薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について 薄毛・抜け毛の治療

一度抜けた髪の毛は二度と生えてこないのか?

投稿日:4月 30, 2018 更新日:

毛根周辺の細胞を活性化させてやれば必ず生えてくる

「毛生え薬を発明したらノーベル賞ものだ」といわれます。これまでにも「驚異の発毛剤」などと銘打ってさまざまな毛生え薬が発売され、時にはマスコミを賑わしてきました。

実際に効果のある人もいるようですが、万人に効くまでにはいかないようで、当初は騒がれたわりには、だんだんと下火になっていくというのを繰り返しています。

でなければ、ウイッグ(かつら)や植毛・増毛がこれほど大きな市場になることはありえません。誰だって、人工のものより自然な自毛のほうがよいに決まっているからです。

 

 

では、いったん脱毛したならば、生えてくるのをあきらめるしかないのでしょうか。答えは、「ノー」です。単純にいうと、脱毛原因を解消し、毛根周辺の細胞をことごとく活性化させてやれば、一部の例外はあるものの、必ず生えてくるのです。

たぶん、多くの人は「そんなバカな」「眉ツバものだ」と疑いをもたれるでしょう。「本当に生えるのならノーベル賞じゃないか」と笑われそうですが、なにも、頭にふりかければ髪が生えてくる”毛生え薬”があるといっているわけではありません。しかるべき発毛のための施術を続ければ生えてくるといっているのです。

大きな誤解は、毛根が死んでしまうと思われていることです。毛髪の素である、毛母細胞を直接に育てているのが毛乳頭で、この毛乳頭が血液から送られてきた必要な栄養素を、毛母細胞に一番ふさわしい状態に加工して与えています。

→一度抜けてもケアを続けていけば、髪はどんどん生えてくる

 

 

-薄毛について, 薄毛・抜け毛の治療

執筆者:

関連記事

フィナステリドによる「脱毛抑制」治療

「進行する脱毛症」とそのメカニズム 薄毛、抜け毛は、若い年代から中高年の人たちまで、男性だけでなく女性にも、たいへん幅広い人たちにかかわっているトラブルです。そのような薄毛、抜け毛の悩みを改善していく …

茶髪は薄毛・抜け毛の原因になるのか

はっきりいって頭髪にいいものではない 髪を金色や茶色に染めた、いわゆる”茶髪”が若い人の間ではやりはじめたのは、20年くらい前からでしょうか。黒や焦げ茶系に見慣れている日本人の目から見れば、金髪という …

男性型脱毛症(AGA)の原因になる還元酵素を抑える治療薬

5α-リダクターゼの働きを抑える 男性型脱毛症(AGA)のおもな原因は、「ジヒドロテストステロン」という物質であることがわかってきました。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンが5α- …

薄毛が表面化する時に抜け毛が増えるのは?

刺さっているだけの毛が増えてくる どうしで薄毛が表面化する時に抜け毛が増えることが多いのでしょう? それを知るには1本の毛の生え替わるサイクルを知る必要があります。 1本の毛は十分成長して退行期から休 …

頭髪専門のクリニックを訪れた患者さんたちの例

さまざまな人に薄毛の悩みが 20歳過ぎから薄毛が気になり始めて薄毛、脱毛といっても、人によって、そのトラブルや悩みはさまざまです。頭髪専門の医師たちが実際に治療にあたった患者さんのケースを、いくつか見 …