薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

発毛させるということは、頭皮に無理がかかるということ

投稿日:

疲れが溜まって、寝込んでいる時と同じ

「強く、太く、発毛」ってどこかのCMみたいですね。薄毛専門の病院のご相談者の中にも「抜け毛を減らして発毛させたい」とおっしゃる方が多いですから、商売ベースで考えるとこの訴えかけは間違っていません。

でも、薄毛を治すための効果からすると相当危険信号が灯ります。なぜなら、この効果は脱毛症を治すための効
果であって、薄毛を治す効果ではないからです。

薄毛になる時とは、髪の毛の生育環境が悪化しでいる時です。それは、毛細血管に血が巡りづらくなってきて、頭皮の栄養状態が悪くなっている時と言えます。そんな時の頭皮と心身は、人の体に例えれば疲れが溜まって、寝込んでいる時に該当します。

頭皮と心身が弱って疲れているから、血の巡りが悪くなっているのですね。

体が疲れている時は休むのが一番です。すると全身に血が巡るようになり元気な状態に回復します。休まずに無理して動き続けると、たいていの場合こじらせて寝込んでしまいます。

 

 

さらに弱ってしまい逆効果になる

頭皮も同じで弱って疲れている時に、何とか発毛させようと発毛剤や育毛剤を使うと、弱っている頭皮に無理強いする結果になり、さらに弱ってしまいご自身の頭皮の力で血を巡らせなくなっていくのです。

頭皮に栄養を与えればいいと考える人も多いですが、皮膚は外部から異物の侵入を防御する第一関門なので、無理に与えようとすると、さらに弱ってしまい逆効果になりやすいです。

同じ疲れでも軽い場合は、発毛させるケアが効果に繋がることはあります。でも効果があるからと続けていると、疲れが回復せずに積み重なるので頭皮がさらに弱ってきて、卓終的には発毛剤・育毛剤が効かなくなり抜けてしまいます。

発毛剤や育毛剤の効果でなんとかしようとしてきた方の頭皮を拝見しますと、何らかの異常が出ていることがほとんどです。赤くなっている、フケ症、荒れている、擦り傷のような状態、黄色みがかった色、等々です。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

薄毛、抜け毛はさまざまな理由で起きる

多くの人たちが髪の毛の悩みを抱え込んでいる 若い人たちから、40歳代、50歳代、もっと上の年代まで、男性だけでなく女性でも、さまざまな人たちが、髪の毛の悩みを抱え込んでいます。それでは、そうした薄毛、 …

アレルギー体質の人は育毛剤や発毛剤の使用に注意が必要

皮脂の分泌が少ないと外部からの影響を受けやすい 頭皮の相談室に来られる人・相談メールをいただく人・お電話でご相談される方、これらの方々の体質をお聞きすると、約7割が何らかのアレルギーを持っていらっしゃ …

ナグモクリニック南雲先生も実感!お湯洗髪と水シャワーで薄毛が回復

地肌がいつもかゆく、赤く炎症を起こしていていた ナグモクリニック総院長の南雲吉則先生は、「50代なのに30代に見える医師」ということで、多くの著書を出版していますが、実は長い間、頭髪については悩みを抱 …

腸内フローラの状態も頭髪にとって大切です

腸の状態は頭髪にとってとても重要 冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。 皮膚は、内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調はそのまま皮膚に現れるのです。皮膚の一部である髪につ …

薄毛・脱毛は遺伝するのか

かなりの確率で当たっている 薄毛が遺伝するというのは定説となっていて、今は大丈夫であっても、「オヤジがそうだからいずれ…」と将来を悲観的に考えたり、半ばあきらめている人も少なくないようです。 お気の毒 …