薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について 間違っている薄毛対策

「育毛の効果」と「産毛」に関する勘違い

投稿日:

育毛の効果があれば増えるは幻想

効果とは裏を返せば負担です。効果の高い製品・方法は、強い負担を与える結果に繋がります。元々薄毛になるような頭皮は、頭皮の栄養状態が悪くなるほど頭皮や心身が弱っているのですから、効果優先で取り組むと、たいていの場合は、その効果に頭皮や心身が負けてしまうので失敗します。

だから、負担にならないような、穏やかな効果で時間をかけでゆっくりと改善していくことがとても大切です。例えば、富士山に登山する場合、たった1日で登って帰ってくるのと、1週間の日時をかけて登っで帰ってくるのでは、体への負担が大きく違うのと同じです。

同じ結果でも、ゆっくりと低い効果を積み重ねるのと急激で高い効果とでは頭皮や心身への負担はまったく違うのです。

 

 

産毛は産毛

「産毛がたくさん生えできたけど、なかなか硬毛に育たないのです」という相談がよくあります。産毛がたくさん生えてくるのは、血行が良くなっている証拠ですが、その産毛はたぶん硬毛には育ちません。産毛は産毛です。

硬毛として育つ毛は、生えてきた時にだいたい分かります。1ミリ程度伸びたところで太くなっていますから。産毛は産毛で大切な指標になりますが、それが硬毛に育つわけではないと思ってください。

また、薄毛が治る時には、生えている毛に元気があるのに、細くて短い先細りの毛が抜けることがあります。たぶん、頭皮の栄養状態が改善されてきたので、伸びていなかった毛穴内部の毛が育ち始めたのだと思います。

こんな毛は、何度か生え替わらないと元に戻らないのです。そのために、細くて短いままで抜けることはあります。

 

 

-薄毛について, 間違っている薄毛対策

執筆者:

関連記事

皮脂を取ると育毛環境が悪くなる

皮脂を取とるケアはマイナス面が大きい 育毛を指導している先生に「皮脂(皮膚を覆っている脂)を取るケアはマイナス面が大きく、頭皮の育毛環境を悪くする」と教えてもらいました。 医師に相談している方のほとん …

冷え症を解消して血流がよくなれば、薄毛を改善するのに役立つ

全身の血流が悪いと頭皮に悪影響を及ぼす あらなみクリニック総院長の荒浪暁彦先生は、皮膚科の専門医として、薄毛の治療に当たっています。このようにいうと、なかには、「なぜ皮膚科専門の医師が毛髪を診るのか」 …

カツラを被ると自毛が減る「カツラの負のスパイラル」

カツラを購入したあとも、まだまだお金を搾りとられます。 いったんカツラを被ると、自分が薄毛であることを知らない人の前では、もう脱げなくなります。 AGAの場合、頭の側面の髪は伸びてきますが、髪を切るの …

年齢を重ねると誰でも頭皮は衰える

60歳の人が20歳のころの髪の毛に戻るか? 薄毛専門外来に来る人の希望をお聞きすると、たいていの人は薄くなる前に戻りたいといいます。当たり前と言えば当たり前の希望です。ここでよく考えてください。薄毛に …

薄毛が表面化する時に抜け毛が増えるのは?

刺さっているだけの毛が増えてくる どうしで薄毛が表面化する時に抜け毛が増えることが多いのでしょう? それを知るには1本の毛の生え替わるサイクルを知る必要があります。 1本の毛は十分成長して退行期から休 …