薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


簡単手作り育毛剤

イチョウ葉の育毛剤の作り方

投稿日:

・材料

生のイチョウ青葉…10~15g、センブリ…10g、ソウハクヒ…10g、エタノール…50ml(肌の弱い人は30ml)、グリセリン…15ml、水…500ml

・作り方

①イチョウの青葉を洗って干す

イチョウの青葉は、木からつんだものをよく水で洗ってから、風通しのよい日陰で2~3日干しておく

②細く切る

イチョウの葉、センブリ、ソウハクヒはこまかく切ってまぜておく(センブリ、ソウハクヒはすでにこまかく切った状態で販売されていることも多いので、その場合は切らなくても可)

③ティーバッグに入れる

②を市販のティーバッグに入れる(ティーバッグの大きさにもよるが、だいたい2~3袋になる)

④煎じる

土瓶に水500mlを入れる。土瓶がなければ、土鍋やホウロウ鍋、あるいは耐熱ガラス製のポットを用いてもよい

 

 

⑤煮つめる

最初は強火にかけて、沸騰したらとろ火にし、50~60分かけてお湯の量が1/3くらいになるまで煎じる

⑥調合する

煎じてティーバッグをとり出したら常温になるまで冷まし、エタノールとグリセリンを加えて、よくまぜ合わせればでき上がり。より清涼感のほしい人やにおいの気になる人は、ハッカ油(薬局またはアロマテラピーのお店などで扱っている)を数滴(1~2ml)加える。レモンパームなどのエッセンシャルオイルを加えてもよい

⑦でき上がり

⑥を蓋のある容器に入れて、冷暗所で保存し、1カ月を目安に使い切るようにする。保存する容器は、プラスチック製のものは微量ながら成分がとけ出す可能性があるので、ガラス製のものがよい

保存中に成分が沈殿してくることがあるが、よく振って使えば問題はない。どうしても気になる場合は、ガーゼで何回かこせば沈殿しにくくなる

 

 

-簡単手作り育毛剤

執筆者:

関連記事

頭皮の血行を改善し毛母細胞をよみがえらせるイチョウ葉の育毛剤

血行促進作用があるイチョウ葉のエキス 髪の毛が抜けたり、こしがなくなったり、フケやかゆみが起きる原因はさまざまですが、それらと密接な関係があるのが、頭皮の血行不良や汚れです。血行が悪くなると毛根に十分 …

イチョウ葉の育毛水のQ&A

Q.落葉したイチョウの葉を使ってはいけないの? A.イチョウ葉のフラボノイド効果は6~8月ごろの緑の葉が高く、10月ごろの黄色くなった葉にはほとんど含まれていません。緑の葉がなければ市販の乾燥葉を利用 …

薄い髪が気になり抜け毛も多かったが「イチョウ葉の育毛剤」で改善

ひどかった抜け毛がすぐに止まった東京都 48歳 主婦の方の体験談です。 白髪と抜け毛がふえ一気に老け込んだ 1年ほど前から、生えぎわに白髪がドッと目立つようになってきたんです。それまでも頭頂部のあたり …

みかんの育毛剤の作り方と使い方

みかんの育毛剤の作り方 ●材料 ・2種類以上の柑橘類(温州みかん、甘夏、伊予柑、はっさく、レモンなど)の皮…50g以上(生の状態で) ・35度のホワイトリカー…15ml ①皮をむく よく水洗いして皮を …

柑橘類の皮に含まれるアミノ酸が毛髪の成長を活性化する

柑橘類の皮に含まれる精油成分d-リモネンが効く 男性ホルモンである 「テストステロン」は「5α-リグククーゼ」という酵素によって 「5α-ジヒドロテストステロン」という物質に変換されます。これが毛乳頭 …