薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

ダイエットは薄毛・抜け毛を促進させるのか

投稿日:

どうしても十分な栄養が摂れなくなる

ダイエットが原因で薄毛になったり、抜け毛が増えたりする人は、けっこういます。

髪の成長に必要な栄養分を、毛母細胞に与える役割を果たしているのが毛乳頭です。この毛乳頭は、毛細血管から必要な栄養分を吸収し、さらにこれを加工して毛母細胞に補給しています。

ダイエットをする人は、たいてい食べる量を減らして体重を落とそうとしますから、どうしても十分な栄養が摂れず、毛根にも栄養が行き渡らないために、結果的に薄毛・抜け毛をうながすことになるのです。

ダイエットする場合、カロリーや糖分、脂肪分、炭水化物はあるていど抑えても、ミネラル、ビタミン、そして、最低限度のタンパク質はしっかり摂っておかないと髪のトラブルになりやすいといえます。

かといって、肥満もよくありません。太りすぎは糖尿病や高血圧、動脈硬化などの生活習慣病の原因にもなります。また、血脂肪値が高くて、ドロドロとした血液になりがちです。

サラサラの血液なら、7~8ミクロンの赤血球が直径3~4ミクロンの毛細血管をスムーズに流れますが、ドロドロではどうしても流れにくくなります。

 

 

栄養分は血液によって運ばれますから、流れが悪くなれば、当然、毛母細胞まで栄養が行き届きません。いずれにしても、体によくないことは、体の一部である髪にもよくないわけです。

ただ、最近の若い人の中には、もう十分にスリムで美しいにもかかわらず、なおもやせたがる人が少なくありません。

昔は食料事情が悪く、栄養を摂るのに必死だったのに、飽食の時代の今は、食べ物が溢れているのに、わざと栄養を摂らないようにしている。あげくに栄養失調や脱毛、ひどい場合は拒食症を引き起こしているのですから、全く皮肉な話です。

ダイエット食品に頼るのも、中国製ダイエット食品で死者が出たように、必ずしも安全とはいえません。やはり、日ごろから過食や栄養過多にならないよう、質量ともバランスの取れた食生活を送ることが、体のためにも、髪のためにもよいといえます。

それと、適度の運動も忘れないでください。もっとも、必要以上にやせるのを美しいと思う価値観を改めるほうが大事かもしれませんが…。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

女性の薄毛は加齢やホルモンバランスが本当の原因か?

あらゆる世代の女性の薄毛が増えている ここ5年か10年くらい、50歳以上の年配の女性をターゲットにしたウィッグ(かつら)のテレビCMをかなりの頻度で見るようになりました。また、美容健康関連の雑誌でも、 …

医師が教えてくれる髪にまつわる疑問の答え

遺伝よりも日ごろのケアが髪に影響大! 薄毛や白髪は、加齢や遺伝による自然現象のため、防ぎようがないと思われています。それは、さまざまなヘアケア商品や育毛法が、日々生まれては消え、また生まれていることか …

薄毛・抜け毛と戦うためにはそのタイプを知っておく

「進行する脱毛」と「一時的な脱毛」 「男性型脱毛症」は、ヘアサイクル(毛周期)や遺伝的な素因が関係していて、男性ホルモンの体内変動や、ホルモン受容体の感受性の変化が大きく影響していることがわかってきま …

胃腸が弱い人は薄毛になると改善に時間がかかる

髪の毛にまで十分な栄養が回っってこない 薄毛専門の外来に来る女性の相談者の中には、生の水が飲めない方がいます。他にも肉類を受け付けない女性もいましたし、キムチ等の刺激物を摂るとお腹を下す男性もいました …

皮脂が多い人・少ない人で違う、髪の毛を育てる力

皮脂の分泌能力で髪の毛を育てる力がわかる 育毛専門外来の相談室では、初回のご相談時には頭皮をお湯だけで洗います。お湯だけで洗うのが一番自然で、その方の頭皮の現状が分かるからです。本来の意味でのヘッドス …