薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


髪の毛について

髪の毛は自分そのものである

投稿日:

外から栄養を与えればいいのか?

「ガーデニングをしている庭に種を蒔いて肥料と水を与えれば、植物が芽を出して育っていく」こんな感じで髪の毛も生えれば、とても簡単で薄毛に悩むことはありません。

ネットで調べてみても育毛剤の広告等でも、「毛が育つ畑である頭皮が肥沃であれば毛が育つから、頭皮環境が大事だ」と記述されでいることが多いです。

このように見てしまうと、まるで毛はあなた自身とは違う異物が生えているように思えてしまい、外から栄養を与えれば何とかできるのでは?とか、効果のある育毛剤を使えばなんとかできるのでは?、栄養を与えれば良いのでは?、なんて考えてしまいます。

髪の毛は体内から栄養を得る

ところで、麻薬やヒ素中毒を調べる時に毛髪を調べるのをご存じでしょうか? 髪の毛は1カ月に約1センチ前後伸びるので、麻薬を吸ったりヒ素を飲んでしまったりした時にはその成分が毛に残っているのです。時期もだいたい分かります。

 

 

体内に取り入れたものは、血に取り込まれて体の隅々まで行き渡り、毛細血管から毛を作る組織に取り込まれて細胞分裂を繰り返して伸びていくのです。ということは、毛は「あなた」の内部で生まれて育った「あなたそのもの」なのです。

一見植物のように外部から栄養を与えればなんとかなりそうに見えますが、髪の毛は「あなた」の体の内部で生まれた「あなたそのもの」なので、外部から栄養を与えられて育つことはありません。

「あなた」が食べたものが消化吸収され血液に乗り全身に配分されて、毛細血管から毛を作る組織に取り込まれ、細胞分裂を繰り返し成長するのです。

すごく当たり前のことですが、悩んでいると自分以外のことに気を取られてしまうので、間違えないためにも「髪の毛は私そのものである」ということを忘れないようにしてください。髪の毛は体内から血液に乗って毛細血管から栄養が配分されて成長するのです。

 

 

-髪の毛について

執筆者:

関連記事

自分の頭皮が硬いのか柔らかいのかわかっていますか

弾力があることと動くこと マッサージで頭皮を柔らかくしようとして髪の毛を無くした人は、生まれながらに頭皮は硬く、髪の毛も細くて量も少な目だったそうです。 確かに髪の毛が太くて本数の多い人は、頭皮に弾力 …

頭皮は3つの層からできている

髪は頭皮の皮膚細胞が変化したもの 髪は頭皮から生えていますが、もともとは頭皮部分の皮膚細胞が毛乳頭や毛母細胞に変化したものです。 皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の三層と毛・爪・汗腺などの付属器官によって …

髪はもともと皮膚が変化してできたもの

髪が伸びるメカニズム 髪はどういう構造なのかという話は、専門家でない人には興味がないかもしれません。ただ、髪がどうして生えるのかを知るには、避けて通れないテーマなので簡単にお話ししておきましょう。 髪 …

ヘアスタイルを上手に楽しもう

現在の若者にとって、ヘアスタイルもヘアカラーも自分を主張する魅力のポイントとなっています。今や、男女を問わず、パーマ、カラーリングは特別なことではなくなり、ファッションの一つとしてすっかり定着した感が …

脱毛症とは

脱毛はさまざまな原因によって起こる 20歳を過ぎれば、誰しも老化が始まります。新陳代謝が衰え、細胞の分裂スピードも遅くなっていきます。老化が進むことば、誰しも避けられません。 若さと美を追い求める女性 …