薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

薄毛、抜け毛はさまざまな理由で起きる

投稿日:

多くの人たちが髪の毛の悩みを抱え込んでいる

若い人たちから、40歳代、50歳代、もっと上の年代まで、男性だけでなく女性でも、さまざまな人たちが、髪の毛の悩みを抱え込んでいます。それでは、そうした薄毛、抜け毛を、どのように治療していけばいいのでしょうか。

薄毛、抜け毛の分類には、いろいろな考え方があります。脱毛症を進行度から分類したものとして、一般的によく使われるものの一つである「ハミルトン・ノーウッド分類」を、日本人に合わせて改良したものがあります。

また、頭髪専門のクリニックを訪れる患者さんが、このハミルトン・ノーウッド分類のどのタイプにあたるのか、最近における構成の比率を集計したものも参考になります。

これから、いわゆる脱毛症を大きく二つに分けて、「進行する脱毛」と「一時的な脱毛」ととらえてみたいと思います。いま医師たちができる治療の実際からいっても、みなさんが頭髪治療に対する理解を深めていくためにも、それがわかりやすい見方だろうと考えるからです。

 

 

人間の髪の毛は、いろいろな理由や成り行きで、抜けたり薄くなったりします。シャンプーしたりブラッシングをしたりすれば、何本か何十本か毛が抜けます。髪の毛を手でつかんでギュッと引っ張れば、やはり何本か毛
が抜けます。

ストレスや過労からゴソッと毛が減ることもありますし、年をとればたいてい、髪が薄くなったり、細くなったり、ボリューム感が減ったりします。これらはどれも、髪の毛にとって自然な現象です。

また、人によっては、ある年代から、前頭部から頭頂部にかけての毛髪が十分に成長しきらずに、細く短い毛のうちに抜けてしまったり、髪の毛の本数が減っていったりする場合があります。

これを「男性型脱毛症」と呼びますが、ヘアサイクル(毛周期)や遺伝的な素因が関係していて、男性ホルモンの体内変動や、ホルモン受容体の感受性の変化が大きく影響していることがわかってきました。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

冷え症を解消して血流がよくなれば、薄毛を改善するのに役立つ

全身の血流が悪いと頭皮に悪影響を及ぼす あらなみクリニック総院長の荒浪暁彦先生は、皮膚科の専門医として、薄毛の治療に当たっています。このようにいうと、なかには、「なぜ皮膚科専門の医師が毛髪を診るのか」 …

「育毛の効果」と「産毛」に関する勘違い

育毛の効果があれば増えるは幻想 効果とは裏を返せば負担です。効果の高い製品・方法は、強い負担を与える結果に繋がります。元々薄毛になるような頭皮は、頭皮の栄養状態が悪くなるほど頭皮や心身が弱っているので …

腸内フローラの状態も頭髪にとって大切です

腸の状態は頭髪にとってとても重要 冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。 皮膚は、内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調はそのまま皮膚に現れるのです。皮膚の一部である髪につ …

抜け毛が減っても薄毛は改善しない

髪の毛はあなたの細胞のひとつ 「毛が抜けて薄くなっちゃった」「残っている大事な毛なんだから引っ張らないでよ」なんて、薄毛の芸人が叫んで笑いをとっていたりします。 こんな場面を見ていると、抜けると薄毛に …

発毛させるということは、頭皮に無理がかかるということ

疲れが溜まって、寝込んでいる時と同じ 「強く、太く、発毛」ってどこかのCMみたいですね。薄毛専門の病院のご相談者の中にも「抜け毛を減らして発毛させたい」とおっしゃる方が多いですから、商売ベースで考える …