薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について 髪の毛について

皮脂を取ると育毛環境が悪くなる

投稿日:

皮脂を取とるケアはマイナス面が大きい

育毛を指導している先生に「皮脂(皮膚を覆っている脂)を取るケアはマイナス面が大きく、頭皮の育毛環境を悪くする」と教えてもらいました。

医師に相談している方のほとんどが皮脂を取って頭皮を綺麗にしていて、そのうち8割程度の人が発毛剤・育毛剤を使い、育毛サロンに通っていました。それと同時に、頭皮が赤いとか痒いとか何らかの異常を訴えていたのです。

なぜ皮脂(皮膚を覆っている脂)を取ると育毛環境が悪くなるのでしょうか? それは皮膚の構造をみると分かります。

人の皮膚は何層ものバリア構造を作っていて、一番外側に角質層があり、その角質層の隙間を埋めるように細胞間脂質(セラミド)があって、それらを覆うように皮脂膜(皮膚を覆っている脂)で覆われているのです。お風呂に入った時お肌が水を弾くのは、この皮脂膜のおかげなんですね。

健康な皮脂膜は、有害物質の侵入と細菌の感染を防ぎ、無駄な水分蒸発を防ぎ保湿作用があって角質層の水分保持に役立っているのです。また、汗と皮膚常在菌(善玉菌)の産生物質(排泄物)と混ざり合い、弱酸性に保つことで殺菌作用を持っています(弱酸性では悪玉菌は増えない)。

 

 

皮脂膜は重要な保護膜

こうして見ると、皮脂と汗と皮膚常在菌は、人の体を守るために必要なものだと分かります。皮脂は人が生きでいくために必要な分泌物ですから、取ると再度分泌されます。週に1回程度皮脂を取るようなシャンプーをしでも、再度分泌されるので皮膚のバリア構造はほぼ崩れません。

皮脂は人が体の内部から分泌する脂=液体なので、詰まることもないのです。たとえ角質と混ざって角栓になったとしても、頭皮の毛穴は顔の毛穴の2倍か3倍くらいあるので詰まりません。例えは悪いですが、ニキビ顔の高校球児でも頭皮がニキビだらけになっていないのは、頭皮の毛穴は詰まらないことの証明です。

また、毛穴にも人が生きるための重要な働きがあります。皮脂の分泌にも必要ですし、体温調節にも必要な器官で、老廃物を排泄する器官でもあります。だから毛穴が詰まることはないのです。ただし、毛穴や皮膚は呼吸器官ではありません。もし、毛穴が角栓で詰まることがあるなら、毛穴の排泄能力を衰えさせた時です。

皮脂は人が生きるために必要な分泌物であり、毛穴は詰まることはないということです。

 

 

-薄毛について, 髪の毛について

執筆者:

関連記事

「育毛の効果」と「産毛」に関する勘違い

育毛の効果があれば増えるは幻想 効果とは裏を返せば負担です。効果の高い製品・方法は、強い負担を与える結果に繋がります。元々薄毛になるような頭皮は、頭皮の栄養状態が悪くなるほど頭皮や心身が弱っているので …

薄毛、抜け毛の進行をできるだけ遅らせるという考え方

加齢による薄毛、抜け毛をできるだけ抑える いま起きている薄毛、抜け毛が「進行する脱毛」であれば、まずその進行をなんとかして食い止めることはできないかと、考える必要があります。たとえ完全に食い止められな …

抜け毛が減っても薄毛は改善しない

髪の毛はあなたの細胞のひとつ 「毛が抜けて薄くなっちゃった」「残っている大事な毛なんだから引っ張らないでよ」なんて、薄毛の芸人が叫んで笑いをとっていたりします。 こんな場面を見ていると、抜けると薄毛に …

一度抜けてもケアを続けていけば、髪はどんどん生えてくる

根気よく活性化をはかっていくと自分の髪を取り戻せる 脱毛症が治らないからといって、毛根が死んだと考えるのは間違いです。それは、毛根周辺の細胞が活力を完全になくした状態、つまり、仮死状態と考えるべきです …

女性は全員が薄毛を否定しているわけではない

薄毛の男性は優しい印象がある ここで、医師が耳にした薄毛に肯定的な女性の意見も載せておきます。もちろん薄毛は治療してコンプレックス自体を解消するに越したことはないのですが、今現在、悩んでいるあなたに「 …