薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


女性の薄毛・抜け毛 薄毛について

女性とは違う男性の薄毛原因

投稿日:

男性の薄毛でもっとも多いのがAGA

男性と女性の薄毛の原因は異なるというお話を以前しましたが、ここで男性の薄毛について触れておきましょう。男性の薄毛でもっとも多いのが、AGA(エージーエー)と呼ばれる男性型脱毛症。全国では約1260万人はいるといわれています。

男性型脱毛症は、成人男性にみられる髪が薄くなった状態。DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが、毛母細胞の増殖を抑えて髪の成長をストップさせてしまうのが原因です。これにより、ヘアサイクルの成長期が短くなり、髪の毛が太く成長する前に抜けてしまうのです。

その結果、細く短い毛が多くなり、全体的に薄毛が目立ってしまうというわけです。AGAは進行性なので放置すると薄毛は進みますが、近年治療薬が登場し、改善効果が期待できるようになりました。

女性の場合、閉経を迎えると女性ホルモンが減少し、相対的に男性ホルモンが優位に働く時期があります。この影響で男性型脱毛症がごくまれに女性に起こることもあります。

 

 

男性の薄毛で多いパターンは?

男性型脱毛症には脱毛の進行パターンがある。額の生え際から後退していく、頭頂部から薄くなっていく、前頭部から薄くなっていく、あるいはこれらの混合型があります。

男性ホルモンが薄毛の原因

DHT(ジヒドロテストステロン)は男性ホルモンが姿を変えたもの。これが増えて髪の毛を作るもとを攻撃することで脱毛が起きます。毛球部がこの攻撃に耐えられない場合は、髪の毛が細く弱々しい軟毛になり、薄くなったと感じるようになるのです。

攻撃に耐えられる場合は、太くコシのある硬毛をキープできます。治療法には、塗り薬と飲み薬があります。

-女性の薄毛・抜け毛, 薄毛について

執筆者:

関連記事

薄毛と脱毛症は改善の仕方もまったく違う

効果の出方も違っている 薄毛の改善は生え替わりながら段々と太くなり寿命が長くなっていくので年月がかかり、かつ太さや寿命がゼロになっている毛は生え替わっできません。 女性の相談で、「髪質が変わってしまい …

薄毛、抜け毛が医療の対象になってきた

薄毛、抜け毛の有効な治療薬、治療法が実用化 「髪の毛というのは、あるときは何とも思わないけれど、ないと絶対に困るものです。この悩みは、髪の毛が少なくなった人間にしかわからないでしょうね」-これは、ある …

アレルギー体質の人は育毛剤や発毛剤の使用に注意が必要

皮脂の分泌が少ないと外部からの影響を受けやすい 頭皮の相談室に来られる人・相談メールをいただく人・お電話でご相談される方、これらの方々の体質をお聞きすると、約7割が何らかのアレルギーを持っていらっしゃ …

医学の世界では薄毛をどのように定義しているのか

医学の世界ではどうみているか 医学の世界では薄毛をどのように定義しているのかを調べてみました。 2010年に発表された日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドラインの疾患概念」の説明を要約すると、男性 …

年齢を重ねると誰でも頭皮は衰える

60歳の人が20歳のころの髪の毛に戻るか? 薄毛専門外来に来る人の希望をお聞きすると、たいていの人は薄くなる前に戻りたいといいます。当たり前と言えば当たり前の希望です。ここでよく考えてください。薄毛に …