薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


簡単手作り育毛剤

イチョウ葉の育毛水のQ&A

投稿日:

Q.落葉したイチョウの葉を使ってはいけないの?

A.イチョウ葉のフラボノイド効果は6~8月ごろの緑の葉が高く、10月ごろの黄色くなった葉にはほとんど含まれていません。緑の葉がなければ市販の乾燥葉を利用しましょう。
Q.煎じるのに鉄瓶やふつうのやかんを使ってはいけない?

A.鉄やアルミニウム、銅などの金属成分は生薬に含まれるタンニンと結合しやすいので使わないでください。必ず土鍋や土瓶、ホウロウ鍋、耐熱ガラス製のものを用いましょう。
Q.イチョウ葉の育毛水は1日に何回つければいいの?

A.この育毛水には抗菌、毛根の脂をとり除く作用があるので、シャンプー後、脂が出る前につけ、翌朝もう一度つけるというように、1日2回以上はつけるようにしましょう。
Q.ほかのヘアケア用品と併用してはいけないの?

A.併用は避けたほうがいいですが、整髪剤はやむを得ません。ただ、パーマやヘアダイ直後は頭皮が荒れている恐れがあるので、1~2日はつけるのを控えましょう。
Q.エタノールやグリセリンは何のために使うのですか?

A.エタノールはアルコールですから、頭皮を消毒する作用がある一方、養毛剤の保存をよくします。グリセリンには頭皮を保護し、髪を保湿する効果があります。

 

 

-簡単手作り育毛剤

執筆者:

関連記事

頭皮の血行を改善し毛母細胞をよみがえらせるイチョウ葉の育毛剤

血行促進作用があるイチョウ葉のエキス 髪の毛が抜けたり、こしがなくなったり、フケやかゆみが起きる原因はさまざまですが、それらと密接な関係があるのが、頭皮の血行不良や汚れです。血行が悪くなると毛根に十分 …

保湿成分にすぐれたヒアルロン酸が毛根の働きを整えて脱毛を防ぐ「卵のうす皮の育毛剤」

抜け毛は毛根の血流と密接な関係がある 東洋医学では、髪の毛のことを「血余(けつよ)」と呼びます。髪の毛は余った血によってつくられている、という意味でしょうか。 なるほど、血余とはよくいったものです。生 …

「みかんの育毛剤」で黒く太い毛が生えてきていて、髪全体にもつやが

使い始めて半年後には黒々とした髪が生えてきた東京都 48才 会社員 男性の方の体験談です。 明らかな効果に美容師だった妻も驚いた 私の髪が薄くなってきたのは、10年ぐらい前からのことです。とくに、頭の …

柑橘類の皮に含まれるアミノ酸が毛髪の成長を活性化する

柑橘類の皮に含まれる精油成分d-リモネンが効く 男性ホルモンである 「テストステロン」は「5α-リグククーゼ」という酵素によって 「5α-ジヒドロテストステロン」という物質に変換されます。これが毛乳頭 …

髪が健康なうちからイチョウ葉の育毛剤をつけることで薄毛を予防できる

髪の毛が健康なうちから予防的に使って イチョウ葉の育毛剤には、イチョウ葉以外にもセンブリとソウハクヒのエキスも含まれています。センブリは山野に自生する1~2年草で、昔から煎じると非常に苦い健胃薬として …