薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


間違っている薄毛対策

医療機関でないところが薄毛治療を行うのは日本だけ

投稿日:

国の定める医療機関でないところがCMを流している

薄毛の人をターゲットとした、ヘッドスパなどもよく見かけます。他人に頭を洗ってもらうと、確かに気持ちがいいものです。ヒーリング効果もあるでしょう。しかも相手が美しい女性なら男性はさらに癒やされ、悩みを聞いてもらったりしたら、しよっちゅう通ってしまうのではないでしょうか。

事実、そういうビジネスモデルのサロンは多数存在します。もっともその価値を決めるのはお金を支払う側の満足度ですから、これらの存在自体は否定されせん。

しかし、そこが「発毛」を売り文句にしているとすれば、話は違います。ストレスが解消されるのは確かに髪にもいいのですが、発毛に直接つながるわけではないため、いくら通っても施術の直接的な効果で髪が生えることはないからです。

 

 

医師という立場から見た場合でも、おかしなことがいくつもあります。

医療機関でないところが発毛・育毛施術をやっているのは、世界を見渡しても日本だけです。医学的な根拠のない商法や手法がなぜ大々的にまかり通り、利用者が絶えないのか。それには、広告に関するからくりがあります。

医師が従事するクリニックは、医療法・薬事法により広告規制がかけられています。特定の医薬品や具体的な治療法をテレビで宣伝することはできません。しかし発毛・肯毛・増毛に関しては具体的な施術を紹介しながらのCMが数多く流れているのはご存じの通りです。

それは、施術を紹介しながらCMを流しているところが、国の定める医療機関でないからに他なりません。もしCMでクリニックと謳っていても医師はひとりもいませんし、医学的根拠のある治療は行えず、薬も処方できません。

 

 

-間違っている薄毛対策

執筆者:

関連記事

カツラを被ると自毛が減る「カツラの負のスパイラル」

カツラを購入したあとも、まだまだお金を搾りとられます。 いったんカツラを被ると、自分が薄毛であることを知らない人の前では、もう脱げなくなります。 AGAの場合、頭の側面の髪は伸びてきますが、髪を切るの …

「増毛法」は、カツラを買わせるための手段でしかない

「増毛法」から試そうとする人は多い 薄毛対策でもっともメジャーなもののひとつであるカツラですが、カツラ業界にも、金儲けのからくりが存在します。カツラを扱う会社は、大手であればほとんどのところが「増毛」 …

頭皮のマッサージはやり方を間違えると髪の毛が無くなります

マッサージの目的を勘違いしないように 「頭皮が柔らかいと良いと聞いたので、マッサージで頭皮を柔らかくしました」といった方の頭皮を見たことがあります。毛は産毛かそれに近いくらいにしか伸びていませんでした …

発毛・育毛にまつわるトラブルが最近増えている

「発毛」という言葉は医療機関でしか使えない 現在の発毛・育毛業界は、本当に信用できるのでしょうか。。 人の弱みにつけ込んで、コンプレックスを煽り立て、高いお金をとる金儲け主義の企業がごまんといて、薄毛 …

薄毛人口の増加で発毛剤が売れ続けている

発毛効果のない商品が多数存在している? 不景気と呼ばれていますが、現在でも順調に利益を上げている市場があります。 それは、薄毛対策に関する市場です。 とある近年の調査によれば、日本のヘアケア市場の規模 …