薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

薄毛と脱毛症は改善の仕方もまったく違う

投稿日:

効果の出方も違っている

薄毛の改善は生え替わりながら段々と太くなり寿命が長くなっていくので年月がかかり、かつ太さや寿命がゼロになっている毛は生え替わっできません。

女性の相談で、「髪質が変わってしまい私の髪の毛じゃないみたいになってしまった」と医師に訴えることがよくあります。

これはまさに生え替わることで自身本来のの髪の毛が無くなっていき、段々と生え替わってきて、次の段階に生え替わることで、細くなり中身の詰まっていない髪の毛にしか育たなくなってきているからです。

一方、脱毛症は太さや寿命がゼロにはなっていないので、血流が戻ると元の毛が一気に発毛してきて1年程度で見違えるように元通りに戻ります。

抗がん剤の副作用で脱毛してしまった場合、成長途中で抜けてしまっているだけなので、抗がん剤を止めると一気に元の毛が発毛してきて元に戻るのです。

以上のように、薄毛と脱毛症は進行の仕方も違うし、改善の仕方もまったく違うので同列に見てはいけません。効果の出方も違っているのです。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

薄毛・抜け毛と戦うためにはそのタイプを知っておく

「進行する脱毛」と「一時的な脱毛」 「男性型脱毛症」は、ヘアサイクル(毛周期)や遺伝的な素因が関係していて、男性ホルモンの体内変動や、ホルモン受容体の感受性の変化が大きく影響していることがわかってきま …

子供に多い脱毛症とは

食生活の変化とストレスが原因 子どもと脱毛はあまり結びつかないと思われるかもしれませんが、最近は増えています。病気などによるものではなく、いわゆる”ハゲ”といわれる症状に悩んでいる子どもが、実際に頭髪 …

髪の毛を育てる力が強い人とは?弱い人とは?

皮脂の分泌能力が高い人は抜け毛が多い 人には髪の毛を育てる力の強い人と弱い人がいます。そのうち弱い人の方が薄毛になりやすく、一度薄毛になると改善には時間と手間がかかります。 反対に髪の毛を育てる力の強 …

薄毛、抜け毛はさまざまな理由で起きる

多くの人たちが髪の毛の悩みを抱え込んでいる 若い人たちから、40歳代、50歳代、もっと上の年代まで、男性だけでなく女性でも、さまざまな人たちが、髪の毛の悩みを抱え込んでいます。それでは、そうした薄毛、 …

医師が教えてくれる髪にまつわる疑問の答え

遺伝よりも日ごろのケアが髪に影響大! 薄毛や白髪は、加齢や遺伝による自然現象のため、防ぎようがないと思われています。それは、さまざまなヘアケア商品や育毛法が、日々生まれては消え、また生まれていることか …