薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。

簡単手作り育毛剤

柑橘類の皮に含まれるアミノ酸が毛髪の成長を活性化する

投稿日:

柑橘類の皮に含まれる精油成分d-リモネンが効く

男性ホルモンである 「テストステロン」は「5α-リグククーゼ」という酵素によって 「5α-ジヒドロテストステロン」という物質に変換されます。これが毛乳頭の受容体に結合すると、毛乳頭は毛母細胞(髪に成長する細胞)に指令を出して毛母細胞の活動を抑制し、髪の毛の成長が止まってしまうと考えられています。

そこで、北里研究所臨床薬理研究所副所長の小宮山寛機先生は、柑橘類の皮に含まれる代表的な精油成分d-リモネンが、5α-リグクターゼにどのように影響するのか調べてみることにしました。

試験管内の実験ですが、d-リモネンの濃度を高めていくと、5α-リダクターゼ酵素の働きが落ちていくことが判明したのです。

こうして、柑橘類の皮の精油成分と脱毛の関係がわかったところで、3番目の実験です。実際に、毛根部分にどのような変化が起きているのかを調べました。

 

 

毛に直接関係する細胞は毛乳頭細胞と毛母細胞ですが、毛乳頭およびその周りの細胞を培養して調べてみたところ、甘夏、伊予柑、はっさく、みかん、レモンの皮のエキスが、毛乳頭およびその周辺に由来した、ある種の細胞を増殖させることがわかりました。

さらに、小宮山先生は、甘夏の皮の抽出エキスで分析したところ、ある種の細胞を150%も増殖させたこと、そうして、その成分はアミノ酸の一種であることがわかったのです。これは1996年の第116年会・日本薬学会で講演発表しています。

つまり、柑橘類の皮に含まれるある種のアミノ酸が、毛が成長する組織の細胞に栄養を与えて、その働きが活性するのを助けることで、育毛効果が得られているのではないかと考えられるのです。

一方で、柑橘類の精油成分は血行を促す働きも持っています。精油成分が血液の流れをよくして毛根部に栄養を与え、毛乳頭細胞を活性化していることも予想されます。柑橘類の皮の成分はこうしてさまざまな角度から、ホルモン代謝に影響を及ぼして、発毛を促しているのではないでしょうか。

→甘夏・はっさく・ミカンなど柑橘類の皮に育毛の成分が

 

 

-簡単手作り育毛剤

執筆者:

関連記事

みかんの育毛剤の作り方と使い方

みかんの育毛剤の作り方 ●材料 ・2種類以上の柑橘類(温州みかん、甘夏、伊予柑、はっさく、レモンなど)の皮…50g以上(生の状態で) ・35度のホワイトリカー…15ml ①皮をむく よく水洗いして皮を …

手作り「イチョウの葉育毛剤」で気になっていた薄毛が改善した

地肌が透けて見えた薄毛が改善した東京都 52歳 主婦の方の体験談です。 シャンプーのたびに排水口に抜け毛が 髪の薄さが気になるようになったのは、50才の誕生日を迎えたころでした。お化粧もきちんとして、 …

みかんの育毛剤で気になっていた薄毛が改善し頭皮のかゆみもなくなった

抜け毛が止まり、頭頂部の髪の毛が増えてきた愛媛県 48歳 会社員 男性の方の体験談です。 さわやかなみかんの香りに安心感が 髪の毛のことを意識し始めたのは、30代後半のこと。年をとって髪の毛が少なくな …

頭皮の血行を改善し毛母細胞をよみがえらせるイチョウ葉の育毛剤

血行促進作用があるイチョウ葉のエキス 髪の毛が抜けたり、こしがなくなったり、フケやかゆみが起きる原因はさまざまですが、それらと密接な関係があるのが、頭皮の血行不良や汚れです。血行が悪くなると毛根に十分 …

イチョウ葉の育毛剤の作り方

・材料 生のイチョウ青葉…10~15g、センブリ…10g、ソウハクヒ…10g、エタノール…50ml(肌の弱い人は30ml)、グリセリン…15ml、水…500ml ・作り方 ①イチョウの青葉を洗って干す …