薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

頭髪専門のクリニックを訪れた患者さんたちの例

投稿日:

さまざまな人に薄毛の悩みが

20歳過ぎから薄毛が気になり始めて薄毛、脱毛といっても、人によって、そのトラブルや悩みはさまざまです。頭髪専門の医師たちが実際に治療にあたった患者さんのケースを、いくつか見てみましょう。

まず、若い男性です。Aさん(20歳代、会社員)は、20歳を過ぎるころから前頭部が薄くなり始め、頭皮に発疹がよくできました。その後も前頭部、頭頂部の薄毛が進んで地肌が透けて見えるようになり、強いストレスを感じていました。

「男性型脱毛症」と思われたために、頭髪治療の飲み薬、塗り薬の使用を中心として治療を開始し、3カ月で頭皮のトラブルが改善し始め、本人に発毛の実感がありました。その後も順調に経過し、とても明るく元気になり、いまも治療を継続中です。

 

 

次に、もう少し年代が上の男性です。Bさん(40歳代、自営業)は、10年ほど前からシャンプー時の抜け毛が目立ち、年々髪の毛のボリューム感が減ってきました。市販の育毛剤を数年使っていましたが、効果はよくわかりませんでした。

医師と相談のうえ、飲み薬、塗り薬などによる治療を開始して3~4カ月で、頭頂部にうぶ毛が生えてきて、1年後には頭頂部の地肌が見えなくなり、「精神的にラクになった。行動的になった」と言います。1年8カ月後に治療を終了。

Bさんはそれまで独身でしたが、治療を終える少し前に恋人ができ、結婚したいと考えているとのことです。

頭髪専門のクリニックを訪れる患者さんでは、「年代別構成比」からも見てとれるように、20歳代の人が全体の約3分の1、30歳代の人が約3分の1といった割合になっています。

男性の場合、「年をとって髪が薄くなるのは、ある程度は仕方がない」と考える人もいるかもしれません。むしろ、20歳代、30歳代で前頭部や頭頂部が薄くなってきた人のほうが、誰にも相談することができずに、深刻に悩んでしまうことが少なくないようです。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

頭皮に悪い影響を与え、薄毛の原因になる貧血・低血圧・生理不順

貧血や低血圧は血の巡りが悪い 頭皮の毛細血管から毛乳頭に血が巡り、毛母細胞が細胞分裂を繰り返して髪の毛は伸びていきます。十分な血が巡ってくることと細胞分裂が活発に起こっている必要があるということです。 …

薄毛・脱毛は遺伝するのか

かなりの確率で当たっている 薄毛が遺伝するというのは定説となっていて、今は大丈夫であっても、「オヤジがそうだからいずれ…」と将来を悲観的に考えたり、半ばあきらめている人も少なくないようです。 お気の毒 …

一度抜けてもケアを続けていけば、髪はどんどん生えてくる

根気よく活性化をはかっていくと自分の髪を取り戻せる 脱毛症が治らないからといって、毛根が死んだと考えるのは間違いです。それは、毛根周辺の細胞が活力を完全になくした状態、つまり、仮死状態と考えるべきです …

アレルギー体質の人は育毛剤や発毛剤の使用に注意が必要

皮脂の分泌が少ないと外部からの影響を受けやすい 頭皮の相談室に来られる人・相談メールをいただく人・お電話でご相談される方、これらの方々の体質をお聞きすると、約7割が何らかのアレルギーを持っていらっしゃ …

妊娠・出産で薄毛になる

元に戻らない人が増えてきた 妊娠出産が薄毛のきっかけになることがあります。女性は妊娠すると抜け毛が減る傾向にありますが、出産をすると減っていた抜け毛が一気に増えて一時期薄毛になります。 ホルモンのバラ …