薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

帽子をかぶると薄毛になるというのは本当か

投稿日:

髪にとってはマイナス要因になる

帽子屋さんに怒られそうですが、まるっきり関係がないというわけではありません。帽子そのものが悪いのではなく、長時間・長期間かぶると、どうしても頭皮が蒸れた状態になります。

蒸れると雑菌が繁殖することもあり、不衛生になり、毛根に悪影響を与えます。いってみれば、「風が吹けば桶屋が儲かる」レベルの因果関係で、帽子をかぶる人は必ず薄毛がひどくなるのかといえば、もちろん決定的なダメージになるわけではありません。ただ、「髪にとってはマイナス要因になる」ということはできます。

特に、汗は要注意です。ゴルフや野球、テニスなどのスポーツをして汗をかき、そのまま放置しておくと、ますます蒸れて雑菌をまねきやすくなります。シャワーなどで汗をさっぱり流して、常に頭皮を清潔に保つように心がけておくほうがよいでしょう。

道路工事や建設工事、工場内ではヘルメット着用を義務付けられていますが、そうした職業の人はこまめにタオルなどで頭部の汗を拭くとか、昼休みなどにはヘルメットを脱いで風を通してやるなどの気配りが大事です。

 

 

紫外線という大敵が髪を傷める

人間とはおかしなもので、顔や首筋の汗はせっせと拭くわりに、頭部は帽子やヘルメットを脱いでまで拭こうとしません。たぶん面倒だからでしょうが、その中で雑菌が繁殖しようと待ち構えていると思えば、怖くてそうはいかないでしょう。

では、暑い真夏でも帽子をかぶらないほうが髪によいのかというと、そうともかぎりません。紫外線という大敵が髪を傷めるからです。

紫外線を長時間浴びつづけると、たとえば色物シャツは変色します。同様に、髪も色素が破壊されると、赤茶けてきます。これが原因で薄毛になることはないにしても、頭皮が直射日光で日焼けして炎症を起こすようだと、皮膚にも毛根にもよくありません。

脱水症状で死ぬ場合もあるように、直射日光に当たりすぎるのは髪にも体にも悪いのです。ですから、直射日光を避けるためには、夏場は帽子をかぶるのもよいわけで、ただ汗をかいたあとのアフターケアをしっかりとすることが大事です。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

妊娠・出産で薄毛になる

元に戻らない人が増えてきた 妊娠出産が薄毛のきっかけになることがあります。女性は妊娠すると抜け毛が減る傾向にありますが、出産をすると減っていた抜け毛が一気に増えて一時期薄毛になります。 ホルモンのバラ …

薄毛と脱毛症は改善の仕方もまったく違う

効果の出方も違っている 薄毛の改善は生え替わりながら段々と太くなり寿命が長くなっていくので年月がかかり、かつ太さや寿命がゼロになっている毛は生え替わっできません。 女性の相談で、「髪質が変わってしまい …

一度抜けてもケアを続けていけば、髪はどんどん生えてくる

根気よく活性化をはかっていくと自分の髪を取り戻せる 脱毛症が治らないからといって、毛根が死んだと考えるのは間違いです。それは、毛根周辺の細胞が活力を完全になくした状態、つまり、仮死状態と考えるべきです …

薄毛の治療のポイントは進行を適切に食い止めること

進行を食い止める薬がアメリカで開発され、日本でも使えるようになっている 薄毛が目立ち始める年代は人によって違いますが、男性型脱毛症の大きな特徴は、薄毛、脱毛がいったん始まると、それが年月の経過とともに …

薄毛の遺伝に悩むより、正しい知識を手に入れて

「ハゲは隔世遺伝する」は単なる迷信ではない 薄毛の遺伝の具体的な現象としては、父親が薄毛で、本人にも脱毛症が進んだ場合に、その「型」「パターン」が似たものになることがあります。 たとえば、父親が額の両 …