薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

薄毛・抜け毛と戦うためにはそのタイプを知っておく

投稿日:

「進行する脱毛」と「一時的な脱毛」

「男性型脱毛症」は、ヘアサイクル(毛周期)や遺伝的な素因が関係していて、男性ホルモンの体内変動や、ホルモン受容体の感受性の変化が大きく影響していることがわかってきました。

これらのうち、年をとれば髪が薄くなる、つまり加齢による薄毛、脱毛と、男性型脱毛症は、人間の体の中で起こっている変動に基づき、時間とともに「進行する脱毛」ということになります。

人間の髪の毛は、そのほかの理由でも、抜けたり薄くなったりします。その代表的なものが、ストレス過剰、頭皮のトラブルや血流障害、生活の乱れや体調不良、何らかの病気の影響、薬物によるトラブル、などです。

これらはいずれも、いま挙げたような事柄が原因やきっかけになって起こる「一時的な脱毛」と考えられます。実際、クリニックの頭髪治療のなかでも、ストレスや生活状況を見直すことから、薄毛や脱毛が改善したケースも少なくありません。

 

 

また、頭部に1センチから数センチ程度の円形の脱毛が起きる「円形脱毛症」という病気があります。最近は自己免疫疾患の一種ではないかと考えられています。やはり適切な治療によって改善するケースが少なからず見られますし、ここでは「一時的な脱毛」のほうに含めて考えておくことにしましょう。

いままで説明してきた、進行する脱毛、一時的な脱毛、という区分けは、頭髪治療を進めるうえでの実際的なとらえ方だと考えてください。

髪の毛を現在よりもいい状態にして、精神的な苦痛からも抜け出すためには、どうすればいいのか。薄毛、脱毛の悩みと、どのように戦っていけばいいのか。髪の毛の悩みを抱えている人たちと一緒に、そういったことを考えていきたいと思っています。

そのときに、「戦う相手」である薄毛、脱毛にどんなタイプがあるのかということを、大づかみにとらえておけば、有利な闘い方の工夫や努力も、それだけ見つけやすくなるはずです。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

髪の毛の一生にはヘアサイクルがある

古い髪の毛が抜け、新しい髪の毛が生えてくるというサイクルがある シャンプーやブラッシングをしたときに髪の毛は抜けます。でも、髪の毛がなくならず、一定の量を保っているのはなぜだと思いますか? 髪の毛にも …

体温が低いと薄毛になりやすい

体温が低いと髪の毛に元気がない 髪の毛は、毛母細胞の中で酵素の触媒によって、アミノ酸が髪の毛に変換されて伸びていきます。この酵素の働きが弱いと、中身の粗い髪の毛にしかならず、腰のあるしっかりした髪の毛 …

簡単なうえに頭皮や髪を健康に保つ「お湯洗髪」

ふだん使っているシャンプーやリンスに疑問を持つように クリニック宇津木流院長である宇津木龍一先生の髪は、もともと細くサラサラしていて、コシがなく、整髪料を使わないと前髪が落ちてくるほどでした。 ところ …

一度抜けてもケアを続けていけば、髪はどんどん生えてくる

根気よく活性化をはかっていくと自分の髪を取り戻せる 脱毛症が治らないからといって、毛根が死んだと考えるのは間違いです。それは、毛根周辺の細胞が活力を完全になくした状態、つまり、仮死状態と考えるべきです …

一度抜けた髪の毛は二度と生えてこないのか?

毛根周辺の細胞を活性化させてやれば必ず生えてくる 「毛生え薬を発明したらノーベル賞ものだ」といわれます。これまでにも「驚異の発毛剤」などと銘打ってさまざまな毛生え薬が発売され、時にはマスコミを賑わして …