薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛を改善する運動・マッサージ

薄毛が改善する頭皮の健康を保つマッサージのやり方

投稿日:2月 12, 2017 更新日:

頭皮の血液循環をよくすることが重要

脱毛、薄毛対策として、最も重要なのが、「頭皮の健康を保つこと」です。ポイントは、主に2つ、シャンプーとマッサージです。

頭頂部の皮膚には、筋肉がありませんから、自分の意志で動かすことができません。つまり、マッサージで刺激を加えない限り、血行をよくすることができないのです。

そこで、頭皮をマッサージし、頭皮の血行を促す必要があるのです。頭皮マッサージの際には、次の3つの組み手で行います。

① 両手の人差し指から小指までを外側で組む「エイ」の組み手で、頭頂部の頭皮をマッサージします。

② 自律神経の不調を改善するツボである「天柱(てんちゅう)」と「風池(ふうち)」を数回押します。

③ 両手のそれぞれの親指と人差し指を交差するようにして重ねる「カニ」の組み手で、額から頭頂部、後頭部にかけてマッサージします。

④ 両手の人差し指から小指までを内側で組む「イソギンチャク」の組み手で、頭皮を引き上げるようにして動かします。

人によって、髪の毛の薄い場所は違います。特に薄い部分を重点的に刺激するといいでしょう。合計5分ほど行ってください。

頭皮マッサージによって頭皮の血液循環がよくなることで、太くて健康的な髪が生えてきます。

薄毛とは1本1本の髪が細くなること!

さて、薄毛になるということは、抜け毛が多くなり、生えている髪の毛の本数がへることと大半の人が考えています。しかし、これは、大きな間違いなのです。

薄毛の最大の原因は、髪の毛の本数がへることではなく、1本1本の髪が、細くなることなのです!

髪の毛の太さが3割ほど細くなると、全体の髪の毛の量すなわち、毛量は2分の1になります。太さが半分になると、毛量は4分の1、さらに太さが4分の1になれば、毛量は16分の1にもなってしまいます。

頭が明らかにハゲ上がっているように見える人の場合も、髪の毛が抜けてなくなっているのではありません。正確には、毛が細くなり、それが毛量に反映しているのです。

一般的にいって、髪の毛は、加齢によって、自然に細くなっていきます。老化現象の一種なので、ある程度はしかたがありません。しかし、その進行の度合を遅らせ、若返らせることはじゅうぶんに可能なのです。

そのために欠かせないのが、今回紹介した頭皮マッサージだということを、あらためて強調しておきます。

特に、この頭皮マッサージは、頭頂部がハゲ上がっているタイプの「てっぺんハゲ」には、極めて有効です。ぜひ実践して、板羽さんのような豊かな髪の毛をよみがえらせてください。

 

 

-薄毛を改善する運動・マッサージ

執筆者:

関連記事

教えてもらった「耳たぶ回し」を始めたら薄毛が改善し髪全体にボリュームが出てきた

1カ月もしないうちに効果が現れた 東京都にお住いの平間千佳子さんは、以前は、すぐに動悸・息切れがして、駅の階段を上るのも一苦労でした。 ところが、佐藤青児先生が考案した「耳たぶ回し」を始めたら、全身が …

髪のトラブルは、体が不調を訴えているサイン。「爪もみ」で薄毛・抜け毛が改善!

脱毛や薄毛の原因はストレスによる栄養不足 髪は、1カ月に1cmも成長する、非常に特殊な組織です。約10万本の髪が日々成長するためには、多くの栄養とエネルギーが必要になります。 そして、髪に栄養とエネル …

頭皮の血行が良くなる「ビタミンCマッサージ」のやり方と効果

頭頂部を中心にマッサージ 「ビタミンCマッサージ」のやり方は、次のようなものです。薬局でビタミンC(アスコルビン酸)の粉末を買ってきます。そのビタミンCの粉末を小さじ3分の1くらい手に取って、適量の水 …

正しい方法での「育毛マッサージ」のやり方

シャンプーは二度洗いが基本 薄毛や脱毛の正しいケアとは、頭部の「育毛マッサージ」が中心です。シャンプーで頭皮の汚れや皮脂を落として頭皮環境を改善しつつ、同時にマッサージを行い、頭皮の血行を促進させるこ …

首の後ろを温めるだけ!抜け毛・薄毛が改善していく

首や肩がガチガチにこっている人も多い 育毛相談WEBセラピストの山田佳弘先生の相談室には、髪の悩みを抱えた人がたくさん訪れます。山田先生が薄毛や抜け毛などの悩みを聞いていると、共通するポイントが浮かび …