薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

医学の世界では薄毛をどのように定義しているのか

投稿日:

医学の世界ではどうみているか

医学の世界では薄毛をどのように定義しているのかを調べてみました。

2010年に発表された日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドラインの疾患概念」の説明を要約すると、男性型脱毛症の定義はこのようになります。

①成長期が短くなって生えていない期間が長い毛穴が多くなる

②成長しなくなる毛が増える(伸びなくなる、刺さっているだけの毛が増える)

③前頭部(おでこの上)と頭頂部(頭のてっぺん~つむじ周辺)の毛が軟毛化して細く短くなる

④結果として、額の生え際が後退し頭頂部(頭のてっぺん~つむじ周辺)の毛が無くなってしまう現象

生え替わりながら成長期が短くなることと成長しなくなること・軟毛化すること・細く短くしか伸びなくなって抜けてしまうと定義しているのに、これを脱毛症と表現しています。

薄毛というべき症状を脱毛症と呼んでいるのが問題で、症状と定義があいまいになっているのでケア法を間違えるのです。男性型脱毛症ではなく男性型薄毛と表現すべきです(女性の場合は女性型薄毛)。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

頭皮に悪い影響を与え、薄毛の原因になる貧血・低血圧・生理不順

貧血や低血圧は血の巡りが悪い 頭皮の毛細血管から毛乳頭に血が巡り、毛母細胞が細胞分裂を繰り返して髪の毛は伸びていきます。十分な血が巡ってくることと細胞分裂が活発に起こっている必要があるということです。 …

薄毛、抜け毛の進行をできるだけ遅らせるという考え方

加齢による薄毛、抜け毛をできるだけ抑える いま起きている薄毛、抜け毛が「進行する脱毛」であれば、まずその進行をなんとかして食い止めることはできないかと、考える必要があります。たとえ完全に食い止められな …

女性の薄毛は加齢やホルモンバランスが本当の原因か?

あらゆる世代の女性の薄毛が増えている ここ5年か10年くらい、50歳以上の年配の女性をターゲットにしたウィッグ(かつら)のテレビCMをかなりの頻度で見るようになりました。また、美容健康関連の雑誌でも、 …

薄毛と脱毛症は同じものではありません

薄毛と脱毛症は改善の仕方が違う あなたの毛は抜けますよね。「私は毎日1本も毛が抜けなくて、フサフサなのです」というような人はいないと思います。いるなら、ぜひともお会いしてみたいものです。 毛は誰でも毎 …

帽子をかぶると薄毛になるというのは本当か

髪にとってはマイナス要因になる 帽子屋さんに怒られそうですが、まるっきり関係がないというわけではありません。帽子そのものが悪いのではなく、長時間・長期間かぶると、どうしても頭皮が蒸れた状態になります。 …