薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

茶髪は薄毛・抜け毛の原因になるのか

投稿日:

はっきりいって頭髪にいいものではない

髪を金色や茶色に染めた、いわゆる”茶髪”が若い人の間ではやりはじめたのは、20年くらい前からでしょうか。黒や焦げ茶系に見慣れている日本人の目から見れば、金髪というのは違和感があり、大人たちは眉をひそめたものです。

茶髪=不良というイメージを持つ人も多く、当初は非難ごうごうでしたが、最近はかなりファッションとして定着してきた感があります。

しかし、ファッションや自己主張などという理由はともかく、純粋に髪の問題ととらえたなら、茶髪ははっきりいって頭髪によくありません。

髪は染料で染めます。染料は浸透性が非常に高いために、毛根の中までしっかりと入り、毛根にダメージを与えます。茶髪の場合は、黒い髪の上から染めるのではなく、いったん脱色する、あるいは同時に脱色するのでよけいに毛根に負担をかけるのです。

 

 

茶髪にして薄毛になった、抜け毛が一気に増えたという悩みが、頭髪専門のクリニックにも数多く寄せられているのを見ても、それがわかります。若い人の間でこれだけ髪を染める人が増えてきているということは、将来それだけ薄毛、抜け毛の人口が増えるのではないかと危倶しています。

「パーマはどうか」と心配する声もよく寄せられます。パーマをあてるときに、頭皮がヒリヒリするくらいのきつい薬品を使うわけですから、毛根にいいはずがありません。現に、パーマによって頭皮が炎症を起こし、一部がハゲてしまったとして、美容院を訴えた出来事がありました。

ただ、パーマをあてておしゃれをしたいというのも自然な欲求でしょうから、2~3カ月に一度くらいかける程度なら影響も少ないでしょう。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

若い女性の薄毛、脱毛については、まだよくわかっていない部分が多い

ストレス過剰や、仕事の忙しさなどによる生活の乱れが原因の場合が多い 20歳過ぎから薄毛が気になり始めて薄毛、脱毛といっても、人によって、そのトラブルや悩みはさまざまです。 女性のケースも見ておきましょ …

薄毛と脱毛症は同じものではありません

薄毛と脱毛症は改善の仕方が違う あなたの毛は抜けますよね。「私は毎日1本も毛が抜けなくて、フサフサなのです」というような人はいないと思います。いるなら、ぜひともお会いしてみたいものです。 毛は誰でも毎 …

「育毛の効果」と「産毛」に関する勘違い

育毛の効果があれば増えるは幻想 効果とは裏を返せば負担です。効果の高い製品・方法は、強い負担を与える結果に繋がります。元々薄毛になるような頭皮は、頭皮の栄養状態が悪くなるほど頭皮や心身が弱っているので …

ダイエットは薄毛・抜け毛を促進させるのか

どうしても十分な栄養が摂れなくなる ダイエットが原因で薄毛になったり、抜け毛が増えたりする人は、けっこういます。 髪の成長に必要な栄養分を、毛母細胞に与える役割を果たしているのが毛乳頭です。この毛乳頭 …

腸内フローラの状態も頭髪にとって大切です

腸の状態は頭髪にとってとても重要 冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。 皮膚は、内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調はそのまま皮膚に現れるのです。皮膚の一部である髪につ …