薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

冷え症を解消して血流がよくなれば、薄毛を改善するのに役立つ

投稿日:

全身の血流が悪いと頭皮に悪影響を及ぼす

あらなみクリニック総院長の荒浪暁彦先生は、皮膚科の専門医として、薄毛の治療に当たっています。このようにいうと、なかには、「なぜ皮膚科専門の医師が毛髪を診るのか」と不思議に思われるかたがおられるかもしれません。

しかし、これは不思議なことではないのです。毛髪というのは、つめと同じく本質的には皮膚の一部です。単に、皮膚の上に毛が生えているのではありません。皮膚が、形を変えて分化したものが毛髪なのです。

ですから、皮膚科の医師が、皮膚の一部である毛髪の状態を診ることは、いわば当然のことといえます。そこで今回は、皮膚科医として、薄毛治療で忘れられがちなポイントについてお話しします。

 

 

まずいえるのは、近年、「薄毛で悩む若い女性が増えている」ということです。女性の薄毛には、女性ホルモンの減少によって起こる「女性型脱毛(FAGA)」や、ストレスによって起こる「円形脱毛症」などがあります。

そして、いずれの場合でも、冷え症に悩んでいる傾向が強いのです。そこで、そうした患者さんに冷え症を改善する漢方薬を処方すると、同時に薄毛が改善するケースが多くあります。

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、いよいよ確かなものとなっています。医学的に発毛効果があると認められている「ミノキシジル」という薬品は、血流を増強する作用によって、発毛を促します。

そこで、冷え症によって全身の血流が悪くなることが、頭皮にも悪い影響を及ぼしているとすればどうでしょう。冷え症を解消して血流がよくなれば、薄毛を改善するのに役立つことは、問違いありません。

高い金額を費やしてシャンプーを買ったり、サロンに通ったりする前に、まずは冷え症を改善することが重要です。毎日必ず湯船につかる、腹巻きを使うようにするなど、できることから始めてみましょう。

→腸内フローラの状態も頭髪にとって大切です

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

皮脂を取ると育毛環境が悪くなる

皮脂を取とるケアはマイナス面が大きい 育毛を指導している先生に「皮脂(皮膚を覆っている脂)を取るケアはマイナス面が大きく、頭皮の育毛環境を悪くする」と教えてもらいました。 医師に相談している方のほとん …

発毛させるということは、頭皮に無理がかかるということ

疲れが溜まって、寝込んでいる時と同じ 「強く、太く、発毛」ってどこかのCMみたいですね。薄毛専門の病院のご相談者の中にも「抜け毛を減らして発毛させたい」とおっしゃる方が多いですから、商売ベースで考える …

薄毛、抜け毛が医療の対象になってきた

薄毛、抜け毛の有効な治療薬、治療法が実用化 「髪の毛というのは、あるときは何とも思わないけれど、ないと絶対に困るものです。この悩みは、髪の毛が少なくなった人間にしかわからないでしょうね」-これは、ある …

薄毛の治療のポイントは進行を適切に食い止めること

進行を食い止める薬がアメリカで開発され、日本でも使えるようになっている 薄毛が目立ち始める年代は人によって違いますが、男性型脱毛症の大きな特徴は、薄毛、脱毛がいったん始まると、それが年月の経過とともに …

ナグモクリニック南雲先生も実感!お湯洗髪と水シャワーで薄毛が回復

地肌がいつもかゆく、赤く炎症を起こしていていた ナグモクリニック総院長の南雲吉則先生は、「50代なのに30代に見える医師」ということで、多くの著書を出版していますが、実は長い間、頭髪については悩みを抱 …