薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

薄毛・脱毛は遺伝するのか

投稿日:

かなりの確率で当たっている

薄毛が遺伝するというのは定説となっていて、今は大丈夫であっても、「オヤジがそうだからいずれ…」と将来を悲観的に考えたり、半ばあきらめている人も少なくないようです。

お気の毒ですが、その心配はかなりの確率で当たっているといってよいでしょう。父親や両親の親戚筋が薄毛の家系である場合、自分もそうなる可能性があると思って間違いありません。

ですから、女性が結婚相手の家系を見れば、夫の未来の頭髪像をあるていど予測できます。

遺伝しやすいのは、脱毛症の中の男性型脱毛症です。といっても、脱毛そのものが遺伝するわけではありません。男性型脱毛症は、男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素、そして、レセプターの三つが関係して起こります。

男性ホルモンの分泌量が旺盛で、かつ、男性ホルモンを捕捉するレセプターが毛根周辺に存在し、5αリダクターゼという酵素の働きが重なって脱毛をまねくわけです。

 

 

無事な人もたくさんいる

そういう脱毛しやすい条件の体質が遺伝して受け継がれるのであって、脱毛の家系であっても、条件が変化して無事な人もたくさんいます。可能性は高いにしても、オヤジがハゲているから息子の自分もそうなるとはかぎらないのです。

正しい理論にもとづいて、間違いのないケアをし予防すれば、脱毛の危険性はそれだけ小さくなるのです。

髪は女性ホルモンの影響を受けやすいので、女性の場合は、体質の遺伝の心配は少ないといえます。ちなみに、昔、宮廷に仕えるために睾丸を切り取った中国の宦官には、男性型脱毛症はないというデータがあります。これは、男性ホルモンの分泌が関係していることを如実にものがたっています。

今ならオネエはハゲないということになるのでしょうか。もっとも、あくまで男性型の場合であって、他の原因での脱毛は起こりえます。

男性ホルモン、女性ホルモンでいえば、ヒゲは男性ホルモンの影響下にあり、「ヒゲの濃い人は髪が薄い」という説も、あながち間違いとはいえないでしょう。さらにいえば、「ハゲている人は精力的だ」という説も、男性ホルモンが旺盛であると考えればうなずけます。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

アレルギー体質の人は育毛剤や発毛剤の使用に注意が必要

皮脂の分泌が少ないと外部からの影響を受けやすい 頭皮の相談室に来られる人・相談メールをいただく人・お電話でご相談される方、これらの方々の体質をお聞きすると、約7割が何らかのアレルギーを持っていらっしゃ …

若い女性の薄毛、脱毛については、まだよくわかっていない部分が多い

ストレス過剰や、仕事の忙しさなどによる生活の乱れが原因の場合が多い 20歳過ぎから薄毛が気になり始めて薄毛、脱毛といっても、人によって、そのトラブルや悩みはさまざまです。 女性のケースも見ておきましょ …

髪の毛を育てる力が強い人とは?弱い人とは?

皮脂の分泌能力が高い人は抜け毛が多い 人には髪の毛を育てる力の強い人と弱い人がいます。そのうち弱い人の方が薄毛になりやすく、一度薄毛になると改善には時間と手間がかかります。 反対に髪の毛を育てる力の強 …

薄毛・抜け毛と戦うためにはそのタイプを知っておく

「進行する脱毛」と「一時的な脱毛」 「男性型脱毛症」は、ヘアサイクル(毛周期)や遺伝的な素因が関係していて、男性ホルモンの体内変動や、ホルモン受容体の感受性の変化が大きく影響していることがわかってきま …

自分の頭皮が硬いのか柔らかいのかわかっていますか

弾力があることと動くこと マッサージで頭皮を柔らかくしようとして髪の毛を無くした人は、生まれながらに頭皮は硬く、髪の毛も細くて量も少な目だったそうです。 確かに髪の毛が太くて本数の多い人は、頭皮に弾力 …