薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


間違っている薄毛対策

「増毛法」は、カツラを買わせるための手段でしかない

投稿日:

「増毛法」から試そうとする人は多い

薄毛対策でもっともメジャーなもののひとつであるカツラですが、カツラ業界にも、金儲けのからくりが存在します。カツラを扱う会社は、大手であればほとんどのところが「増毛」も併せて行っています。

この増毛とは、今ある毛の根元に人工毛を結びつけ1本を数本に見せる、いわゆるエクステのようなものです。カツラは高価ですし、いきなり被ることに抵抗のある人もいますから、若い時期に薄毛になった場合、手軽に局所的に毛が増えるイメージのある「増毛法」から試そうとする人は多いでしょう。

ところが、この増毛法が落とし穴です。薄毛が始まり、ただでさえ細くなっている髪の毛に人工毛を結わえつけるわけですから、髪が伸びてくると結び目がくしに引っかかるなどして髪が引っ張られるようなことが日常的に起こります。

その結果として、何が起こるか。髪の毛が、拍車をかけて抜けていくのです(牽引性脱毛症と呼びます)。

明らかに抜け毛が増えますから、それに気づいたときに「こんなことは聞いていなかった、最初に説明を受けていたら増毛法などやらなかった」とクレームをつける人も多いはずです。私もクレームを入れたのですが、もう髪の大部分がなくなってしまい、あとの祭りといったところです。

 

 

試しに一度被ってしまったらもうおしまい

そしてこのクレーム対応術が、またすごい。クレームを入れても、相手の会社はまったく動じません。まるでクレームがくることがわかっていたかのような落ち着きぶりで、丁寧に謝りながら話を聞いてくれます。

抜け毛を助長したのは自社の増毛法であるはずなのに、いつしか「悪いのは増毛法ではなく薄毛。みんな薄毛が悪い。でもそのコンプレックスに負けちゃ駄目だ。つらい気持ちは誰よりもよくわかるけれど、私たちはそれでも前を向き、力を合わせて薄毛に対抗しなければいけない」という方向に話が流れていくのです。

いつの間にか敵が味方になったところで、満を持して登場してくるのが、カツラです。「参考までに、弊社ではこういう商品もあります」というわけです。

最初はさすがに抵抗感があるのですが、試しに一度被ってしまったらもうおしまい。日本のカツラは品質が高く、装着したあとの仕上がりも自然です。それをつけた鏡の申の自分は、追い求めていた「髪がふさふさな」容姿をしています。「これこれ! これがほしかった」と思わない人はいないでしょう。

カツラを被らざるを得なくなった

このクレームからセールストークまでの流れが、こういった会社の真骨頂。人生経験の少ない若者などは、その日のうちにカツラの契約をしてしまいます。増毛治療コースの顧客リストが、そのままカツラを売るための「お得意様リスト」となるのです。

カツラを売ること自体は、もちろん悪いことではありません。許せないのは、増毛法で抜け毛を助長するようなことをしたあとに、カツラ販売をすることです。増毛法であれだけ毛が抜けると知っていたら、誰が増毛法を試すでしょうか?

自分の毛がそこまで薄くならなければカツラには手を出しませんから、結果的には増毛法のおかげでカツラを被らざるを得なくなったという人もたくさんいるはずです。

薄毛専門ののクリニックには、実際にこのような会社でセールスを経験してから転職してきたスタッフもいます。彼らが転職した理由を聞くと「違法ではないにせよ、お客さまをだますようなことを続けるのに耐えられなくなった」と口を合わせて答えました。

 

 

-間違っている薄毛対策

執筆者:

関連記事

カツラを被ると自毛が減る「カツラの負のスパイラル」

カツラを購入したあとも、まだまだお金を搾りとられます。 いったんカツラを被ると、自分が薄毛であることを知らない人の前では、もう脱げなくなります。 AGAの場合、頭の側面の髪は伸びてきますが、髪を切るの …

医療機関でないところが薄毛治療を行うのは日本だけ

国の定める医療機関でないところがCMを流している 薄毛の人をターゲットとした、ヘッドスパなどもよく見かけます。他人に頭を洗ってもらうと、確かに気持ちがいいものです。ヒーリング効果もあるでしょう。しかも …

発毛・育毛にまつわるトラブルが最近増えている

「発毛」という言葉は医療機関でしか使えない 現在の発毛・育毛業界は、本当に信用できるのでしょうか。。 人の弱みにつけ込んで、コンプレックスを煽り立て、高いお金をとる金儲け主義の企業がごまんといて、薄毛 …

100%絶対大丈夫な製品や方法があるはずだ、という薄毛に関する間違った認識

効果を求めるあまり頭皮と心身が疲れてしまう 世の中に、絶対に大丈夫というような製品や方法はありません。あるのは、100人のうち何割くらいの人に効果が望めるか、ということだけです。 いろんな情報を見てい …

「育毛の効果」と「産毛」に関する勘違い

育毛の効果があれば増えるは幻想 効果とは裏を返せば負担です。効果の高い製品・方法は、強い負担を与える結果に繋がります。元々薄毛になるような頭皮は、頭皮の栄養状態が悪くなるほど頭皮や心身が弱っているので …