薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


女性の薄毛・抜け毛

女性の髪の加齢変化はホルモンのバランスが崩れることが一因

投稿日:

避けられない加齢による変化

「ハリやコシがなくなった」 「パサつきやすくなった」「髪の毛が細くなった」などの女性の髪の加齢変化は、血流が悪くなることと合わせ、女性ホルモンのバランスが崩れることが一因とされます。

もちろん、これらがすべて薄毛へと直結するわけではありませんが、加齢に伴い髪の毛の状態がどう変化するのかを知っておくことは、頭髪チェックをする手助けとなります。

さて、女性ホルモンでよく知られているのが、エストロゲンとプロゲステロン。女性らしい体つきを維持したり、妊娠・出産に大きくかかわるホルモンです。髪の毛を保持するために働くとされるのは、エストロゲンのほうです。

女性ホルモンの分泌は20歳代がピーク。30歳を過ぎると徐々に減少し、45~55歳の更年期に急激に下降を始めます 。加齢に伴いホルモンバランスが崩れるにつれて、髪質にもさまざまな変化があらわれてくるのです。

女性ホルモンとは卵巣から分泌されるホルモンで、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。その分泌量は30代を境に減少。これは避けられない加齢変化です。

 

 

年代別の女性の髪の変化

・20代

女性ホルモン分泌量の頂点に向かう20代は髪の状態も良好。髪のハリやコシ、量の多さはピーク。ただし、質や主には個人差があり、白髪がでてくる人も。

・30代

徐々に髪の毛に波打ったようなうねりがでてくるように。これは髪が乾燥しやすくなり、空気中の水分を含んでしまうためで、指通りの悪さを感じることに。

・40~50代

更年期前後には髪質が低下。閉経後にはそれが顕著になり、薄毛が目立ってくることも。また、白髪が目立って増える人も。

・60代以降

髪の加齢変化は顕著になり、頭皮の乾燥が加速。薄毛が気になり始める人もいるが、健常毛の状態をキープする人も。

 

 

-女性の薄毛・抜け毛

執筆者:

関連記事

40歳代、50歳代の女性の薄毛は女性ホルモンの減少が原因

エストロゲンが急激に減少するころに 40歳代、50歳代という年代に入ってくると、女性ホルモンの急激な減少など、ホルモンバランスの乱れによる心身の大きな変動が起きてきます。いわゆる更年期です。 女性ホル …

薄毛が進んだ女性の悩みは深刻

「髪の毛はあって当然」という気持ち 女性でも、薄毛、抜け毛に悩む人が増えているようです。頭髪専門のクリニックを訪れる患者さんも、1割以上が女性です。薄毛の原因、タイプはさまざまですが、薄毛が進んだ女性 …

40歳代、50歳代女性の薄毛には、発毛を促す治療を中心に

発毛促進、ビタミン、ミネラルを合わせて 女性が薄毛になり、前頭部の髪の毛が頼りなくなってくると、たとえば前髪をアップにするようなスタイルがたいへんセットしづらくなります。 「おかしいな」と感じて、鏡で …

髪の毛は皮膚の一部が変化したもの

頭髪のトラブルは病気のサインの場合も 髪の毛のもつイメージは、女性にとってとても大切なもの。朝、髪型が決まると一日が気分よく始まるのに、逆に、まとまりが悪く納得のいかない髪型ででかけなければならないと …

頭皮に悪い影響を与え、薄毛の原因になる貧血・低血圧・生理不順

貧血や低血圧は血の巡りが悪い 頭皮の毛細血管から毛乳頭に血が巡り、毛母細胞が細胞分裂を繰り返して髪の毛は伸びていきます。十分な血が巡ってくることと細胞分裂が活発に起こっている必要があるということです。 …