薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について 薄毛・抜け毛の治療

薄毛の治療のポイントは進行を適切に食い止めること

投稿日:

進行を食い止める薬がアメリカで開発され、日本でも使えるようになっている

薄毛が目立ち始める年代は人によって違いますが、男性型脱毛症の大きな特徴は、薄毛、脱毛がいったん始まると、それが年月の経過とともに進行していくことです。

ですから男性型脱毛症への対処にあたっては、薄毛、抜け毛の進行を適切に食い止めること、いわば「ディフェンス(守備)」のための治療が大事なポイントになります。

近年、男性型脱毛症のメカニズムについての研究がかなり進み、遺伝的な素因と、男性ホルモンの体内変動が重要なかかわりをもつと考えられるようになってきました。こういった研究成果をふまえて、男性型脱毛症の進行を食い止める薬フィナステリドがアメリカで開発され、いまでは日本でも使えるようになっています。

このフィナステリドという薬が、どのような仕組みで男性型脱毛症の進行を食い止めるのかを、次から説明していきます。そのためにはまず、人間の髪の毛の構造と、ヘアサイクル (毛周期)、すなわち、私たち人間の髪の毛が成長、脱毛、新しい発毛を繰り返すサイクルについて、簡単に見ておくことにしましょう。

 

 

 

-薄毛について, 薄毛・抜け毛の治療

執筆者:

関連記事

薄毛・抜け毛の治療はどのくらいの成果で納得できるのか

薄毛・抜け毛を簡単にあきらめてしまわずに 男性型脱毛症は、20歳代、30歳代といった若い年代でも起こることがあり、「硬毛の軟毛化」がいったん始まると、脱毛が増え、毛が細く短くなり、全体的に毛量が減って …

医学の世界では薄毛をどのように定義しているのか

医学の世界ではどうみているか 医学の世界では薄毛をどのように定義しているのかを調べてみました。 2010年に発表された日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドラインの疾患概念」の説明を要約すると、男性 …

茶髪は薄毛・抜け毛の原因になるのか

はっきりいって頭髪にいいものではない 髪を金色や茶色に染めた、いわゆる”茶髪”が若い人の間ではやりはじめたのは、20年くらい前からでしょうか。黒や焦げ茶系に見慣れている日本人の目から見れば、金髪という …

フィナステリドによる「脱毛抑制」治療

「進行する脱毛症」とそのメカニズム 薄毛、抜け毛は、若い年代から中高年の人たちまで、男性だけでなく女性にも、たいへん幅広い人たちにかかわっているトラブルです。そのような薄毛、抜け毛の悩みを改善していく …

呼吸が浅いと頭皮が柔らかく血流が滞っている

頭皮のために大きく深呼吸を 毛髪のの相談室に来る人の職業で一番多いのは、システムエンジニアをしている人です。一日中パソコンを触っていることが多いので、どうしてもうつむき加減になりやく、腕を常に前に持っ …