薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。

簡単手作り育毛剤

頭皮の血行を改善し毛母細胞をよみがえらせるイチョウ葉の育毛剤

投稿日:10月 19, 2017 更新日:

血行促進作用があるイチョウ葉のエキス

髪の毛が抜けたり、こしがなくなったり、フケやかゆみが起きる原因はさまざまですが、それらと密接な関係があるのが、頭皮の血行不良や汚れです。血行が悪くなると毛根に十分栄養が供給されなくなり、髪の毛が細くなったり抜けたりします。

また、頭皮が汚れて炎症が起きると、髪の毛が生えてから抜け落ちるまでの「毛周期」を狂わせて、抜け毛をふやします。

いつまでもフサフサした健康な髪の毛を保つには、ふだんから頭皮の血行をよくし、清潔にして炎症を防ぐことがとても大事ですが、それを助けてくれるのがイチョウ葉の育毛剤です。

 

 

イチョウ葉は、日本でもここ数年話題にのぼるようになりましたが、ヨーロッパでは30年以上も昔からその薬効が知られています。この葉から抽出される十数種類のフラボノイドやテルペノイドという成分には、血行促進作用をはじめ、炎症を抑える作用があります。

とくに脳の血流を改善する働きがあることが注目されています。またフラボノイドには活性酸素を消去して、ガン、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病を予防する働きもあることが最近わかってきました。

そのため、このようなイチョウ葉の抽出成分から作られた薬が、ヨーロッパではすでに動脈硬化や認知症を予防する医薬品として認可され、広く使われています。

さらに、これらの血行促進作用は外用薬として使っても得られるため、ヨーロッパで売られている養毛剤の多くに、このイチョウ葉のエキスが配合されています。

 

 

→髪が健康なうちからイチョウ葉の育毛剤をつけることで薄毛を予防できる

-簡単手作り育毛剤

執筆者:

関連記事

柑橘類の皮に含まれるアミノ酸が毛髪の成長を活性化する

柑橘類の皮に含まれる精油成分d-リモネンが効く 男性ホルモンである 「テストステロン」は「5α-リグククーゼ」という酵素によって 「5α-ジヒドロテストステロン」という物質に変換されます。これが毛乳頭 …

使い始めて4~5日で効果を実感できた「イチョウ葉の育毛剤」

はげあがっていた分け目に黒いしっかりとした毛が生えてきた東京都 55歳 会社員 男性の方の体験談です。 気がつくと床屋で髪をすかれなくなった まだハゲというほどではありませんが、年齢とともに髪が薄くな …

みかんの育毛剤の作り方と使い方

みかんの育毛剤の作り方 ●材料 ・2種類以上の柑橘類(温州みかん、甘夏、伊予柑、はっさく、レモンなど)の皮…50g以上(生の状態で) ・35度のホワイトリカー…15ml ①皮をむく よく水洗いして皮を …

手作り「イチョウの葉育毛剤」で気になっていた薄毛が改善した

地肌が透けて見えた薄毛が改善した東京都 52歳 主婦の方の体験談です。 シャンプーのたびに排水口に抜け毛が 髪の薄さが気になるようになったのは、50才の誕生日を迎えたころでした。お化粧もきちんとして、 …

イチョウ葉の育毛水で薄毛と抜け毛が改善!頭皮の汚れも取れた

わずか2か月でひたいの両サイドの後退と抜け毛が止まった東京都 45才 会社員 男性の方の体験談です。 ひどい抜け毛でひたいのサイドが後退 20代のころは髪もフサフサしていて、薄毛に悩むことなど自分には …