薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。

男性型脱毛症(AGA)について

ヘアサイクルが乱れるきっかけは「男性ホルモン」

投稿日:

AGAの誘引は男性ホルモン

AGAの原因は、ヘアサイクルの乱れ。ヘアサイクルが乱れるきっかけとしてはストレスや加齢などが挙げられますが、最大の誘因は「男性ホルモン」です。

男性ホルモンはひげや胸毛などの毛を濃くする働きも持っていますが、その仕組みはどうなっているのでしょうか。

血液中にある男性ホルモンのテストステロンが細胞内に入ると、Ⅱ型5α還元酵素によりジヒドロテストステロン(DHT)という活性化された男性ホルモンに変化します。

このDHTが前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞にあるレセプター(受容体)に結合すると、細胞増殖を抑える因子(TGF-β)が産生され、脱毛のシグナルを毛母細胞に伝達。毛母柵胞の細胞分裂が抑制されるため、脱毛が起きるのです。

ちなみに、レセプターは側頭部や後頭部には存在しないので、その部位の毛は薄くなりません。一方、ひげや胸毛の毛乳頭が男性ホルモンに反応すると、細胞分裂や細胞の成長を促進させる因子(IGF-1)が産生され、毛母細胞に発毛シグナルを出します。その結果、成長期が延長し、ひげや胸毛が伸びていきます。

つまり男性ホルモンは場所によって全く異なる働きをしているのです。

 

 

男性ホルモンが多いとAGAになりやすい?

AGAの原因が男性ホルモンなら、その量が関係すると思われがちですが、それは誤解です。AGAの人もそうでない人も血液中の男性ホルモンの値は変わりません。量ではなく、男性ホルモンを受け入れるレセプターの感受性が関与しており、これがヘアサイクルの乱れにつながっているのです。

男性ホルモンに感度よく反応する体質であればAGAになりやすく、この体質は遺伝されます。ただし、親がAGAであっても子が必ずAGAになるわけではありません。

AGAはヒトや一部のサルなど高等動物だけに見られる現象です。進化の過程で“神(髪)の仕業”によりオスのシンボルとして発達したのかもしれません。

 

 

-男性型脱毛症(AGA)について

執筆者:

関連記事

大きく進歩している脱毛・薄毛治療

この10年で薄毛・脱毛の研究が大きく進展 この20年ほどの間に、薄毛や脱毛の研究は大きく進展しました。分子のレベルで生命現象を解明しようとする分子生物学が進歩した結果、この10年ほどの間に「なぜ髪の毛 …

AGA(男性型脱毛症)以外のさまざまな種類の脱毛症

脱毛症の種類 日本人の平均的な毛髪数は約10万本。自然な抜け毛は1日50~100本程度です。季節に関係なく抜け毛の量が多かったり、頭皮が透けて見えるようなら脱毛症の可能性があります。脱毛症の中で最も多 …

AGA対策には「自宅植毛術」や「かつら」という選択肢も

植毛やかつらも薄毛対策には有効 薬による効果は残念ながら全ての人に現れるわけではありません。また、効果に満足できない人もいるでしょう。そうした人に対しては、「自宅植毛術」や「かつら」という選択肢もあり …

AGAの原因はヘアサイクルの乱れ

髪の生産工場は毛包内にあり AGAがなぜ起こるのか理解するために、まず毛髪の構造や生え方を見ていきましょう。 毛髪は頭皮から外に出ている「毛幹」(もうかん)と、埋もれている「毛根」(もうこん)に分かれ …

軽症や中等症のAGA治療は内服薬、外用薬で

AGA治療の主力となるのは薬です。科学的根拠が示されたものとして、内服薬のフィナステリド(商品名:プロペシア)あるいは、外用剤のミノキシジル(商品名:リアップ)が用いられます。どちらか1つでも効果があ …