薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


女性の薄毛・抜け毛

女性の薄毛には6つのタイプがある

投稿日:

頭髪全体が均等に脱毛していくのが多い

女性の薄毛は、男性型脱毛症のように特定の部位から髪の毛が後退するのと違い、頭髪全体が均等に脱毛していくのが特徴です。特に、髪の分け目が透けてみえるようになります。これをびまん性脱毛症といい、クリニックに来院方の多くがこのタイプです。

また、妊娠から出産後にみられるのが分娩後脱毛症です。分娩後脱毛症は、ホルモンバランスの著しい変動によって、一時期かなり抜け毛が目立ちますが、出産後-年から-年半ほどで、抜け毛の量はもとに戻るのが一般的です。

一般的には、一度目の出産後よりも、2度目の出産後のほうがもとに戻るための時間がかかるようです。これは加齢の要因が加わるためだと考えられます。また、高齢出産などで体力の回復が遅い場合は、抜け毛の量がなかなか改善されないこともあります。

ほかにも牽引性脱毛症など、いくつかのタイプがあります 。

 

 

・びまん性脱毛症

女性の薄毛でもっとも多いタイプ。生え際が後退するのではなく、頭髪全体が薄くなり、脱毛部分の境界がはっきりしない。原因は老化、ストレス、極端なダイエット、誤ったヘアケアなどさまざま。

・分娩後脱毛症

妊娠後期には女性ホルモンが増加し抜け毛が減少。このときの頭髪は成長期を維持している状態。しかし、出産後のホルモンバランスの変動により、成長期を維持してきた毛髪が、一斉に休止期に入ってしまうため毛が抜ける。

・牽引性脱毛症

長期間、髪をきつく縛ることで頭皮の決まった部分に負担がかかり、その部分だけ抜け毛に。分け目や強く引っばる部分に起こり、ポニーテール脱毛といわれることもある。

・円形脱毛症

自分の毛根を敵と勘違いしリンパ球が毛根を攻撃する自己免疫疾患の一種。ストレスとの関係がいわれることもあるが、科学的な根拠はいまのところない。保険診療になるケースとならないケースがある。

・脂漏性脱毛症

皮脂の過剰分泌により、頭皮に炎症が生じて起こる脱毛。対処法としては、脂質の少ない食生活に変える、正しいシャンプーを心がける、頭皮を清潔に保つなど。皮庸炎として診断された場合は保険診療になる。

・ひこう性脱毛症

フケが毛穴をふさぐことで炎症などが起き、髪が成長できなくなった状態。シャンプーのし過ぎによる皮脂のとり過ぎが大きな原因。皮膚炎として診断された場合は保険診療の対象になる。

 

 

-女性の薄毛・抜け毛

執筆者:

関連記事

40歳代、50歳代女性の薄毛の悩み

毎日ゆううつで外出するのもイヤだった まず、40歳代、50歳代女性の薄毛の実例として、Cさんのケースをくわしく見てみましょう。 Cさん(50歳代)は、夫と子供のいる家庭の主婦です。頭髪専門のクリニック …

髪の毛は皮膚の一部が変化したもの

頭髪のトラブルは病気のサインの場合も 髪の毛のもつイメージは、女性にとってとても大切なもの。朝、髪型が決まると一日が気分よく始まるのに、逆に、まとまりが悪く納得のいかない髪型ででかけなければならないと …

女性の場合は頭頂部のツムジのあたりからしだいに薄毛が広がっていく

髪の毛は20歳代から細くなり始めている 40歳代、50歳代女性に起きる薄毛、脱毛は、基本的には加齢による脱毛が多いと考えられます。 私たち人間の心身の老化は、目立たなくても、20歳代のころから始まって …

女性の薄毛の原因はひとつではない

女性が薄毛になる6つの要因 髪の毛の役目やヘアサイクルについてはご理解いただけましたでしょうか。それでは女性の薄毛や抜け毛のメカニズムについてご説明しましょう。 前項で説明したヘアサイクルからみると、 …

40歳代、50歳代の女性の薄毛は女性ホルモンの減少が原因

エストロゲンが急激に減少するころに 40歳代、50歳代という年代に入ってくると、女性ホルモンの急激な減少など、ホルモンバランスの乱れによる心身の大きな変動が起きてきます。いわゆる更年期です。 女性ホル …