薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


男性型脱毛症(AGA)について

軽い円形脱毛症は多くは治療しなくても治る

投稿日:

 

原因はまだすべて解明されていない

薄毛の6つのタイプにもありますが、円形脱毛症という病名はとても有名です。10円玉くらいの丸い形のハゲが1~2か所にできるのが円形脱毛症と思っている方がいるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

帯状にできる場合もありますし、頭部の何か所にもできることもあります。特殊な例では、髪の毛だけではなく、眉毛やすね毛など体毛まで抜けてしまうこともあるのです。

円形脱毛症にもいくつかの種類がありますが、直径1cm程度の円形の脱毛が1~2か所に起きる単発型といわれるタイプは、多くは治療しなくても治るとされます。

円形脱毛症はストレスが原因のすべてといわれることも多いのですが、実際はそれだけで起こるものではありません。原因に関してはまだすべて解明されているとはいえませんが、最近の研究で、ひどい円形脱毛症は自己免疫疾患であることがわかっています。また、遺伝も関係しているとされます。

治療ではステロイド剤が使われるのが-般的ですが、それ以外にも液体ちっ素、減感作療法などさまざま治療法があります。現在では、科学的根拠に基づいた治療を確立するため、円形脱毛症の治療ガイドラインも作成されています。

 

 

-男性型脱毛症(AGA)について

執筆者:

関連記事

AGA(男性型脱毛症)以外のさまざまな種類の脱毛症

脱毛症の種類 日本人の平均的な毛髪数は約10万本。自然な抜け毛は1日50~100本程度です。季節に関係なく抜け毛の量が多かったり、頭皮が透けて見えるようなら脱毛症の可能性があります。脱毛症の中で最も多 …

AGAは進行性のため、適切なケアを早めに行うことが大切

男性3人のうち1人はAGA AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症のほか、壮年性脱毛症とも呼ばれます。 日本では30代で10%、40代で30%、60代で50%、平均で …

男性型脱毛症(AGA)の原因になる還元酵素を抑える治療薬

5α-リダクターゼの働きを抑える 男性型脱毛症(AGA)のおもな原因は、「ジヒドロテストステロン」という物質であることがわかってきました。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンが5α- …

軽症や中等症のAGA治療は内服薬、外用薬で

AGA治療の主力となるのは薬です。科学的根拠が示されたものとして、内服薬のフィナステリド(商品名:プロペシア)あるいは、外用剤のミノキシジル(商品名:リアップ)が用いられます。どちらか1つでも効果があ …

AGA対策には「自宅植毛術」や「かつら」という選択肢も

植毛やかつらも薄毛対策には有効 薬による効果は残念ながら全ての人に現れるわけではありません。また、効果に満足できない人もいるでしょう。そうした人に対しては、「自宅植毛術」や「かつら」という選択肢もあり …