薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


髪の毛について

フケが出るのは髪のトラブルなのでしょうか?

投稿日:

フケが出るのは人間の体の生理現象

フケ症で悩んでいる人はけっこう多いようです。フケ取りシャンプー剤が売れているのがなによりの証拠ですが、フケはそもそも何かというと、頭のアカだと思えばわかりやすいでしょう。

皮膚というのは、角質層の下部から皮膚細胞が変化し、上がってきて、古いものから角片となってはがれ落ちていく。この一連の繰り返しを「角化」(ターンオーバー)といい、角片が体に出るのがアカで、頭に出るのがフケというわけです。

ですから、ターンオーバーが順調であるなら、多少のアカやフケが出るのは人間の体の生理現象であり、なんら心配はいりません。

もっとも、肩にフケがぱらぱらと落ちているのは不潔な印象を与え、「フケ、イヤイヤ」と人から嫌われかねないので、上質なシャンプー剤で洗って、普段から頭皮を清潔にしておくに越したことはないといえます。

一般に市販されているフケ取りシャンプー剤は角質や角片を溶かしているだけで、たとえば角化異常によるフケ症などを止める効果はありません。もしフケ取りシャンプー剤で洗ってもフケが止まらないとか、フケが一段と出るようなら、角化異常による頭皮のトラブルが想定されます。

 

 

ターンオーバーがうまくいかなくなる

フケが大量に出てしばらくしたあと、抜け毛が止まらなくなるのを「ひこう性脱毛症」といいます。「ひこう」とはフケの意味で、ストレスや食事などなんらかの原因でターンオーバーがうまくいかず、フケが普通以上に発生してしまうのです。

こうなると、フケ取りシャンプー剤は役に立たないどころか、場合によっては逆効果になることもあります。た
かがフケと軽く考えずに、根本的な改善をはかるべきです。

なお、フケはさほど出ないけれども、頭がかゆくてしかたがないというケースも要注意です。「かゆい」というのは、顔や腕、胸などでもそうですが、そこで皮膚がなんらかのトラブルを起こしていると考えられます。

新陳代謝が悪いのか、不潔になって雑菌が繁殖しているのか、原因はともかくとして、「なんとかしてほしい」と皮膚がSOSを「かゆみ」という形で発信しているのですから、そのまま放置しておくと、最終的には脱毛に至らないともかぎりません。しつかりとケアしておきましょう。

 

 

-髪の毛について

執筆者:

関連記事

髪の毛を育てる力が強い人とは?弱い人とは?

皮脂の分泌能力が高い人は抜け毛が多い 人には髪の毛を育てる力の強い人と弱い人がいます。そのうち弱い人の方が薄毛になりやすく、一度薄毛になると改善には時間と手間がかかります。 反対に髪の毛を育てる力の強 …

アレルギー体質の人は育毛剤や発毛剤の使用に注意が必要

皮脂の分泌が少ないと外部からの影響を受けやすい 頭皮の相談室に来られる人・相談メールをいただく人・お電話でご相談される方、これらの方々の体質をお聞きすると、約7割が何らかのアレルギーを持っていらっしゃ …

体温が低いと薄毛になりやすい

体温が低いと髪の毛に元気がない 髪の毛は、毛母細胞の中で酵素の触媒によって、アミノ酸が髪の毛に変換されて伸びていきます。この酵素の働きが弱いと、中身の粗い髪の毛にしかならず、腰のあるしっかりした髪の毛 …

皮脂を取ると育毛環境が悪くなる

皮脂を取とるケアはマイナス面が大きい 育毛を指導している先生に「皮脂(皮膚を覆っている脂)を取るケアはマイナス面が大きく、頭皮の育毛環境を悪くする」と教えてもらいました。 医師に相談している方のほとん …

白髪が増えてきたからといって、脱毛が促進されるわけではない

白髪のあとに黒髪が生えてくるということはありえない 白髪が生えてくると、周囲の髪に広がらないようにといって、抜く人をみかけます。 一本だけが白髪になるということはなく、その周辺も白くなっていくので、「 …