薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について 薄毛・抜け毛の治療

薄毛の治療のポイントは進行を適切に食い止めること

投稿日:

進行を食い止める薬がアメリカで開発され、日本でも使えるようになっている

薄毛が目立ち始める年代は人によって違いますが、男性型脱毛症の大きな特徴は、薄毛、脱毛がいったん始まると、それが年月の経過とともに進行していくことです。

ですから男性型脱毛症への対処にあたっては、薄毛、抜け毛の進行を適切に食い止めること、いわば「ディフェンス(守備)」のための治療が大事なポイントになります。

近年、男性型脱毛症のメカニズムについての研究がかなり進み、遺伝的な素因と、男性ホルモンの体内変動が重要なかかわりをもつと考えられるようになってきました。こういった研究成果をふまえて、男性型脱毛症の進行を食い止める薬フィナステリドがアメリカで開発され、いまでは日本でも使えるようになっています。

このフィナステリドという薬が、どのような仕組みで男性型脱毛症の進行を食い止めるのかを、次から説明していきます。そのためにはまず、人間の髪の毛の構造と、ヘアサイクル (毛周期)、すなわち、私たち人間の髪の毛が成長、脱毛、新しい発毛を繰り返すサイクルについて、簡単に見ておくことにしましょう。

 

 

 

-薄毛について, 薄毛・抜け毛の治療

執筆者:

関連記事

皮脂が多い人・少ない人で違う、髪の毛を育てる力

皮脂の分泌能力で髪の毛を育てる力がわかる 育毛専門外来の相談室では、初回のご相談時には頭皮をお湯だけで洗います。お湯だけで洗うのが一番自然で、その方の頭皮の現状が分かるからです。本来の意味でのヘッドス …

体温が低いと薄毛になりやすい

体温が低いと髪の毛に元気がない 髪の毛は、毛母細胞の中で酵素の触媒によって、アミノ酸が髪の毛に変換されて伸びていきます。この酵素の働きが弱いと、中身の粗い髪の毛にしかならず、腰のあるしっかりした髪の毛 …

太っていると薄毛になりやすいのか

統計的に見ても肥満体型の人が多い 「チビ、デブ、ハゲ」というのは昔から三重苦と言われ、嫌な特徴の代名詞としてひとくくりにされることが多いものです。そのコンプレックスにつけ込み、お金を巻き上げる業者が多 …

ナグモクリニック南雲先生も実感!お湯洗髪と水シャワーで薄毛が回復

地肌がいつもかゆく、赤く炎症を起こしていていた ナグモクリニック総院長の南雲吉則先生は、「50代なのに30代に見える医師」ということで、多くの著書を出版していますが、実は長い間、頭髪については悩みを抱 …

茶髪は薄毛・抜け毛の原因になるのか

はっきりいって頭髪にいいものではない 髪を金色や茶色に染めた、いわゆる”茶髪”が若い人の間ではやりはじめたのは、20年くらい前からでしょうか。黒や焦げ茶系に見慣れている日本人の目から見れば、金髪という …