薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛を改善する洗髪法

洗髪後のドライヤーは髪によくない?

投稿日:

ある程度水分が取れた段階で手早く終えるように

ドライヤーの熱が髪を傷めるという説があり、洗髪後にドライヤーをかけるのをためらう人がいます。ドライヤーで高温の熱風を髪に長時間にわたってあてつづけるのは、確かによいとはいえないでしょう。

あまり近づけると髪を焦がすとか、地肌を傷める場合などがあるからですが、だからといって、ドライヤーをしないまま放っておくのもよくありません。

髪を洗ったあと、濡れたままにしておくと、水分が気化(蒸発)していく過程で熱を奪い、頭皮の温度が下がっていきます。温度が下がると頭皮の血行が悪くなり、血液から栄養をもらっている髪にも悪影響を及ぼします。シャンプーのあとは、タオルドライなどで十分に水気を拭きとって、早めに乾かすようにしましょう。

また、子どものころに、お風呂から出たあと、お母さんに「湯冷めしないように」といわれて、バスタオルで頭をゴシゴシ拭いてもらった記憶がありませんか。濡れたままだと体が冷えて、風邪引きの原因になるからで、どちらにしても、髪を濡れたまま放置しておくのはよくないのです。

 

 

ドライヤーが家庭で日常的に使われるようになったのは昭和40年代からで、それまでは手ぬぐいやタオルで水分をぬぐっていました。短い髪ならそれでも乾くでしょうが、長い髪となると完全に乾かすのは時間がかかります。ドライヤーが”文明の利器”として登場してきたのは当然のことで、要は使い方の問題です。

「高温」「長時間」「近づけすぎ」という三点に気をつけて、あるていど水分が取れた段階で手早く終えるようにすれば大丈夫でしょう。

最近は、遠赤外線やマイナスイオンのドライヤーが売り出されています。遠赤外線方式は温度を高く上げないで髪の中から乾かし、他方、イオン方式の中のマイナスイオンのドライヤーは髪の保湿性を高めてくれるなどの利点があり、どちらも髪にはおすすめです。

 

 

-薄毛を改善する洗髪法

執筆者:

関連記事

脱毛・薄毛対策として、頭皮の健康を保つシャンプーのやり方

正しい手入れをすれば必ず生える! 全国理容連合会名誉講師の板羽忠徳さんは、長年、理容師、美容師として、髪や頭髪を扱う仕事を通して、薄毛・脱毛に悩む人の相談に乗ってきました。 これだけ医学も科学も進んだ …

女優の熊谷真実さんが語る「クレソンシャンプー」の使い心地と効果

年を重ねて髪のべたつきが気になるようになった 若いころはあまり健康を意識していませんでしたが、40歳を過ぎたあたりから体のあちこちに気になる点が出てきました。 わかりやすいところでは、髪です。40代半 …

抜け毛・薄毛で悩んでいた時に偶然知った「クレソンシャンプー」

洗髪時の抜け毛が大幅減した東京都 44歳 主婦の方の体験談です。 こんなに大量の髪が抜けていたらほんとうにハゲてしまう もともと私の髪は細く、ネコ毛で、コシがほとんどありません。全体の毛量も、若いころ …

薄毛・加齢臭にお悩みの人には「お湯洗髪」がお勧め

髪を洗うほどキューティクルが失われる 「最近髪の毛にハリがない」「なんとなく抜け毛が増えた」「フケっぼい」「頭皮がかゆい」「加齢臭が気になる」-このような悩みを持つ人は、お湯だけで頭皮を洗う「お湯洗髪 …

美髪をキープするには「頭皮マッサージ」と食事がポイント

内臓を健やかにする海藻や黒い食材を摂取 豊かな髪を保つうえで、食事も重要なポイントです。 里見先生は内科医ですから、「内臓の状態は髪と密接に関連している」と考えています。内臓全般の働きがよくなれば、髪 …