薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛を改善する飲み物

ニンジンジュースを飲み続けたら髪や肌の質がぐんとよくなった

投稿日:5月 12, 2018 更新日:

乾燥したドイツの冬も肌はスベスベのモチモチ

ストレスや疲れは、肌や髪の状態に顕著に反映します。それは、多くの女性が日々実感していることだと思いますが、ドイツ在住の医師フライク幸子さんもそうでした。

そして、フライク幸子さんが肌や髪、全般的な健康維持に役立てているのが、「ニンジンジュース」です。

フライク幸子さんは、2000年にドイツに医学留学し、現在は、ドイツ南西部の個人医院で医師として働いています。ちょうどニンジンジュースを始めたころは、かなりの激務で、睡眠不足やストレスを感じていました。

そのころ、母親が大腸ガンになったのです。さらに、手術後の化学療法中に転移が見つかり、再手術となりました。この時点で、母親の5年生存率は1%でした。

その母親が探し出してきたのが、ドイツ人の医師マックス・ゲルソン氏(故人) の、いわゆる「ゲルソン療法」をもとにした、星野仁彦氏や済陽高穂氏(いずれも医師)の食餌療法だったのです。

 

 

この食餌療法の柱の一つが、ニンジンをメインにした野菜ジュースを飲むことです。母親の病を機に、この療法に関心を持ったフライク幸子さんは、自分でもニンジンジュースを試すことにしました。それが、2009年の秋のことです。

本格的なガン治療のための摂取量は、1日に2リットル以上でしたが、フライク幸子さんは1リットル程度を飲むようにしました。

さて、ニンジンジュースを飲み始めて1週間、体調がよくなったと実感しました。さらに、2カ月ほど経ったころには、髪や肌の質がぐんとよくなり、周囲の人たちからも変化を指摘されるようになりました。

ドイツの冬というのは、非常に乾燥しています。ところが、ニンジンジュースを飲み続けたところ、化粧水やクリームを使わなくても、肌がスベスベのモチモチになりました。

また、毎年冬になるとカゼをひいてはこじらせ、何カ月も引きずるのですが、その冬は一度もカゼをひかなかったのです。

さらに、半年ほどすると、花粉とハウスダストのアレルギーがとても軽くなりました。服用が不可欠だった、抗ヒスタミン剤が不要になったのです。重くてつらい生理痛も、ずいぶん楽になりました。

→その日の抜け毛がグッと減るようになった「酢ニンジンジュース」

 

 

-薄毛を改善する飲み物

執筆者:

関連記事

エゴマ油入りシジミスープで白髪が黒くなった!

白さが目立っていた側頭部が黒くなった そして、角田さんは、今から半年ほど前、鏡を見ていて、「アレ?」と思いました。白かった側頭部が、なんとなく黒くなってきたことに気づいたのです。シジミスープが髪に効く …

クズやヨモギのアクに含まれるミネラル分で黒々とした豊かな髪の毛がよみがえってくる

髪の生えるサイクルを円滑にする 黒々としたフサフサの髪の毛をよみがえらせる方法として、「ヨモギの煮汁」が有効です。 では、ヨモギの煮汁の作り方をご紹介しましょう。 ヨモギは、全国いたるところに自生して …

毎朝飲んでいる「アーモンドスープ」のおかげで髪の毛は元気

定年から飲み始めたアーモンドスープで髪が増え元気になった神奈川県 62歳 アルバイト 男性の方の体験談です。 白髪は教本あるだけ!多すぎて困る毛量を維持 同年輩の人たちと比べると、明らかに私が勝ってい …

「甘酒酵素水」のおかげで抜け毛が減り頭皮の赤みも解消

甘酒酵素水で髪にツヤがでて頭皮のビリビリ痛も消失した東京都 35歳 会社員女性の方の体験談です。 下腹部分がスッキリ 私は半年近く前に、南雲吉則先生から、甘酒酵素水の作り方を教わりました。初めて飲んだ …

南雲先生考案の「甘酒酵素水」で髪が元気に

髪はフサフサで60代には見られない! ナグモクリニック総院長の南雲吉則先生はこれまで、「50代なのに30代に見える医師」として多くの著書を出してきましたが、ついに還暦を迎えました。しかし、老化するどこ …