薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

帽子をかぶると薄毛になるというのは本当か

投稿日:

髪にとってはマイナス要因になる

帽子屋さんに怒られそうですが、まるっきり関係がないというわけではありません。帽子そのものが悪いのではなく、長時間・長期間かぶると、どうしても頭皮が蒸れた状態になります。

蒸れると雑菌が繁殖することもあり、不衛生になり、毛根に悪影響を与えます。いってみれば、「風が吹けば桶屋が儲かる」レベルの因果関係で、帽子をかぶる人は必ず薄毛がひどくなるのかといえば、もちろん決定的なダメージになるわけではありません。ただ、「髪にとってはマイナス要因になる」ということはできます。

特に、汗は要注意です。ゴルフや野球、テニスなどのスポーツをして汗をかき、そのまま放置しておくと、ますます蒸れて雑菌をまねきやすくなります。シャワーなどで汗をさっぱり流して、常に頭皮を清潔に保つように心がけておくほうがよいでしょう。

道路工事や建設工事、工場内ではヘルメット着用を義務付けられていますが、そうした職業の人はこまめにタオルなどで頭部の汗を拭くとか、昼休みなどにはヘルメットを脱いで風を通してやるなどの気配りが大事です。

 

 

紫外線という大敵が髪を傷める

人間とはおかしなもので、顔や首筋の汗はせっせと拭くわりに、頭部は帽子やヘルメットを脱いでまで拭こうとしません。たぶん面倒だからでしょうが、その中で雑菌が繁殖しようと待ち構えていると思えば、怖くてそうはいかないでしょう。

では、暑い真夏でも帽子をかぶらないほうが髪によいのかというと、そうともかぎりません。紫外線という大敵が髪を傷めるからです。

紫外線を長時間浴びつづけると、たとえば色物シャツは変色します。同様に、髪も色素が破壊されると、赤茶けてきます。これが原因で薄毛になることはないにしても、頭皮が直射日光で日焼けして炎症を起こすようだと、皮膚にも毛根にもよくありません。

脱水症状で死ぬ場合もあるように、直射日光に当たりすぎるのは髪にも体にも悪いのです。ですから、直射日光を避けるためには、夏場は帽子をかぶるのもよいわけで、ただ汗をかいたあとのアフターケアをしっかりとすることが大事です。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

抜け毛が減っても薄毛は改善しない

髪の毛はあなたの細胞のひとつ 「毛が抜けて薄くなっちゃった」「残っている大事な毛なんだから引っ張らないでよ」なんて、薄毛の芸人が叫んで笑いをとっていたりします。 こんな場面を見ていると、抜けると薄毛に …

体温が低いと薄毛になりやすい

体温が低いと髪の毛に元気がない 髪の毛は、毛母細胞の中で酵素の触媒によって、アミノ酸が髪の毛に変換されて伸びていきます。この酵素の働きが弱いと、中身の粗い髪の毛にしかならず、腰のあるしっかりした髪の毛 …

「育毛の効果」と「産毛」に関する勘違い

育毛の効果があれば増えるは幻想 効果とは裏を返せば負担です。効果の高い製品・方法は、強い負担を与える結果に繋がります。元々薄毛になるような頭皮は、頭皮の栄養状態が悪くなるほど頭皮や心身が弱っているので …

一度抜けた髪の毛は二度と生えてこないのか?

毛根周辺の細胞を活性化させてやれば必ず生えてくる 「毛生え薬を発明したらノーベル賞ものだ」といわれます。これまでにも「驚異の発毛剤」などと銘打ってさまざまな毛生え薬が発売され、時にはマスコミを賑わして …

薄毛・抜け毛と戦うためにはそのタイプを知っておく

「進行する脱毛」と「一時的な脱毛」 「男性型脱毛症」は、ヘアサイクル(毛周期)や遺伝的な素因が関係していて、男性ホルモンの体内変動や、ホルモン受容体の感受性の変化が大きく影響していることがわかってきま …