薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


男性型脱毛症(AGA)について 薄毛について

髪の毛の構造とヘアサイクル

投稿日:

毛母細胞が分裂を繰り返して

まず、私たち人間の髪の毛の構造を見ておきます。大きく分けて、皮膚の中にもぐり込んで外からは見えない部分(毛根)と、皮膚の外に出ている部分(毛幹)があります。草花でいえば、皮膚が地面、毛根は土の中に伸びていく根っ子、毛幹が植物の幹にあたるということです。

毛根は、毛包というサヤのような膜に包まれ、毛包の上部に付属する皮脂腺が皮脂を分泌しています。毛根の下部は卵形にふくらんでいて(毛球)、毛球の底のくぼんだ部分に髪の毛の生産工場にあたる毛乳頭があります。

毛球には、髪の毛を成長させる毛母細胞が詰まっています。毛母細胞は、毛乳頭に通じている毛細血管から栄養を吸収し、分裂を繰り返して上に伸び、毛幹部分、つまり私たちがふだん「髪の毛」と呼んでいる部分を作っています。

髪の毛の成長のためには、頭皮周辺の血流が良好であること、毛母細胞の活性が十分に高いこと、などが重要であると考えられています。

毛幹は、もっとも外側で表面を覆い包む1000分の1ミリ程度の薄い膜の毛小皮(キューテイクル)、髪の毛の大部分を占める毛皮質(コルテックス)、髪の毛の中心部分を占める毛髄質(メデュラ)という三つの層でできています。

 

 

伸びて、抜けて、また生える

日本人の髪の毛は頭部全体で約10万本あり、毛母細胞の分裂によって、休止期までの一定期間、成長して伸び続けます(成長期)。髪の毛の成長期の長さは2~8年といわれますが、毛髪専門の医師は、ふだん患者さんには、「健康な人の髪の寿命は5~7年」と説明しています。

毛根部分での毛母細胞の分裂は、一定期間の後に停止し、退行期(約2週間)を経て休止期(約3カ月)に入り、やがて抜け落ちます。そして、また成長期が始まり、新しい髪の毛が生えてきます。

私たち人間の髪の毛は、このように、成長期、退行期、休止期を経て、髪の毛が伸び、抜け落ちて、また新しい毛が生えてくるということを繰り返しています。これをヘアサイクル(毛周期)と呼んでいます。

通常、頭部の髪の毛の約1割が、休止期の状態に入っているといわれます。全体で10万本のうちの1割ですから、1万本が3カ月の休止期のなかで抜け落ちていくことになります。もちろん毎日同じ本数が抜けるわけではありませんが、平均すると1日に100本程度の髪の毛が抜けていることになります。

また、毛の太さは、思春期から20歳前後まで太くなり、それ以降は30歳、40歳、50歳と年をとるにつれて細くなり、伸びる速度も遅くなります。

 

 

気になるときは、早めに医師に相談を

頭髪専門のクリニックを訪れる患者さんのなかで、「抜け毛が毎日何十本もある。このままではそのうち髪の毛がなくなってしまうんじゃないかと、心配でたまらない」などと訴えてくる人がいます。

抜ける毛もあれば、新しく生えてくる毛もあります。毛が生えてくるところを目にすることはなかなかできませんが、洗髪時の抜け毛などは目に見えますので、不安をつのらせてしまう気持ちも理解できます。

しかし、いま説明したように、1日に数十本から100本程度の抜け毛は、ヘアサイクルによって私たち人間の体に起きている自然な出来事です。また、ある程度の年齢になって、髪の毛が細くなった、コシが弱くなった、ボリューム感が落ちたなどと感じるのも、やはり人間の体にとって自然なことです。

どちらも、それだけですぐに病気や異常というわけではないことを、知っておいてほしいと思います。

ただし、薄毛や抜け毛が目立つ場合、医学的な治療をしたほうがいい脱毛症によるものであることもあります。

短い月日の間に髪の毛の総量が極端に減った。脱毛量がたいへん多い。ある部分だけ毛が細くなった。髪の毛の伸びが明らかに遅くなった。などと感じた場合、気になるときには、一人で悩んでばかりいないで、早めに専門家に相談するのも大切なことです。

現在、日本の医療機関のなかで、薄毛や脱毛を受け持っているのは、おもに皮膚科の医師です。誰かに相談してみようというときには、近隣の皮膚科医を訪ねたり、あるいはまず、なじみのかかりつけ医に話してみるのも一つの方法です。

 

 

-男性型脱毛症(AGA)について, 薄毛について

執筆者:

関連記事

薄毛、抜け毛の進行をできるだけ遅らせるという考え方

加齢による薄毛、抜け毛をできるだけ抑える いま起きている薄毛、抜け毛が「進行する脱毛」であれば、まずその進行をなんとかして食い止めることはできないかと、考える必要があります。たとえ完全に食い止められな …

医師が教えてくれる髪にまつわる疑問の答え

遺伝よりも日ごろのケアが髪に影響大! 薄毛や白髪は、加齢や遺伝による自然現象のため、防ぎようがないと思われています。それは、さまざまなヘアケア商品や育毛法が、日々生まれては消え、また生まれていることか …

頭皮に悪い影響を与え、薄毛の原因になる貧血・低血圧・生理不順

貧血や低血圧は血の巡りが悪い 頭皮の毛細血管から毛乳頭に血が巡り、毛母細胞が細胞分裂を繰り返して髪の毛は伸びていきます。十分な血が巡ってくることと細胞分裂が活発に起こっている必要があるということです。 …

妊娠・出産で薄毛になる

元に戻らない人が増えてきた 妊娠出産が薄毛のきっかけになることがあります。女性は妊娠すると抜け毛が減る傾向にありますが、出産をすると減っていた抜け毛が一気に増えて一時期薄毛になります。 ホルモンのバラ …

頭髪専門のクリニックを訪れた患者さんたちの例

さまざまな人に薄毛の悩みが 20歳過ぎから薄毛が気になり始めて薄毛、脱毛といっても、人によって、そのトラブルや悩みはさまざまです。頭髪専門の医師たちが実際に治療にあたった患者さんのケースを、いくつか見 …