薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


髪の毛について

白髪が増えてきたからといって、脱毛が促進されるわけではない

投稿日:

白髪のあとに黒髪が生えてくるということはありえない

白髪が生えてくると、周囲の髪に広がらないようにといって、抜く人をみかけます。

一本だけが白髪になるということはなく、その周辺も白くなっていくので、「広がる」と思われているのかもしれませんが、結論から先にいってしまえば、これは全くの俗説です。白髪が広がることはありませんし、したがって、見つけて抜いても意味がありません。

「白髪を抜くと、そこから黒髪が生えてくる」などというのも迷信のたぐいです。毛根周辺の環境がよくなって、メラノサイトが活性化されれば、色素の量が増えて黒くなる可能性はあるでしょうが、そうでないかぎり、白髪のあとに黒髪が生えてくるということはありえないと断言できます。

むしろ抜くことで毛量が減るので、かえってよくないでしょう。

白髪のあとに黒髪が生えてくることは、特別なケアをしないかぎりまずありませんが、黒い髪が伸びるにつれて、つけ根の部分から黒くなるということはあります。

 

 

一般に、人間の髪は1カ月で約1cm伸びるとされています。20cmの人なら約2年、30cmの人なら3年近くの歳月がかかっているわけで、それだけの時間の流れの間に、メラノサイトが変調を来して、下のほうから白い髪が伸びてくることはあります。

白髪が増えてきたからといって、脱毛が促進されるわけではありませんが、「白髪になる人はハゲない」というのも全く根拠のない話です。映画 『007』シリーズで初代のジェームズ・ボンド役を演じた英国俳優のショーン・コネリーを例にとれば、よくわかります。

彼はヒゲや側頭部こそ白髪であるものの、頭頂部はハゲています。

白髪と脱毛は、別の要因になります。加齢ととともに髪が薄く白くなる人はたくさんいるわけで、「白髪だから私はハゲない」と安心するのは間違いです。

 

 

-髪の毛について

執筆者:

関連記事

体温が低いと薄毛になりやすい

体温が低いと髪の毛に元気がない 髪の毛は、毛母細胞の中で酵素の触媒によって、アミノ酸が髪の毛に変換されて伸びていきます。この酵素の働きが弱いと、中身の粗い髪の毛にしかならず、腰のあるしっかりした髪の毛 …

髪の毛は自分そのものである

外から栄養を与えればいいのか? 「ガーデニングをしている庭に種を蒔いて肥料と水を与えれば、植物が芽を出して育っていく」こんな感じで髪の毛も生えれば、とても簡単で薄毛に悩むことはありません。 ネットで調 …

抜け毛が減っても薄毛は改善しない

髪の毛はあなたの細胞のひとつ 「毛が抜けて薄くなっちゃった」「残っている大事な毛なんだから引っ張らないでよ」なんて、薄毛の芸人が叫んで笑いをとっていたりします。 こんな場面を見ていると、抜けると薄毛に …

自分の頭皮が硬いのか柔らかいのかわかっていますか

弾力があることと動くこと マッサージで頭皮を柔らかくしようとして髪の毛を無くした人は、生まれながらに頭皮は硬く、髪の毛も細くて量も少な目だったそうです。 確かに髪の毛が太くて本数の多い人は、頭皮に弾力 …

髪の毛を育てる力が強い人とは?弱い人とは?

皮脂の分泌能力が高い人は抜け毛が多い 人には髪の毛を育てる力の強い人と弱い人がいます。そのうち弱い人の方が薄毛になりやすく、一度薄毛になると改善には時間と手間がかかります。 反対に髪の毛を育てる力の強 …