薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

若い女性の薄毛、脱毛については、まだよくわかっていない部分が多い

投稿日:

ストレス過剰や、仕事の忙しさなどによる生活の乱れが原因の場合が多い

20歳過ぎから薄毛が気になり始めて薄毛、脱毛といっても、人によって、そのトラブルや悩みはさまざまです。

女性のケースも見ておきましょう。Cさん (50歳代、主婦)は、頭髪専門のクリニックに相談に来たとき、頭頂部の地肌がかなり見えている状態。ゆううつな気分で、家から一歩も出たくない、何もしたくない、というほどふさぎ込んでいました。カツラをもっているが、これでいいという気持ちにはなれませんでした。

治療開始後、半年ほどで改善を実感し、その後も順調に経過しました。外に出かけられました。何をするにも自信がもてるようになり、食べ物もおいしくなったといいます。現在も治療を継続しています。

女性の患者さんは、年代によって、大きく二つの山に分けることができます。

まず、Cさんのように、40歳代、50歳代、いわゆる更年期、あるいはその少し前にあたる年代の人たちです。テレビや雑誌などで最近、「プレ更年期」などといった言葉がよく聞かれるようになりましたが、そういった年代の女性も増えています。女性の更年期とその前後では、体内のホルモンバランスに大きな変動が起こりますが、その影響も関係していると推測されます。

もう一つの山は、20歳代をはじめとする若い年代の女性で、薄毛に悩んでいる人も少なくありません。

 

 

Dさん(20歳代、介護職)は、20歳くらいから、自分の髪の毛がなんだか薄いなと感じるようになり、頭髪専門のクリニックを訪れたときには、地肌が透けているところもある状態でした。

老人ケアの仕事に就いていたので、毎日いろいろな人と接し、髪の毛が薄いのを見られるのがイヤで、相当にストレスを感じていましたが、治療によってしだいに改善しました。その後、事務職に転職しましたが、髪のことも気にならなくなり、生き生きと仕事をしています。

若い女性の薄毛、脱毛については、その原因やメカニズムについて、まだよくわかっていない部分も少なくありません。

これまで多くの女性患者さんを診療してきたクリニックの医師によれば、ストレス過剰(仕事の悩み、人間関係など)や、仕事の忙しさなどによる生活の乱れ(とくに睡眠、食事)がかかわっているように思われるケースが、かなり多いように感じているようです。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

発毛させるということは、頭皮に無理がかかるということ

疲れが溜まって、寝込んでいる時と同じ 「強く、太く、発毛」ってどこかのCMみたいですね。薄毛専門の病院のご相談者の中にも「抜け毛を減らして発毛させたい」とおっしゃる方が多いですから、商売ベースで考える …

髪の毛の構造とヘアサイクル

毛母細胞が分裂を繰り返して まず、私たち人間の髪の毛の構造を見ておきます。大きく分けて、皮膚の中にもぐり込んで外からは見えない部分(毛根)と、皮膚の外に出ている部分(毛幹)があります。草花でいえば、皮 …

抜け毛が減っても薄毛は改善しない

髪の毛はあなたの細胞のひとつ 「毛が抜けて薄くなっちゃった」「残っている大事な毛なんだから引っ張らないでよ」なんて、薄毛の芸人が叫んで笑いをとっていたりします。 こんな場面を見ていると、抜けると薄毛に …

薄毛、抜け毛はさまざまな理由で起きる

多くの人たちが髪の毛の悩みを抱え込んでいる 若い人たちから、40歳代、50歳代、もっと上の年代まで、男性だけでなく女性でも、さまざまな人たちが、髪の毛の悩みを抱え込んでいます。それでは、そうした薄毛、 …

帽子をかぶると薄毛になるというのは本当か

髪にとってはマイナス要因になる 帽子屋さんに怒られそうですが、まるっきり関係がないというわけではありません。帽子そのものが悪いのではなく、長時間・長期間かぶると、どうしても頭皮が蒸れた状態になります。 …