薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

薄毛、抜け毛の進行をできるだけ遅らせるという考え方

投稿日:

加齢による薄毛、抜け毛をできるだけ抑える

いま起きている薄毛、抜け毛が「進行する脱毛」であれば、まずその進行をなんとかして食い止めることはできないかと、考える必要があります。たとえ完全に食い止められなくても、抜け毛の進行をできるだけ遅らせる、という考え方も大切です。

進行する脱毛としてまず知っておかなければならないのが、男性型脱毛症です。これに対して、その症状の進行を食い止める「プロペシア」(一般名フィナステリド)という飲み薬が、最近になって日本でも使えるようになりました。

この薬による治療を中心として、その人にとってできるだけ好ましい頭髪状況を目指すプランを工夫していけるようになったのです。

 

 

また、私たち人間は誰でも、年をとるにつれて心身の衰えが進んでいきます。老化現象です。体の部位にもよりますが、たとえば皮膚は20歳前後をピークとして、20歳代半ば以降は、初めのうちはゆっくりとではありますが、しだいに衰えていきます。

老化現象から完全に逃れることは、少なくとも現在の医療や科学の力ではできませんが、老化による「イヤな衰え」をできるだけ抑える工夫や技術が、近年になってさまざまな形で開発、実用化されつつあります。いわゆる「アンチエイジング」の取り組みです。

医師たちは、その人なりの年齢、人生経験にふさわしい、なるべく好ましい心身状態を実現するという意味で、「ウエルエイジング」という言い方をよく使っています。

頭髪治療の分野では、加齢による薄毛、脱毛、つまり年をとって髪が伸びなくなったり、細く薄くなったりするのは、ある程度は仕方がないとしても、それをできるだけ抑える努力をしながら、一方で、発毛を促進する何らかの工夫はできないかということを、その人の心身状況をよく見ながら考えていくことが大切になります。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

医師が教えてくれる髪にまつわる疑問の答え

遺伝よりも日ごろのケアが髪に影響大! 薄毛や白髪は、加齢や遺伝による自然現象のため、防ぎようがないと思われています。それは、さまざまなヘアケア商品や育毛法が、日々生まれては消え、また生まれていることか …

「育毛の効果」と「産毛」に関する勘違い

育毛の効果があれば増えるは幻想 効果とは裏を返せば負担です。効果の高い製品・方法は、強い負担を与える結果に繋がります。元々薄毛になるような頭皮は、頭皮の栄養状態が悪くなるほど頭皮や心身が弱っているので …

ダイエットは薄毛・抜け毛を促進させるのか

どうしても十分な栄養が摂れなくなる ダイエットが原因で薄毛になったり、抜け毛が増えたりする人は、けっこういます。 髪の成長に必要な栄養分を、毛母細胞に与える役割を果たしているのが毛乳頭です。この毛乳頭 …

アレルギー体質の人は育毛剤や発毛剤の使用に注意が必要

皮脂の分泌が少ないと外部からの影響を受けやすい 頭皮の相談室に来られる人・相談メールをいただく人・お電話でご相談される方、これらの方々の体質をお聞きすると、約7割が何らかのアレルギーを持っていらっしゃ …

医学の世界では薄毛をどのように定義しているのか

医学の世界ではどうみているか 医学の世界では薄毛をどのように定義しているのかを調べてみました。 2010年に発表された日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドラインの疾患概念」の説明を要約すると、男性 …