薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について 間違っている薄毛対策

「育毛の効果」と「産毛」に関する勘違い

投稿日:

育毛の効果があれば増えるは幻想

効果とは裏を返せば負担です。効果の高い製品・方法は、強い負担を与える結果に繋がります。元々薄毛になるような頭皮は、頭皮の栄養状態が悪くなるほど頭皮や心身が弱っているのですから、効果優先で取り組むと、たいていの場合は、その効果に頭皮や心身が負けてしまうので失敗します。

だから、負担にならないような、穏やかな効果で時間をかけでゆっくりと改善していくことがとても大切です。例えば、富士山に登山する場合、たった1日で登って帰ってくるのと、1週間の日時をかけて登っで帰ってくるのでは、体への負担が大きく違うのと同じです。

同じ結果でも、ゆっくりと低い効果を積み重ねるのと急激で高い効果とでは頭皮や心身への負担はまったく違うのです。

 

 

産毛は産毛

「産毛がたくさん生えできたけど、なかなか硬毛に育たないのです」という相談がよくあります。産毛がたくさん生えてくるのは、血行が良くなっている証拠ですが、その産毛はたぶん硬毛には育ちません。産毛は産毛です。

硬毛として育つ毛は、生えてきた時にだいたい分かります。1ミリ程度伸びたところで太くなっていますから。産毛は産毛で大切な指標になりますが、それが硬毛に育つわけではないと思ってください。

また、薄毛が治る時には、生えている毛に元気があるのに、細くて短い先細りの毛が抜けることがあります。たぶん、頭皮の栄養状態が改善されてきたので、伸びていなかった毛穴内部の毛が育ち始めたのだと思います。

こんな毛は、何度か生え替わらないと元に戻らないのです。そのために、細くて短いままで抜けることはあります。

 

 

-薄毛について, 間違っている薄毛対策

執筆者:

関連記事

頭髪専門のクリニックを訪れた患者さんたちの例

さまざまな人に薄毛の悩みが 20歳過ぎから薄毛が気になり始めて薄毛、脱毛といっても、人によって、そのトラブルや悩みはさまざまです。頭髪専門の医師たちが実際に治療にあたった患者さんのケースを、いくつか見 …

薄毛が遺伝するというのは本当か

遺伝するのは「薄毛になりやすい体質」 「父が薄毛だから自分も危ない」「隔世遺伝するらしく、祖父が薄毛だと自分もくる」 薄毛と遺伝の関係は昔から取りざたされてきました。現代では、薄毛の原因となっている遺 …

帽子をかぶると薄毛になるというのは本当か

髪にとってはマイナス要因になる 帽子屋さんに怒られそうですが、まるっきり関係がないというわけではありません。帽子そのものが悪いのではなく、長時間・長期間かぶると、どうしても頭皮が蒸れた状態になります。 …

妊娠・出産で薄毛になる

元に戻らない人が増えてきた 妊娠出産が薄毛のきっかけになることがあります。女性は妊娠すると抜け毛が減る傾向にありますが、出産をすると減っていた抜け毛が一気に増えて一時期薄毛になります。 ホルモンのバラ …

発毛・育毛サロンで薄毛は治るのか

それぞれの業者が独自に発案した薄毛対策を行っている 「発毛・育毛サロン」と聞けば、なんだか薄毛の専門家のような気がするでしょう。そもそも「サロン」という言葉のもともとの意味は、広接間や談話室など人が集 …