薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

ダイエットは薄毛・抜け毛を促進させるのか

投稿日:

どうしても十分な栄養が摂れなくなる

ダイエットが原因で薄毛になったり、抜け毛が増えたりする人は、けっこういます。

髪の成長に必要な栄養分を、毛母細胞に与える役割を果たしているのが毛乳頭です。この毛乳頭は、毛細血管から必要な栄養分を吸収し、さらにこれを加工して毛母細胞に補給しています。

ダイエットをする人は、たいてい食べる量を減らして体重を落とそうとしますから、どうしても十分な栄養が摂れず、毛根にも栄養が行き渡らないために、結果的に薄毛・抜け毛をうながすことになるのです。

ダイエットする場合、カロリーや糖分、脂肪分、炭水化物はあるていど抑えても、ミネラル、ビタミン、そして、最低限度のタンパク質はしっかり摂っておかないと髪のトラブルになりやすいといえます。

かといって、肥満もよくありません。太りすぎは糖尿病や高血圧、動脈硬化などの生活習慣病の原因にもなります。また、血脂肪値が高くて、ドロドロとした血液になりがちです。

サラサラの血液なら、7~8ミクロンの赤血球が直径3~4ミクロンの毛細血管をスムーズに流れますが、ドロドロではどうしても流れにくくなります。

 

 

栄養分は血液によって運ばれますから、流れが悪くなれば、当然、毛母細胞まで栄養が行き届きません。いずれにしても、体によくないことは、体の一部である髪にもよくないわけです。

ただ、最近の若い人の中には、もう十分にスリムで美しいにもかかわらず、なおもやせたがる人が少なくありません。

昔は食料事情が悪く、栄養を摂るのに必死だったのに、飽食の時代の今は、食べ物が溢れているのに、わざと栄養を摂らないようにしている。あげくに栄養失調や脱毛、ひどい場合は拒食症を引き起こしているのですから、全く皮肉な話です。

ダイエット食品に頼るのも、中国製ダイエット食品で死者が出たように、必ずしも安全とはいえません。やはり、日ごろから過食や栄養過多にならないよう、質量ともバランスの取れた食生活を送ることが、体のためにも、髪のためにもよいといえます。

それと、適度の運動も忘れないでください。もっとも、必要以上にやせるのを美しいと思う価値観を改めるほうが大事かもしれませんが…。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

皮脂を取ると育毛環境が悪くなる

皮脂を取とるケアはマイナス面が大きい 育毛を指導している先生に「皮脂(皮膚を覆っている脂)を取るケアはマイナス面が大きく、頭皮の育毛環境を悪くする」と教えてもらいました。 医師に相談している方のほとん …

簡単なうえに頭皮や髪を健康に保つ「お湯洗髪」

ふだん使っているシャンプーやリンスに疑問を持つように クリニック宇津木流院長である宇津木龍一先生の髪は、もともと細くサラサラしていて、コシがなく、整髪料を使わないと前髪が落ちてくるほどでした。 ところ …

医学の世界では薄毛をどのように定義しているのか

医学の世界ではどうみているか 医学の世界では薄毛をどのように定義しているのかを調べてみました。 2010年に発表された日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドラインの疾患概念」の説明を要約すると、男性 …

帽子をかぶると薄毛になるというのは本当か

髪にとってはマイナス要因になる 帽子屋さんに怒られそうですが、まるっきり関係がないというわけではありません。帽子そのものが悪いのではなく、長時間・長期間かぶると、どうしても頭皮が蒸れた状態になります。 …

アレルギー体質の人は育毛剤や発毛剤の使用に注意が必要

皮脂の分泌が少ないと外部からの影響を受けやすい 頭皮の相談室に来られる人・相談メールをいただく人・お電話でご相談される方、これらの方々の体質をお聞きすると、約7割が何らかのアレルギーを持っていらっしゃ …