薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

薄毛・抜け毛と戦うためにはそのタイプを知っておく

投稿日:

「進行する脱毛」と「一時的な脱毛」

「男性型脱毛症」は、ヘアサイクル(毛周期)や遺伝的な素因が関係していて、男性ホルモンの体内変動や、ホルモン受容体の感受性の変化が大きく影響していることがわかってきました。

これらのうち、年をとれば髪が薄くなる、つまり加齢による薄毛、脱毛と、男性型脱毛症は、人間の体の中で起こっている変動に基づき、時間とともに「進行する脱毛」ということになります。

人間の髪の毛は、そのほかの理由でも、抜けたり薄くなったりします。その代表的なものが、ストレス過剰、頭皮のトラブルや血流障害、生活の乱れや体調不良、何らかの病気の影響、薬物によるトラブル、などです。

これらはいずれも、いま挙げたような事柄が原因やきっかけになって起こる「一時的な脱毛」と考えられます。実際、クリニックの頭髪治療のなかでも、ストレスや生活状況を見直すことから、薄毛や脱毛が改善したケースも少なくありません。

 

 

また、頭部に1センチから数センチ程度の円形の脱毛が起きる「円形脱毛症」という病気があります。最近は自己免疫疾患の一種ではないかと考えられています。やはり適切な治療によって改善するケースが少なからず見られますし、ここでは「一時的な脱毛」のほうに含めて考えておくことにしましょう。

いままで説明してきた、進行する脱毛、一時的な脱毛、という区分けは、頭髪治療を進めるうえでの実際的なとらえ方だと考えてください。

髪の毛を現在よりもいい状態にして、精神的な苦痛からも抜け出すためには、どうすればいいのか。薄毛、脱毛の悩みと、どのように戦っていけばいいのか。髪の毛の悩みを抱えている人たちと一緒に、そういったことを考えていきたいと思っています。

そのときに、「戦う相手」である薄毛、脱毛にどんなタイプがあるのかということを、大づかみにとらえておけば、有利な闘い方の工夫や努力も、それだけ見つけやすくなるはずです。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

薄毛の治療のポイントは進行を適切に食い止めること

進行を食い止める薬がアメリカで開発され、日本でも使えるようになっている 薄毛が目立ち始める年代は人によって違いますが、男性型脱毛症の大きな特徴は、薄毛、脱毛がいったん始まると、それが年月の経過とともに …

皮脂を取ると育毛環境が悪くなる

皮脂を取とるケアはマイナス面が大きい 育毛を指導している先生に「皮脂(皮膚を覆っている脂)を取るケアはマイナス面が大きく、頭皮の育毛環境を悪くする」と教えてもらいました。 医師に相談している方のほとん …

腸内フローラの状態も頭髪にとって大切です

腸の状態は頭髪にとってとても重要 冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。 皮膚は、内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調はそのまま皮膚に現れるのです。皮膚の一部である髪につ …

一度抜けてもケアを続けていけば、髪はどんどん生えてくる

根気よく活性化をはかっていくと自分の髪を取り戻せる 脱毛症が治らないからといって、毛根が死んだと考えるのは間違いです。それは、毛根周辺の細胞が活力を完全になくした状態、つまり、仮死状態と考えるべきです …

薄毛、抜け毛が医療の対象になってきた

薄毛、抜け毛の有効な治療薬、治療法が実用化 「髪の毛というのは、あるときは何とも思わないけれど、ないと絶対に困るものです。この悩みは、髪の毛が少なくなった人間にしかわからないでしょうね」-これは、ある …