薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

薄毛・脱毛は遺伝するのか

投稿日:

かなりの確率で当たっている

薄毛が遺伝するというのは定説となっていて、今は大丈夫であっても、「オヤジがそうだからいずれ…」と将来を悲観的に考えたり、半ばあきらめている人も少なくないようです。

お気の毒ですが、その心配はかなりの確率で当たっているといってよいでしょう。父親や両親の親戚筋が薄毛の家系である場合、自分もそうなる可能性があると思って間違いありません。

ですから、女性が結婚相手の家系を見れば、夫の未来の頭髪像をあるていど予測できます。

遺伝しやすいのは、脱毛症の中の男性型脱毛症です。といっても、脱毛そのものが遺伝するわけではありません。男性型脱毛症は、男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素、そして、レセプターの三つが関係して起こります。

男性ホルモンの分泌量が旺盛で、かつ、男性ホルモンを捕捉するレセプターが毛根周辺に存在し、5αリダクターゼという酵素の働きが重なって脱毛をまねくわけです。

 

 

無事な人もたくさんいる

そういう脱毛しやすい条件の体質が遺伝して受け継がれるのであって、脱毛の家系であっても、条件が変化して無事な人もたくさんいます。可能性は高いにしても、オヤジがハゲているから息子の自分もそうなるとはかぎらないのです。

正しい理論にもとづいて、間違いのないケアをし予防すれば、脱毛の危険性はそれだけ小さくなるのです。

髪は女性ホルモンの影響を受けやすいので、女性の場合は、体質の遺伝の心配は少ないといえます。ちなみに、昔、宮廷に仕えるために睾丸を切り取った中国の宦官には、男性型脱毛症はないというデータがあります。これは、男性ホルモンの分泌が関係していることを如実にものがたっています。

今ならオネエはハゲないということになるのでしょうか。もっとも、あくまで男性型の場合であって、他の原因での脱毛は起こりえます。

男性ホルモン、女性ホルモンでいえば、ヒゲは男性ホルモンの影響下にあり、「ヒゲの濃い人は髪が薄い」という説も、あながち間違いとはいえないでしょう。さらにいえば、「ハゲている人は精力的だ」という説も、男性ホルモンが旺盛であると考えればうなずけます。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

女性の薄毛は加齢やホルモンバランスが本当の原因か?

あらゆる世代の女性の薄毛が増えている ここ5年か10年くらい、50歳以上の年配の女性をターゲットにしたウィッグ(かつら)のテレビCMをかなりの頻度で見るようになりました。また、美容健康関連の雑誌でも、 …

体温が低いと薄毛になりやすい

体温が低いと髪の毛に元気がない 髪の毛は、毛母細胞の中で酵素の触媒によって、アミノ酸が髪の毛に変換されて伸びていきます。この酵素の働きが弱いと、中身の粗い髪の毛にしかならず、腰のあるしっかりした髪の毛 …

薄毛が表面化する時に抜け毛が増えるのは?

刺さっているだけの毛が増えてくる どうしで薄毛が表面化する時に抜け毛が増えることが多いのでしょう? それを知るには1本の毛の生え替わるサイクルを知る必要があります。 1本の毛は十分成長して退行期から休 …

頭皮に悪い影響を与え、薄毛の原因になる貧血・低血圧・生理不順

貧血や低血圧は血の巡りが悪い 頭皮の毛細血管から毛乳頭に血が巡り、毛母細胞が細胞分裂を繰り返して髪の毛は伸びていきます。十分な血が巡ってくることと細胞分裂が活発に起こっている必要があるということです。 …

茶髪は薄毛・抜け毛の原因になるのか

はっきりいって頭髪にいいものではない 髪を金色や茶色に染めた、いわゆる”茶髪”が若い人の間ではやりはじめたのは、20年くらい前からでしょうか。黒や焦げ茶系に見慣れている日本人の目から見れば、金髪という …