薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


男性型脱毛症(AGA)について

軽症や中等症のAGA治療は内服薬、外用薬で

投稿日:

AGA治療の主力となるのは薬です。科学的根拠が示されたものとして、内服薬のフィナステリド(商品名:プロペシア)あるいは、外用剤のミノキシジル(商品名:リアップ)が用いられます。どちらか1つでも効果がありますが、両方を使用したほうが改善度は高いとされています。

内服薬フィナステリド

フィナステリドはテストステロンをDHTに変換するⅡ型5α還元酵素の作用をブロックする薬で、もともとは同じDHTが原因となる前立腺肥大症の薬として開発されました。日本でのAGAに対する臨床試験の結果では、1年目で58%の人に改善が認められ、3年後にはその数が78%に増加したと報告されています。

増毛効果は服用半年後くらいから現れます。3年ほど経過すると効果は横ばいとなりますが、毛髪数の増加を認めなくても毛が太く長くなるので、髪が多くなったように見えます。

ただし、服用を中止すると半年程度で元に戻るので、継続して服薬していく必要があります。また、半年間服用して脱毛の進行遅延が見られない場合は、別の治療法を検討します。

特に重い副作用はありませんが、肝機能障害を起こす可能性があるため、肝機能が低下している人は使うことができません。

また、妊婦や妊娠の可能性のある女性でも、男児妊娠時に服用すると男児の外性器の発達に影響を及ぼす可能性があることから禁忌とされています。ただし、夫やパートナーが服用しても性機能や精子には影響せず、問題ありません。

 

 

外用薬ミノキシジル

ミノキシジルは血圧降下薬として開発されましたが、副作用としての多毛が着目され外用育毛剤に転用されました。医師が処方する薬ではなく、第一類医薬品(薬局で薬剤師に相談して購入する薬)として販売されています。

脱毛している部分に直接塗布することで、血管拡張や細胞成長因子を介して毛母細胞へ作用します。米国における臨床試験結果では、5%濃度のミノキシジルを48週投与したところ、1平方センチメートルに18.6本の硬毛が増加したと報告されています。

使用開始から1~2カ月は毛髪が抜けることがあります。これは休止期の毛包に対しで成長期毛包への移行を促進するためで、後に成長した毛が生えてきますので心配ありません。効果が出てもそのまま続けないと数カ月で消失するため、少なくとも半年から1年間は継続して使用します。副作用としては、かゆみや動悸、ふらつきなどがあります。
そのほかのAGA治療薬としては塩化カルプロニウム(商品名:フロジン液)など、さまざまな育毛剤がありますが、フィナステリドやミノキシジルに比べ有効性はあまり高くないとされています。

 

 

-男性型脱毛症(AGA)について

執筆者:

関連記事

大きく進歩している脱毛・薄毛治療

この10年で薄毛・脱毛の研究が大きく進展 この20年ほどの間に、薄毛や脱毛の研究は大きく進展しました。分子のレベルで生命現象を解明しようとする分子生物学が進歩した結果、この10年ほどの間に「なぜ髪の毛 …

AGAは医療機関で改善できる

問診と視診で毛髪の状態を確認 AGAは医療機関で改善できます。では、実際の診察ではどのようなことが行われるのでしょうか。 まず行われるのは問診で、家族歴や脱毛の経過などを確認します。視診により額の生え …

男性型脱毛症(AGA)の原因になる還元酵素を抑える治療薬

5α-リダクターゼの働きを抑える 男性型脱毛症(AGA)のおもな原因は、「ジヒドロテストステロン」という物質であることがわかってきました。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンが5α- …

フィナステリドによる「脱毛抑制」治療

「進行する脱毛症」とそのメカニズム 薄毛、抜け毛は、若い年代から中高年の人たちまで、男性だけでなく女性にも、たいへん幅広い人たちにかかわっているトラブルです。そのような薄毛、抜け毛の悩みを改善していく …

AGAは進行性のため、適切なケアを早めに行うことが大切

男性3人のうち1人はAGA AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症のほか、壮年性脱毛症とも呼ばれます。 日本では30代で10%、40代で30%、60代で50%、平均で …