薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


髪の毛について

髪の毛のケア、効果が出るまで時間がかかる?

投稿日:

 

変えることができるのは、未来に生え替わってくる髪の毛

今あなたの頭皮に生えている髪の毛や今生え出そうとしている髪の毛・毛穴内部に育っている髪の毛は、すべて昨日までの頭皮の影響で育った過去のものです。過去のものは変えることはできません。

「え? 今生えでいる毛を変えることができるのではないの?」と思っている人は、今生えている毛を何とかしようとして、これまでにいろいろと取り組んで頭皮にダメージを与えた可能性があります。変えることができるのは、未来に生え替わってくる髪の毛です。

例えば、薄毛でない人が今生えている髪の毛にカラーをしても薄毛になりません。

ところが、定期的にカラーをしていると、頭皮や毛を作る組織に悪影響が及んで、次に生え替わってくる未来の毛から順番に影響が出てきます。

 

 

髪の毛は、毛穴内部で次に生え替わるために生まれて熟成している期間(約4カ月)の頭皮の栄養状態によって、どこまで育つか左右される性格があります。

そのためケアを始めて4~6カ月くらいは、すべて今までの影響で育っている毛ばかりなので、ケアを始めた時からすぐ効果に繋がるなんてことはほとんどないものなのです。

また、生まれ替わらないとダメということは、効果の出方は生え替わるサイクルに従うということです。

男性なら2年~3年、女性なら4年~5年が生え替わりのサイクル(すべての髪の毛が生まれ替わる)と言われているので、本当に髪の毛が増えるようになるには、最低でもこのくらいの年月がかかるのです(薄毛が表面化する際にも、実際上頭皮や毛穴内部ではこれ以上の年月がかかっています)。

髪の毛はすべて過去のものなので、今すぐに変えることはできません。でも、頭皮の栄養状態が良くなるように、心・体・頭皮のケアをちゃんと習慣付ければ、未来の髪の毛から変えることができるのです。

 

 

-髪の毛について

執筆者:

関連記事

体温が低いと薄毛になりやすい

体温が低いと髪の毛に元気がない 髪の毛は、毛母細胞の中で酵素の触媒によって、アミノ酸が髪の毛に変換されて伸びていきます。この酵素の働きが弱いと、中身の粗い髪の毛にしかならず、腰のあるしっかりした髪の毛 …

頭皮は3つの層からできている

髪は頭皮の皮膚細胞が変化したもの 髪は頭皮から生えていますが、もともとは頭皮部分の皮膚細胞が毛乳頭や毛母細胞に変化したものです。 皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の三層と毛・爪・汗腺などの付属器官によって …

毛穴の数は生まれつき決まっている

見た目が薄い場合は、一本一本の髪を太く 日本人の場合、成人した人の髪の本数は、10万本前後といわれています。1平方cmに生えている髪の本数はざっと150本。髪の生えている面積が700平方cmとすれば、 …

髪の最盛期は男性で20歳、女性で25歳

赤ちゃんの髪は未完成 髪は「成長期」「退行期」「休止期」というヘアサイクルを繰り返しています。では、人間の生涯の中でどういう変化をたどるのでしょうか。 まず、赤ちゃんの髪は一般的に細く、ふわふわと頼り …

白髪が増えてきたからといって、脱毛が促進されるわけではない

白髪のあとに黒髪が生えてくるということはありえない 白髪が生えてくると、周囲の髪に広がらないようにといって、抜く人をみかけます。 一本だけが白髪になるということはなく、その周辺も白くなっていくので、「 …