薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について 薄毛・抜け毛の治療

一度抜けてもケアを続けていけば、髪はどんどん生えてくる

投稿日:

根気よく活性化をはかっていくと自分の髪を取り戻せる

脱毛症が治らないからといって、毛根が死んだと考えるのは間違いです。それは、毛根周辺の細胞が活力を完全になくした状態、つまり、仮死状態と考えるべきです。

毛乳頭はもともと、生まれたときからあるのではなく、成長の過程で皮膚細胞が変化して出来るもので、毛母細胞も同じです。

つまり毛乳頭は、いったん消失した形になっても、毛根周辺のすべての細胞を活性化することで再び必要に応じて出来てきます。人間は本来、そうした再生能力をもち合わせているのです。

毛乳頭が活力を取り戻して活動を開始すると、症状によってはすぐに黒くて太い髪が生えてくるケースもあります。また、脱毛状態が何十年も続いたケースでは、まず、産毛状のものが生え、その後にいったん全部抜け落ちます。

 

 

さらに、根気よく活性化をはかっていくと、今度は2~3cmぐらいの黒い髪がまばらに生えてきます。それでもまだ毛乳頭がしっかりしていないために、この髪もまもなく抜け落ちてしまうのです。

その後、4~5cm程度の黒髪が生えはじめ、だんだんと力強く太くて長い髪へと育っていきます。やっと毛乳頭が正常に戻ったわけで、そのままケアを続けていけば、髪はどんどん生えてくるのです。

これは理屈だけの話ではなく、発毛施術を続けている方のほとんどが、自分の髪を取り戻しているのです。「どうせ生えないもの」とあきらめずに、ぜひ、一度チャレンジすることをおすすめします。

→一度抜けた髪の毛は二度と生えてこないのか?

 

 

-薄毛について, 薄毛・抜け毛の治療

執筆者:

関連記事

医師が教えてくれる髪にまつわる疑問の答え

遺伝よりも日ごろのケアが髪に影響大! 薄毛や白髪は、加齢や遺伝による自然現象のため、防ぎようがないと思われています。それは、さまざまなヘアケア商品や育毛法が、日々生まれては消え、また生まれていることか …

薄毛、抜け毛が医療の対象になってきた

薄毛、抜け毛の有効な治療薬、治療法が実用化 「髪の毛というのは、あるときは何とも思わないけれど、ないと絶対に困るものです。この悩みは、髪の毛が少なくなった人間にしかわからないでしょうね」-これは、ある …

若い女性の薄毛、脱毛については、まだよくわかっていない部分が多い

ストレス過剰や、仕事の忙しさなどによる生活の乱れが原因の場合が多い 20歳過ぎから薄毛が気になり始めて薄毛、脱毛といっても、人によって、そのトラブルや悩みはさまざまです。 女性のケースも見ておきましょ …

髪の毛の構造とヘアサイクル

毛母細胞が分裂を繰り返して まず、私たち人間の髪の毛の構造を見ておきます。大きく分けて、皮膚の中にもぐり込んで外からは見えない部分(毛根)と、皮膚の外に出ている部分(毛幹)があります。草花でいえば、皮 …

帽子をかぶると薄毛になるというのは本当か

髪にとってはマイナス要因になる 帽子屋さんに怒られそうですが、まるっきり関係がないというわけではありません。帽子そのものが悪いのではなく、長時間・長期間かぶると、どうしても頭皮が蒸れた状態になります。 …