薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について 薄毛・抜け毛の治療

一度抜けてもケアを続けていけば、髪はどんどん生えてくる

投稿日:

根気よく活性化をはかっていくと自分の髪を取り戻せる

脱毛症が治らないからといって、毛根が死んだと考えるのは間違いです。それは、毛根周辺の細胞が活力を完全になくした状態、つまり、仮死状態と考えるべきです。

毛乳頭はもともと、生まれたときからあるのではなく、成長の過程で皮膚細胞が変化して出来るもので、毛母細胞も同じです。

つまり毛乳頭は、いったん消失した形になっても、毛根周辺のすべての細胞を活性化することで再び必要に応じて出来てきます。人間は本来、そうした再生能力をもち合わせているのです。

毛乳頭が活力を取り戻して活動を開始すると、症状によってはすぐに黒くて太い髪が生えてくるケースもあります。また、脱毛状態が何十年も続いたケースでは、まず、産毛状のものが生え、その後にいったん全部抜け落ちます。

 

 

さらに、根気よく活性化をはかっていくと、今度は2~3cmぐらいの黒い髪がまばらに生えてきます。それでもまだ毛乳頭がしっかりしていないために、この髪もまもなく抜け落ちてしまうのです。

その後、4~5cm程度の黒髪が生えはじめ、だんだんと力強く太くて長い髪へと育っていきます。やっと毛乳頭が正常に戻ったわけで、そのままケアを続けていけば、髪はどんどん生えてくるのです。

これは理屈だけの話ではなく、発毛施術を続けている方のほとんどが、自分の髪を取り戻しているのです。「どうせ生えないもの」とあきらめずに、ぜひ、一度チャレンジすることをおすすめします。

→一度抜けた髪の毛は二度と生えてこないのか?

 

 

-薄毛について, 薄毛・抜け毛の治療

執筆者:

関連記事

簡単なうえに頭皮や髪を健康に保つ「お湯洗髪」

ふだん使っているシャンプーやリンスに疑問を持つように クリニック宇津木流院長である宇津木龍一先生の髪は、もともと細くサラサラしていて、コシがなく、整髪料を使わないと前髪が落ちてくるほどでした。 ところ …

薄毛、抜け毛の進行をできるだけ遅らせるという考え方

加齢による薄毛、抜け毛をできるだけ抑える いま起きている薄毛、抜け毛が「進行する脱毛」であれば、まずその進行をなんとかして食い止めることはできないかと、考える必要があります。たとえ完全に食い止められな …

冷え症を解消して血流がよくなれば、薄毛を改善するのに役立つ

全身の血流が悪いと頭皮に悪影響を及ぼす あらなみクリニック総院長の荒浪暁彦先生は、皮膚科の専門医として、薄毛の治療に当たっています。このようにいうと、なかには、「なぜ皮膚科専門の医師が毛髪を診るのか」 …

ストレスを受けると髪が抜けるのでしょうか?

ストレスから100パーセント逃れることはできない 強いストレスを受けると、その人の体の一番弱いところに影響が出ます。胃の弱い人であれば、胃痛や胃潰瘍になるでしょうし、肝臓の弱い人は肝臓をやられます。そ …

薄毛の治療のポイントは進行を適切に食い止めること

進行を食い止める薬がアメリカで開発され、日本でも使えるようになっている 薄毛が目立ち始める年代は人によって違いますが、男性型脱毛症の大きな特徴は、薄毛、脱毛がいったん始まると、それが年月の経過とともに …