薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について 髪の毛について

抜け毛が減っても薄毛は改善しない

投稿日:

髪の毛はあなたの細胞のひとつ

「毛が抜けて薄くなっちゃった」「残っている大事な毛なんだから引っ張らないでよ」なんて、薄毛の芸人が叫んで笑いをとっていたりします。

こんな場面を見ていると、抜けると薄毛になってしまうのでは?とか、生えている毛を抜けないようにしたら本数が減らないのでは?と思ってしまいます。実際、「毛が抜けないようにしたい」という希望を持っている方が医師に相談に来るのが多いです。

現実に抜け毛が増えて薄毛になることも多く、抜け毛が減ると薄毛の進行が穏やかになり、一時的に進行が止まったように感じることも多いです。また、薄毛と脱毛症を同じように考えている情報が多いので、毛が抜けることに問題があると勘違いして、抜け毛自体を気にしている方がたくさんいます。

 

 

でも、髪の毛はあなたの細胞のひとつなので、細胞が生まれ替わるように毛も生まれ替わっています。だから、薄毛でない時にはあなたの総本数を維持するだけの毛が毎日抜けて生え替わっているのです。

薄毛と脱毛症のところで説明したように、薄毛とは抜けて生え替わりながら順番に段々と細くなり寿命が短くなっていくのですから、薄毛が改善する際には、抜けで生え替わりながら順番に段々と太くなり寿命が伸びていきます。

抜け毛の本数は季節差・個人差が激しい

抜け毛の本数は平均して1日100本くらいだと言われています。平均なので夏場から秋にかけては100本以上抜け、冬場から春先にかけては100本未満になることもあるということです。

医師が相談室で相談者の抜け毛を見でいると、薄毛が進行している人ほど抜け毛が少なく、進行していない人ほど抜け毛は多いです。また、元々の毛の総本数が多い人ほど抜け毛の本数も多く、元々の毛の総本数が少ない人ほど抜け毛も少ないです。

髪が増える時には抜け毛が増えることが多く、抜け毛が減って髪が増える方はいません。

 

 

-薄毛について, 髪の毛について

執筆者:

関連記事

髪の色のもととなるのは「メラニン」

メラニンの行き先は決まっている 日本人の髪の色は、ほとんどが濃い茶色か黒色ですが、世界を見渡せば、黒髪以外にも、自、赤、ブロンド、プラチナなど、さまざまな色の髪の人がいます。 かつては、「髪はカラスの …

一度抜けてもケアを続けていけば、髪はどんどん生えてくる

根気よく活性化をはかっていくと自分の髪を取り戻せる 脱毛症が治らないからといって、毛根が死んだと考えるのは間違いです。それは、毛根周辺の細胞が活力を完全になくした状態、つまり、仮死状態と考えるべきです …

妊娠・出産で薄毛になる

元に戻らない人が増えてきた 妊娠出産が薄毛のきっかけになることがあります。女性は妊娠すると抜け毛が減る傾向にありますが、出産をすると減っていた抜け毛が一気に増えて一時期薄毛になります。 ホルモンのバラ …

頭皮は3つの層からできている

髪は頭皮の皮膚細胞が変化したもの 髪は頭皮から生えていますが、もともとは頭皮部分の皮膚細胞が毛乳頭や毛母細胞に変化したものです。 皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の三層と毛・爪・汗腺などの付属器官によって …

年齢を重ねると誰でも頭皮は衰える

60歳の人が20歳のころの髪の毛に戻るか? 薄毛専門外来に来る人の希望をお聞きすると、たいていの人は薄くなる前に戻りたいといいます。当たり前と言えば当たり前の希望です。ここでよく考えてください。薄毛に …