薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


間違っている薄毛対策

薄毛人口の増加で発毛剤が売れ続けている

投稿日:

発毛効果のない商品が多数存在している?

不景気と呼ばれていますが、現在でも順調に利益を上げている市場があります。

それは、薄毛対策に関する市場です。

とある近年の調査によれば、日本のヘアケア市場の規模は4000億円以上。これは、2012年の市場調査で世界1位となった日本の音楽市場(CD、配信サービスなどの売上高)と同規模の数字です。

CDと同じように、発毛剤が売れ続けているのです。薄毛人口の増加、アンチエイジング指向の高まりなどから、当面はこの盛況が続くと予想されます。

データの裏づけがなくとも、テレビをつければその盛況ぶりがわかるはずです。発毛・育毛に関する商品のCMを見ない日はないと言っても過言ではありません。不景気の影響で高額なテレビCMを流す企業が大きく減っている中、発毛・育毛業界の大手数社はその資金力にものを言わせてどんどんCMを打っています。

見方によってはそれだけ薄毛に悩む人が多いともとれますが、もしあらゆる育毛剤や育毛法に本当に効果があるとするなら、薄毛に悩む人はとうにいなくなっていると思いませんか?

 

 

なぜこれだけの対策があふれているのに、市場が締まらないのか。それはきわめて単純な理由で、発毛効果のない商品が多数存在しているからです。

長年、薄毛治療について研究してきた医師は、世の中で大々的に宣伝している商品や育毛増毛法で、医学的根拠のあるものをほとんど知りません。

業界的にも、「地肌ケア」や「スカルプケア」というなんだか響きのいい言葉で消費者に対しアピールしているようですが、はっきり言えば、頭の汚れを落としたり、頭皮をきれいに保ったりするだけでお手軽に薄毛が治るなら、誰も悩んだりしません。ただ頭を洗い、マッサージすればいいだけの話です。

これらの言葉で消費者を煽っているところに医療機関はありません。それぞれの企業が「独自の」方法で取り組んでいるわけですが、そのいずれもが医学的に認められているやり方を用いているわけではないのです。

また、古くから伝わる民間療法でも、やはり「よさそうなイメージ」ばかりが先行し、根拠のないものが数多く見られます。昔ならともかく、現代は薄毛に関しても医療が格段に進歩し、民間療法においても誤ったものがあることもわかっています。

毒にも薬にもならない方法ならまだいいとして、中には抜け毛を助長してしまうような民間療法もありますから、注意が必要です。

 

 

-間違っている薄毛対策

執筆者:

関連記事

発毛・育毛サロンで薄毛は治るのか

それぞれの業者が独自に発案した薄毛対策を行っている 「発毛・育毛サロン」と聞けば、なんだか薄毛の専門家のような気がするでしょう。そもそも「サロン」という言葉のもともとの意味は、広接間や談話室など人が集 …

太っていると薄毛になりやすいのか

統計的に見ても肥満体型の人が多い 「チビ、デブ、ハゲ」というのは昔から三重苦と言われ、嫌な特徴の代名詞としてひとくくりにされることが多いものです。そのコンプレックスにつけ込み、お金を巻き上げる業者が多 …

発毛・育毛にまつわるトラブルが最近増えている

「発毛」という言葉は医療機関でしか使えない 現在の発毛・育毛業界は、本当に信用できるのでしょうか。。 人の弱みにつけ込んで、コンプレックスを煽り立て、高いお金をとる金儲け主義の企業がごまんといて、薄毛 …

「増毛法」は、カツラを買わせるための手段でしかない

「増毛法」から試そうとする人は多い 薄毛対策でもっともメジャーなもののひとつであるカツラですが、カツラ業界にも、金儲けのからくりが存在します。カツラを扱う会社は、大手であればほとんどのところが「増毛」 …

40代前半男性、薄毛の悩みと対策

何より鏡を見るのが嫌だった 30半ばに差しかかった頃から、薄毛が気になるようになりました。シャンプーをすると、排水口が真っ黒になるくらい毎日毛が抜けるようになり、頭を手ぐしで撫でたときにも明らかに髪が …