薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


簡単手作り育毛剤

甘夏・はっさく・ミカンなど柑橘類の皮に育毛の成分が

投稿日:8月 17, 2017 更新日:

柑橘類の皮の成分に育毛効果があった

北里研究所臨床薬理研究所副所長の小宮山寛機先生が、柑橘類の皮の成分と育毛効果についての研究を始めたのは、10年くらい前のことです。

当時、甘夏、伊予柑、はっさく、みかん、レモンなど柑橘類の皮のエキスを抽出して作った化粧水があり、これを「頭に使うと髪の毛が濃くなってきました」という報告が寄せられました。なぜ、髪の毛が濃くなるのか、柑橘類と育毛の間にはどのような関係があるのか。その研究調査を依頼されたのがきっかけです。

そこで、小宮山先生はまず、実際に育毛効果があるのかどうかを確かめるために、マウスを使って実験することにしました。

マウスの背中の毛をバリカンとカミソリで剃ってツルツルにして、ひとつのグループはなにもつけず、もうひとつのグループには6種類の柑橘類の皮のエキスを含んだ対照液を、朝と晩の1日2回、塗ってみることから始めました。

 

 

5日ぐらいすると、背中の毛が、まだらに生え始めてくるのですが、その生えた面積を測定して、日数の経過とともに面積がふえていくのを記録していったのです。すると、柑橘類の皮のエキスを含んだ対照液を塗ったマウスの毛は、なにも塗らないマウスよりも明らかに早く生え始めてくることが確認できました。

同時に、市販の薬用育毛剤2点もモデルに加えて実験をしていたのですが、これらをやや上回る結果を得ることもできたのです。

こうして、育毛効果のあることが確認できたわけです。次はどんな成分が関係しているかを調べました。そのために、柑橘類の皮に比較的多く含まれている物質をとり上げて調べてみることにしました。その成分とは 「d-リモネン」と呼ばれる精油成分です。

柑橘類の精油成分が脱毛を抑制した

実験の説明をする前に、脱毛について説明しましょう。頭の脱毛のメカニズムは現代科学でも不明な点が多いのですが、少なくとも男性型脱毛症と男性ホルモンの問に、なんらかの関係があることはわかっています。

男性ホルモンである 「テストステロン」は「5α-リグククーゼ」という酵素によって 「5α-ジヒドロテストステロン」という物質に変換されます。これが毛乳頭の受容体に結合すると、毛乳頭は毛母細胞(髪に成長する細胞)に指令を出して毛母細胞の活動を抑制し、髪の毛の成長が止まってしまうと考えられています。

つまり、5α-リグクターゼという酵素が、脱毛メカニズムのキーワードになっているのです。

→柑橘類の皮に含まれるアミノ酸が毛髪の成長を活性化する

 

 

-簡単手作り育毛剤

執筆者:

関連記事

柑橘類の皮に含まれるアミノ酸が毛髪の成長を活性化する

柑橘類の皮に含まれる精油成分d-リモネンが効く 男性ホルモンである 「テストステロン」は「5α-リグククーゼ」という酵素によって 「5α-ジヒドロテストステロン」という物質に変換されます。これが毛乳頭 …

抜け毛の量が歴然と減ったのが実感できる「イチョウ葉の育毛水」

頭皮のかゆみもなくなって喜んだ東京都 34歳 飲食業 男性の方の体験談です。 若いころ髪をいじめていたことを後悔 20代後半から髪が薄いのが気になってきました。主にひたいの生えぎわの左右が上がってきて …

頭皮の血行を改善し毛母細胞をよみがえらせるイチョウ葉の育毛剤

血行促進作用があるイチョウ葉のエキス 髪の毛が抜けたり、こしがなくなったり、フケやかゆみが起きる原因はさまざまですが、それらと密接な関係があるのが、頭皮の血行不良や汚れです。血行が悪くなると毛根に十分 …

使い始めて4~5日で効果を実感できた「イチョウ葉の育毛剤」

はげあがっていた分け目に黒いしっかりとした毛が生えてきた東京都 55歳 会社員 男性の方の体験談です。 気がつくと床屋で髪をすかれなくなった まだハゲというほどではありませんが、年齢とともに髪が薄くな …

薄い髪が気になり抜け毛も多かったが「イチョウ葉の育毛剤」で改善

ひどかった抜け毛がすぐに止まった東京都 48歳 主婦の方の体験談です。 白髪と抜け毛がふえ一気に老け込んだ 1年ほど前から、生えぎわに白髪がドッと目立つようになってきたんです。それまでも頭頂部のあたり …