薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

ダイエットは薄毛・抜け毛を促進させるのか

投稿日:

どうしても十分な栄養が摂れなくなる

ダイエットが原因で薄毛になったり、抜け毛が増えたりする人は、けっこういます。

髪の成長に必要な栄養分を、毛母細胞に与える役割を果たしているのが毛乳頭です。この毛乳頭は、毛細血管から必要な栄養分を吸収し、さらにこれを加工して毛母細胞に補給しています。

ダイエットをする人は、たいてい食べる量を減らして体重を落とそうとしますから、どうしても十分な栄養が摂れず、毛根にも栄養が行き渡らないために、結果的に薄毛・抜け毛をうながすことになるのです。

ダイエットする場合、カロリーや糖分、脂肪分、炭水化物はあるていど抑えても、ミネラル、ビタミン、そして、最低限度のタンパク質はしっかり摂っておかないと髪のトラブルになりやすいといえます。

かといって、肥満もよくありません。太りすぎは糖尿病や高血圧、動脈硬化などの生活習慣病の原因にもなります。また、血脂肪値が高くて、ドロドロとした血液になりがちです。

サラサラの血液なら、7~8ミクロンの赤血球が直径3~4ミクロンの毛細血管をスムーズに流れますが、ドロドロではどうしても流れにくくなります。

 

 

栄養分は血液によって運ばれますから、流れが悪くなれば、当然、毛母細胞まで栄養が行き届きません。いずれにしても、体によくないことは、体の一部である髪にもよくないわけです。

ただ、最近の若い人の中には、もう十分にスリムで美しいにもかかわらず、なおもやせたがる人が少なくありません。

昔は食料事情が悪く、栄養を摂るのに必死だったのに、飽食の時代の今は、食べ物が溢れているのに、わざと栄養を摂らないようにしている。あげくに栄養失調や脱毛、ひどい場合は拒食症を引き起こしているのですから、全く皮肉な話です。

ダイエット食品に頼るのも、中国製ダイエット食品で死者が出たように、必ずしも安全とはいえません。やはり、日ごろから過食や栄養過多にならないよう、質量ともバランスの取れた食生活を送ることが、体のためにも、髪のためにもよいといえます。

それと、適度の運動も忘れないでください。もっとも、必要以上にやせるのを美しいと思う価値観を改めるほうが大事かもしれませんが…。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

薄毛や抜け毛は遺伝するのか

遺伝的素因がある程度まで判明 頭髪専門の医師が、「遺伝」という話題では、患者さんから、「薄毛、抜け毛は遺伝するのでしょうか?」「父が(あるいは祖父が) ハゲていたのですが、私は大丈夫ですか?」という質 …

ナグモクリニック南雲先生も実感!お湯洗髪と水シャワーで薄毛が回復

地肌がいつもかゆく、赤く炎症を起こしていていた ナグモクリニック総院長の南雲吉則先生は、「50代なのに30代に見える医師」ということで、多くの著書を出版していますが、実は長い間、頭髪については悩みを抱 …

体温が低いと薄毛になりやすい

体温が低いと髪の毛に元気がない 髪の毛は、毛母細胞の中で酵素の触媒によって、アミノ酸が髪の毛に変換されて伸びていきます。この酵素の働きが弱いと、中身の粗い髪の毛にしかならず、腰のあるしっかりした髪の毛 …

薄毛改善のためには生活習慣をチェック!①~②

生活習慣も親から受け継がれる 男性の薄毛について説明する中で、「薄毛」そのものではなく、「薄毛になりやすい体質」が遺伝するのだと述べました。同時に、「親の生活習慣」も子どもに受け継がれます。 子どもの …

髪の毛の構造とヘアサイクル

毛母細胞が分裂を繰り返して まず、私たち人間の髪の毛の構造を見ておきます。大きく分けて、皮膚の中にもぐり込んで外からは見えない部分(毛根)と、皮膚の外に出ている部分(毛幹)があります。草花でいえば、皮 …