薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

頭髪専門のクリニックを訪れた患者さんたちの例

投稿日:

さまざまな人に薄毛の悩みが

20歳過ぎから薄毛が気になり始めて薄毛、脱毛といっても、人によって、そのトラブルや悩みはさまざまです。頭髪専門の医師たちが実際に治療にあたった患者さんのケースを、いくつか見てみましょう。

まず、若い男性です。Aさん(20歳代、会社員)は、20歳を過ぎるころから前頭部が薄くなり始め、頭皮に発疹がよくできました。その後も前頭部、頭頂部の薄毛が進んで地肌が透けて見えるようになり、強いストレスを感じていました。

「男性型脱毛症」と思われたために、頭髪治療の飲み薬、塗り薬の使用を中心として治療を開始し、3カ月で頭皮のトラブルが改善し始め、本人に発毛の実感がありました。その後も順調に経過し、とても明るく元気になり、いまも治療を継続中です。

 

 

次に、もう少し年代が上の男性です。Bさん(40歳代、自営業)は、10年ほど前からシャンプー時の抜け毛が目立ち、年々髪の毛のボリューム感が減ってきました。市販の育毛剤を数年使っていましたが、効果はよくわかりませんでした。

医師と相談のうえ、飲み薬、塗り薬などによる治療を開始して3~4カ月で、頭頂部にうぶ毛が生えてきて、1年後には頭頂部の地肌が見えなくなり、「精神的にラクになった。行動的になった」と言います。1年8カ月後に治療を終了。

Bさんはそれまで独身でしたが、治療を終える少し前に恋人ができ、結婚したいと考えているとのことです。

頭髪専門のクリニックを訪れる患者さんでは、「年代別構成比」からも見てとれるように、20歳代の人が全体の約3分の1、30歳代の人が約3分の1といった割合になっています。

男性の場合、「年をとって髪が薄くなるのは、ある程度は仕方がない」と考える人もいるかもしれません。むしろ、20歳代、30歳代で前頭部や頭頂部が薄くなってきた人のほうが、誰にも相談することができずに、深刻に悩んでしまうことが少なくないようです。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

薄毛・抜け毛と戦うためにはそのタイプを知っておく

「進行する脱毛」と「一時的な脱毛」 「男性型脱毛症」は、ヘアサイクル(毛周期)や遺伝的な素因が関係していて、男性ホルモンの体内変動や、ホルモン受容体の感受性の変化が大きく影響していることがわかってきま …

発毛させるということは、頭皮に無理がかかるということ

疲れが溜まって、寝込んでいる時と同じ 「強く、太く、発毛」ってどこかのCMみたいですね。薄毛専門の病院のご相談者の中にも「抜け毛を減らして発毛させたい」とおっしゃる方が多いですから、商売ベースで考える …

医師が教えてくれる髪にまつわる疑問の答え

遺伝よりも日ごろのケアが髪に影響大! 薄毛や白髪は、加齢や遺伝による自然現象のため、防ぎようがないと思われています。それは、さまざまなヘアケア商品や育毛法が、日々生まれては消え、また生まれていることか …

薄毛、抜け毛の進行をできるだけ遅らせるという考え方

加齢による薄毛、抜け毛をできるだけ抑える いま起きている薄毛、抜け毛が「進行する脱毛」であれば、まずその進行をなんとかして食い止めることはできないかと、考える必要があります。たとえ完全に食い止められな …

帽子をかぶると薄毛になるというのは本当か

髪にとってはマイナス要因になる 帽子屋さんに怒られそうですが、まるっきり関係がないというわけではありません。帽子そのものが悪いのではなく、長時間・長期間かぶると、どうしても頭皮が蒸れた状態になります。 …