薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


男性型脱毛症(AGA)について

AGAは進行性のため、適切なケアを早めに行うことが大切

投稿日:

男性3人のうち1人はAGA

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症のほか、壮年性脱毛症とも呼ばれます。

日本では30代で10%、40代で30%、60代で50%、平均で30%の人に起こるとされます。全体では男性の3人に1人はAGAという計算になり、非常に身近な悩みと言えるでしょう。

一般的に60代を超えると髪の毛は全体的に薄くなりますが、AGAでは思春期を過ぎてから額の生え際や頭頂部が薄くなるのが特徴です。徐々に進行し、20代後半から30代にかけて脱毛が顕著になります。最終的には額が後退し、頭頂部の毛はほとんどなくなる一方、側頭部や後頭部の髪にはほとんど変化はありません。

 

 

外見・容貌に影響自信の喪失にも

AGAは命にかかわる病気ではなく、年齢に相応した生理的な現象です。誰にでも起こりえる現象ですが、その人の外見に影響を与えるため、壮年期(20~40代)の男性にとっては悩みの種となることが多く、消極的な行動や自信の喪失につながったりすることも少なくありません。

国内で20歳以上の男性を対象に行った意識調査の結果からは、自分の薄毛を認識している人は男性人口の4分の1に相当する1260万人、その3分の2にあたる800万人が薄毛を気にしていることが推計されています。実に多くの人が薄毛に悩んでいるのです。

日本人に多いのは頭頂部の薄毛

AGAの進行には一定のパターンがあり、これを「パターン脱毛」と言います。多く見られるのは、俗にM型、0型、MO型と呼ばれるパターンです。

M型とは前頭部の生え際が後退してアルファベットのMの文字に見えるパターンを指します。0型は頭頂部の薄毛が広がって同じくアルファベットの0の文字を示すパターンで、進行すると生え際と頭頂部の両方の毛髪が同時に薄くなってMO型となります。

専門的には脱毛の進行は7段階に分かれ、Ⅰ、Ⅱを軽症、Ⅲ~Ⅴを中等症、Ⅵ以上が重症とされます。日本人を含むアジア人種で多く見られるのは、前頭部は後退せず頭頂部が薄くなる「ⅡVertex」というタイプです。

このようにAGAは進行性のため、放置していると毛髪数は徐々に減り続けていきます。進行を抑えるために、適切なケアを早めに行うことが大切です。

 

 

-男性型脱毛症(AGA)について

執筆者:

関連記事

フィナステリドによる「脱毛抑制」治療

「進行する脱毛症」とそのメカニズム 薄毛、抜け毛は、若い年代から中高年の人たちまで、男性だけでなく女性にも、たいへん幅広い人たちにかかわっているトラブルです。そのような薄毛、抜け毛の悩みを改善していく …

男性型脱毛症(AGA)の原因となる物質

男性型脱毛症による「硬毛の軟毛化」 男性型脱毛症についてですが、男性型脱毛症は、ヘアサイクルの成長期が短縮し、太く硬い毛がだんだんと、あまり成長していない細く短い毛に置き換わっていくことで始まります( …

軽症や中等症のAGA治療は内服薬、外用薬で

AGA治療の主力となるのは薬です。科学的根拠が示されたものとして、内服薬のフィナステリド(商品名:プロペシア)あるいは、外用剤のミノキシジル(商品名:リアップ)が用いられます。どちらか1つでも効果があ …

AGAは医療機関で改善できる

問診と視診で毛髪の状態を確認 AGAは医療機関で改善できます。では、実際の診察ではどのようなことが行われるのでしょうか。 まず行われるのは問診で、家族歴や脱毛の経過などを確認します。視診により額の生え …

AGA対策には「自宅植毛術」や「かつら」という選択肢も

植毛やかつらも薄毛対策には有効 薬による効果は残念ながら全ての人に現れるわけではありません。また、効果に満足できない人もいるでしょう。そうした人に対しては、「自宅植毛術」や「かつら」という選択肢もあり …