薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

薄毛、抜け毛はさまざまな理由で起きる

投稿日:

多くの人たちが髪の毛の悩みを抱え込んでいる

若い人たちから、40歳代、50歳代、もっと上の年代まで、男性だけでなく女性でも、さまざまな人たちが、髪の毛の悩みを抱え込んでいます。それでは、そうした薄毛、抜け毛を、どのように治療していけばいいのでしょうか。

薄毛、抜け毛の分類には、いろいろな考え方があります。脱毛症を進行度から分類したものとして、一般的によく使われるものの一つである「ハミルトン・ノーウッド分類」を、日本人に合わせて改良したものがあります。

また、頭髪専門のクリニックを訪れる患者さんが、このハミルトン・ノーウッド分類のどのタイプにあたるのか、最近における構成の比率を集計したものも参考になります。

これから、いわゆる脱毛症を大きく二つに分けて、「進行する脱毛」と「一時的な脱毛」ととらえてみたいと思います。いま医師たちができる治療の実際からいっても、みなさんが頭髪治療に対する理解を深めていくためにも、それがわかりやすい見方だろうと考えるからです。

 

 

人間の髪の毛は、いろいろな理由や成り行きで、抜けたり薄くなったりします。シャンプーしたりブラッシングをしたりすれば、何本か何十本か毛が抜けます。髪の毛を手でつかんでギュッと引っ張れば、やはり何本か毛
が抜けます。

ストレスや過労からゴソッと毛が減ることもありますし、年をとればたいてい、髪が薄くなったり、細くなったり、ボリューム感が減ったりします。これらはどれも、髪の毛にとって自然な現象です。

また、人によっては、ある年代から、前頭部から頭頂部にかけての毛髪が十分に成長しきらずに、細く短い毛のうちに抜けてしまったり、髪の毛の本数が減っていったりする場合があります。

これを「男性型脱毛症」と呼びますが、ヘアサイクル(毛周期)や遺伝的な素因が関係していて、男性ホルモンの体内変動や、ホルモン受容体の感受性の変化が大きく影響していることがわかってきました。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

ナグモクリニック南雲先生も実感!お湯洗髪と水シャワーで薄毛が回復

地肌がいつもかゆく、赤く炎症を起こしていていた ナグモクリニック総院長の南雲吉則先生は、「50代なのに30代に見える医師」ということで、多くの著書を出版していますが、実は長い間、頭髪については悩みを抱 …

薄毛の治療のポイントは進行を適切に食い止めること

進行を食い止める薬がアメリカで開発され、日本でも使えるようになっている 薄毛が目立ち始める年代は人によって違いますが、男性型脱毛症の大きな特徴は、薄毛、脱毛がいったん始まると、それが年月の経過とともに …

薄毛が表面化する時に抜け毛が増えるのは?

刺さっているだけの毛が増えてくる どうしで薄毛が表面化する時に抜け毛が増えることが多いのでしょう? それを知るには1本の毛の生え替わるサイクルを知る必要があります。 1本の毛は十分成長して退行期から休 …

医学の世界では薄毛をどのように定義しているのか

医学の世界ではどうみているか 医学の世界では薄毛をどのように定義しているのかを調べてみました。 2010年に発表された日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドラインの疾患概念」の説明を要約すると、男性 …

妊娠・出産で薄毛になる

元に戻らない人が増えてきた 妊娠出産が薄毛のきっかけになることがあります。女性は妊娠すると抜け毛が減る傾向にありますが、出産をすると減っていた抜け毛が一気に増えて一時期薄毛になります。 ホルモンのバラ …