薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。

薄毛について

ストレス、睡眠不足、食生活の乱れによる薄毛・抜け毛について

投稿日:

薄毛や抜け毛が進んでいくことが、大きなストレスになる

ストレス、睡眠不足、食生活の乱れなど、ある程度具体的な原因やきっかけが推測できる薄毛、抜け毛の場合はどうでしょうか。当然ながら、その原因やきっかけを取り除くことができないか、どうすればそれを排除したり軽減したりすることができるのかを、まず考えていきます。

しかし睡眠不足も食事の乱れも、多くの場合、そうなってしまうような仕事や暮らしの状況が何かあります。本人も「こんな生活は体に毒だ。直さなければ」と思いながら、なかなか直せずに現状に至っているわけです。

そこでまず、医師は、睡眠や食事についてアドバイスしながら、各種のビタミン、ミネラルを含むサプリメント(栄養補助剤)などを使用して栄養状態の改善を図る。実際の治療のなかでは、そういった対処をしていくこともよくあります。

 

 

ストレスについても、なかなか面倒なところがあります。

薄毛や抜け毛が進んでいると気づくこと自体が、本人にとって大きなストレスになりがちです。髪の毛のことが気になって仕事が手につかない。周りの人の目が気になって仕方がない。そのうちに、仕事のミスが増えたり、成績が低下したりして、それらがまたストレスになる。そんな悪循環に陥っている人も少なくありません。

さまざまなタイプの抜け毛に対して、おもに「ミノキシジル」という薬を使用して、積極的に発毛を促進していくことができます。毛が増えてきたと実感して気持ちが明るくなり、ストレスも減る。治療への取り組みが積極的になり、仕事の成果があがり、食事もおいしくなる。

そのようにして、いろいろな要素が相互に影響しあってくることが、頭髪治療ではたいへんよく見られます。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

薄毛・抜け毛と戦うためにはそのタイプを知っておく

「進行する脱毛」と「一時的な脱毛」 「男性型脱毛症」は、ヘアサイクル(毛周期)や遺伝的な素因が関係していて、男性ホルモンの体内変動や、ホルモン受容体の感受性の変化が大きく影響していることがわかってきま …

ナグモクリニック南雲先生も実感!お湯洗髪と水シャワーで薄毛が回復

地肌がいつもかゆく、赤く炎症を起こしていていた ナグモクリニック総院長の南雲吉則先生は、「50代なのに30代に見える医師」ということで、多くの著書を出版していますが、実は長い間、頭髪については悩みを抱 …

頭髪専門のクリニックを訪れた患者さんたちの例

さまざまな人に薄毛の悩みが 20歳過ぎから薄毛が気になり始めて薄毛、脱毛といっても、人によって、そのトラブルや悩みはさまざまです。頭髪専門の医師たちが実際に治療にあたった患者さんのケースを、いくつか見 …

医師が教えてくれる髪にまつわる疑問の答え

遺伝よりも日ごろのケアが髪に影響大! 薄毛や白髪は、加齢や遺伝による自然現象のため、防ぎようがないと思われています。それは、さまざまなヘアケア商品や育毛法が、日々生まれては消え、また生まれていることか …

薄毛、抜け毛はさまざまな理由で起きる

多くの人たちが髪の毛の悩みを抱え込んでいる 若い人たちから、40歳代、50歳代、もっと上の年代まで、男性だけでなく女性でも、さまざまな人たちが、髪の毛の悩みを抱え込んでいます。それでは、そうした薄毛、 …