です。

アルカリ性のシャンプーなどで髪を洗うと、弱酸性の環境を好む常在菌は流されてしまいます。そして、その後も棲みにくくなります。

常在菌がへると、代わりに、黄色ブドウ球菌などの雑菌や、水虫のような真菌(カビ)などが繁殖しやすくなります。これらが、においやかゆみの原因になるのです。当然、抜け毛や薄毛にもつながるでしょう。

髪の毛のにおいについては、また事情が異なります。

健康な髪の毛は、ガラスのように表面がツルツルで、におい分子がつきにくくなっています。ですから、髪の毛についたにおいは、ブラッシングだけでじゅうぶん落とせるのです。

ところが、シャンプー剤を使うと、化学物質などの刺激で、髪の毛が傷んでしまいます。すると、空気中に浮遊していたり、頭皮から発生したりするにおい分子がくっつきやすく、落ちにくくなるのです。

髪の毛を傷める心配もない

シャンプーが頭皮の悪臭の原因となることは、おわかりいただけたと思います。

では、なぜ塩がよいのでしょうか。

塩が洗浄剤として優れている点は、たんばく質を溶かす「塩溶(えんよう)」という作用にあります。汚れと皮脂はお湯で洗い流せますが、たんばく質である垢だけは、熱で凝固してしまいます。

このたんばく質を落とすのが、塩なのです。

また、塩湯ならば、余分な皮脂や垢を取る一方で、必要な常在菌は残します。化学物質による刺激もなく、髪の毛を傷める心配もありません。

イオンの働きで頭髪が中和消臭!

そして、塩洗髪の最大の利点は、イオンによる消臭作用です。

におい分子は、必ずプラスかマイナスの電気を帯びています。塩が水に溶けると、マイナスのナトリウムと、プラスの塩素に分解(イオン化)されます。

この塩湯で洗髪することで、プラスのにおい分子はマイナスイオンが、マイナスのにおい分子にはプラスイオンが、それぞれ吸着します。その結果、頭髪が中和消臭されるのです。

さらに、ミネラルを含む天然塩を使うことで、髪の毛への潤い効果も期待できます。塩洗髪は、いいことづくめです。

ただし、皮脂の分泌過剰は急に止まらないので、シャンプーをやめた直後は、べたつきを感じるかもしれません。また、常在菌がふえ、バランスが正常化するまでには、多少の時間がかかります。

しかし、数週間続けることで、本来の健康な髪と頭皮が蘇り、においも気にならなくなるでしょう。

 

 

-薄毛を改善する洗髪法

執筆者:

関連記事

洗髪後のドライヤーは髪によくない?

ある程度水分が取れた段階で手早く終えるように ドライヤーの熱が髪を傷めるという説があり、洗髪後にドライヤーをかけるのをためらう人がいます。ドライヤーで高温の熱風を髪に長時間にわたってあてつづけるのは、 …

薄くなっていた頭頂部も「クレソンシャンプー」のおかげで髪の量が増え感触まで変わった

洗髪時の抜け毛・薄毛が大幅減した東京都 44歳 主婦の方の体験談の続きです。 かたく動かなかった頭皮がやわらかくなった 入浴後、髪の毛の感触が全く違うのに驚きました。クレソンシャンプーを使ったとたん、 …

薄毛・加齢臭にお悩みの人には「お湯洗髪」がお勧め

髪を洗うほどキューティクルが失われる 「最近髪の毛にハリがない」「なんとなく抜け毛が増えた」「フケっぼい」「頭皮がかゆい」「加齢臭が気になる」-このような悩みを持つ人は、お湯だけで頭皮を洗う「お湯洗髪 …

「お湯だけ洗髪」で髪が黒々と太くなり薄毛が改善

洗顔も水で洗うだけ 白金ビューティフルエイジングクリニック院長の山口麻子先生がお湯だけで髪を洗う「お湯だけ洗髪」を始めたのは、今から6年前の6月です。 山口先生はそもそも、美容クリームや化粧水、乳液な …

天然成分配合のクレソンシャンプーに替えたらパサパサの髪が大改善!

大量だった抜け毛の量も減った静岡県 43歳 会社員 女性の方の体験談です。 火がつきそうなほど髪がパサパサだった 生まれつき、私の髪は細くてクセがとても強いのです。そのせいで、小さいころから髪をきれい …