薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。

薄毛について

薄毛、抜け毛はさまざまな理由で起きる

投稿日:

多くの人たちが髪の毛の悩みを抱え込んでいる

若い人たちから、40歳代、50歳代、もっと上の年代まで、男性だけでなく女性でも、さまざまな人たちが、髪の毛の悩みを抱え込んでいます。それでは、そうした薄毛、抜け毛を、どのように治療していけばいいのでしょうか。

薄毛、抜け毛の分類には、いろいろな考え方があります。脱毛症を進行度から分類したものとして、一般的によく使われるものの一つである「ハミルトン・ノーウッド分類」を、日本人に合わせて改良したものがあります。

また、頭髪専門のクリニックを訪れる患者さんが、このハミルトン・ノーウッド分類のどのタイプにあたるのか、最近における構成の比率を集計したものも参考になります。

これから、いわゆる脱毛症を大きく二つに分けて、「進行する脱毛」と「一時的な脱毛」ととらえてみたいと思います。いま医師たちができる治療の実際からいっても、みなさんが頭髪治療に対する理解を深めていくためにも、それがわかりやすい見方だろうと考えるからです。

 

 

人間の髪の毛は、いろいろな理由や成り行きで、抜けたり薄くなったりします。シャンプーしたりブラッシングをしたりすれば、何本か何十本か毛が抜けます。髪の毛を手でつかんでギュッと引っ張れば、やはり何本か毛
が抜けます。

ストレスや過労からゴソッと毛が減ることもありますし、年をとればたいてい、髪が薄くなったり、細くなったり、ボリューム感が減ったりします。これらはどれも、髪の毛にとって自然な現象です。

また、人によっては、ある年代から、前頭部から頭頂部にかけての毛髪が十分に成長しきらずに、細く短い毛のうちに抜けてしまったり、髪の毛の本数が減っていったりする場合があります。

これを「男性型脱毛症」と呼びますが、ヘアサイクル(毛周期)や遺伝的な素因が関係していて、男性ホルモンの体内変動や、ホルモン受容体の感受性の変化が大きく影響していることがわかってきました。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

医師が教えてくれる髪にまつわる疑問の答え

遺伝よりも日ごろのケアが髪に影響大! 薄毛や白髪は、加齢や遺伝による自然現象のため、防ぎようがないと思われています。それは、さまざまなヘアケア商品や育毛法が、日々生まれては消え、また生まれていることか …

ストレス、睡眠不足、食生活の乱れによる薄毛・抜け毛について

薄毛や抜け毛が進んでいくことが、大きなストレスになる ストレス、睡眠不足、食生活の乱れなど、ある程度具体的な原因やきっかけが推測できる薄毛、抜け毛の場合はどうでしょうか。当然ながら、その原因やきっかけ …

薄毛・抜け毛と戦うためにはそのタイプを知っておく

「進行する脱毛」と「一時的な脱毛」 「男性型脱毛症」は、ヘアサイクル(毛周期)や遺伝的な素因が関係していて、男性ホルモンの体内変動や、ホルモン受容体の感受性の変化が大きく影響していることがわかってきま …

若い女性の薄毛、脱毛については、まだよくわかっていない部分が多い

ストレス過剰や、仕事の忙しさなどによる生活の乱れが原因の場合が多い 20歳過ぎから薄毛が気になり始めて薄毛、脱毛といっても、人によって、そのトラブルや悩みはさまざまです。 女性のケースも見ておきましょ …

髪の毛の一生にはヘアサイクルがある

古い髪の毛が抜け、新しい髪の毛が生えてくるというサイクルがある シャンプーやブラッシングをしたときに髪の毛は抜けます。でも、髪の毛がなくならず、一定の量を保っているのはなぜだと思いますか? 髪の毛にも …