薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

薄毛、抜け毛の進行をできるだけ遅らせるという考え方

投稿日:

加齢による薄毛、抜け毛をできるだけ抑える

いま起きている薄毛、抜け毛が「進行する脱毛」であれば、まずその進行をなんとかして食い止めることはできないかと、考える必要があります。たとえ完全に食い止められなくても、抜け毛の進行をできるだけ遅らせる、という考え方も大切です。

進行する脱毛としてまず知っておかなければならないのが、男性型脱毛症です。これに対して、その症状の進行を食い止める「プロペシア」(一般名フィナステリド)という飲み薬が、最近になって日本でも使えるようになりました。

この薬による治療を中心として、その人にとってできるだけ好ましい頭髪状況を目指すプランを工夫していけるようになったのです。

 

 

また、私たち人間は誰でも、年をとるにつれて心身の衰えが進んでいきます。老化現象です。体の部位にもよりますが、たとえば皮膚は20歳前後をピークとして、20歳代半ば以降は、初めのうちはゆっくりとではありますが、しだいに衰えていきます。

老化現象から完全に逃れることは、少なくとも現在の医療や科学の力ではできませんが、老化による「イヤな衰え」をできるだけ抑える工夫や技術が、近年になってさまざまな形で開発、実用化されつつあります。いわゆる「アンチエイジング」の取り組みです。

医師たちは、その人なりの年齢、人生経験にふさわしい、なるべく好ましい心身状態を実現するという意味で、「ウエルエイジング」という言い方をよく使っています。

頭髪治療の分野では、加齢による薄毛、脱毛、つまり年をとって髪が伸びなくなったり、細く薄くなったりするのは、ある程度は仕方がないとしても、それをできるだけ抑える努力をしながら、一方で、発毛を促進する何らかの工夫はできないかということを、その人の心身状況をよく見ながら考えていくことが大切になります。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

体温が低いと薄毛になりやすい

体温が低いと髪の毛に元気がない 髪の毛は、毛母細胞の中で酵素の触媒によって、アミノ酸が髪の毛に変換されて伸びていきます。この酵素の働きが弱いと、中身の粗い髪の毛にしかならず、腰のあるしっかりした髪の毛 …

薄毛・抜け毛と戦うためにはそのタイプを知っておく

「進行する脱毛」と「一時的な脱毛」 「男性型脱毛症」は、ヘアサイクル(毛周期)や遺伝的な素因が関係していて、男性ホルモンの体内変動や、ホルモン受容体の感受性の変化が大きく影響していることがわかってきま …

帽子をかぶると薄毛になるというのは本当か

髪にとってはマイナス要因になる 帽子屋さんに怒られそうですが、まるっきり関係がないというわけではありません。帽子そのものが悪いのではなく、長時間・長期間かぶると、どうしても頭皮が蒸れた状態になります。 …

薄毛と脱毛症は改善の仕方もまったく違う

効果の出方も違っている 薄毛の改善は生え替わりながら段々と太くなり寿命が長くなっていくので年月がかかり、かつ太さや寿命がゼロになっている毛は生え替わっできません。 女性の相談で、「髪質が変わってしまい …

皮脂が多い人・少ない人で違う、髪の毛を育てる力

皮脂の分泌能力で髪の毛を育てる力がわかる 育毛専門外来の相談室では、初回のご相談時には頭皮をお湯だけで洗います。お湯だけで洗うのが一番自然で、その方の頭皮の現状が分かるからです。本来の意味でのヘッドス …