薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について 間違っている薄毛対策

「育毛の効果」と「産毛」に関する勘違い

投稿日:

育毛の効果があれば増えるは幻想

効果とは裏を返せば負担です。効果の高い製品・方法は、強い負担を与える結果に繋がります。元々薄毛になるような頭皮は、頭皮の栄養状態が悪くなるほど頭皮や心身が弱っているのですから、効果優先で取り組むと、たいていの場合は、その効果に頭皮や心身が負けてしまうので失敗します。

だから、負担にならないような、穏やかな効果で時間をかけでゆっくりと改善していくことがとても大切です。例えば、富士山に登山する場合、たった1日で登って帰ってくるのと、1週間の日時をかけて登っで帰ってくるのでは、体への負担が大きく違うのと同じです。

同じ結果でも、ゆっくりと低い効果を積み重ねるのと急激で高い効果とでは頭皮や心身への負担はまったく違うのです。

 

 

産毛は産毛

「産毛がたくさん生えできたけど、なかなか硬毛に育たないのです」という相談がよくあります。産毛がたくさん生えてくるのは、血行が良くなっている証拠ですが、その産毛はたぶん硬毛には育ちません。産毛は産毛です。

硬毛として育つ毛は、生えてきた時にだいたい分かります。1ミリ程度伸びたところで太くなっていますから。産毛は産毛で大切な指標になりますが、それが硬毛に育つわけではないと思ってください。

また、薄毛が治る時には、生えている毛に元気があるのに、細くて短い先細りの毛が抜けることがあります。たぶん、頭皮の栄養状態が改善されてきたので、伸びていなかった毛穴内部の毛が育ち始めたのだと思います。

こんな毛は、何度か生え替わらないと元に戻らないのです。そのために、細くて短いままで抜けることはあります。

 

 

-薄毛について, 間違っている薄毛対策

執筆者:

関連記事

一般的な後天性脱毛症のタイプ

髪が薄くなった人を見てみると、さまざまなタイプがあるのがわかります。額がどんどん広がって、前頭部から脱毛が進んでいる人、河童のように頭のてっぺんに髪のない人、髪がまばらになってしまった人、小さな丸い形 …

太っていると薄毛になりやすいのか

統計的に見ても肥満体型の人が多い 「チビ、デブ、ハゲ」というのは昔から三重苦と言われ、嫌な特徴の代名詞としてひとくくりにされることが多いものです。そのコンプレックスにつけ込み、お金を巻き上げる業者が多 …

皮脂を取ると育毛環境が悪くなる

皮脂を取とるケアはマイナス面が大きい 育毛を指導している先生に「皮脂(皮膚を覆っている脂)を取るケアはマイナス面が大きく、頭皮の育毛環境を悪くする」と教えてもらいました。 医師に相談している方のほとん …

ナグモクリニック南雲先生も実感!お湯洗髪と水シャワーで薄毛が回復

地肌がいつもかゆく、赤く炎症を起こしていていた ナグモクリニック総院長の南雲吉則先生は、「50代なのに30代に見える医師」ということで、多くの著書を出版していますが、実は長い間、頭髪については悩みを抱 …

頭皮に悪い影響を与え、薄毛の原因になる貧血・低血圧・生理不順

貧血や低血圧は血の巡りが悪い 頭皮の毛細血管から毛乳頭に血が巡り、毛母細胞が細胞分裂を繰り返して髪の毛は伸びていきます。十分な血が巡ってくることと細胞分裂が活発に起こっている必要があるということです。 …